アクシデントもよし?!
2017 / 04 / 06 ( Thu )
昔、夢中になったシリーズドラマ「北の国から」を書かれた倉本聰さんの脚本で、
「老い」と「死」をテーマにしたドラマが始まった。
私の年でも、けっこう共感しながら見ることができそう。

死は誰にでも必ず訪れるものだ。
多くの人に「どんな死に方が理想か」と尋ねると、
「元気で長生きして、ぽっくり死にたい」
と答えが返ってくることが多い。
でも、実際には、そんな願い通りの最後を迎えられる確率は、
宝くじに高額当選するより低い。
たいがいの人は、否が応でも「がん、脳疾患、心臓病、その他の病気、事故」の中から
一つの「くじ」を選ぶことになる。

そう考えた時、昔は、
「死ぬときはがんがいいな。死期がわかるし、終活もしやすいし…」
と思っていた。
でも、最近になって、
「もしかすると不慮の災害や事故で終わりを迎えるのも、
そんなに悪いことでもないかもしれない」
と思うようになった。

確かに、志半ばの若い人の不慮の死は痛ましく悲しい。
本人にも、心残りはたくさんあるだろう。
私も子供時代、ノストラダムスの大予言や日本沈没などの
本や映画が流行った時には、本気で、
「本当に大災害が起こって、巻き込まれて死んだらどうしよう」
と心配したものだ。

でも、人生も折り返し点を過ぎ、たくさんの経験をして、
いろいろな自然災害や事故の話を見聞き体験するうちに、
そうした不慮のアクシデントに対しても、考え方が大きく変わってきた。

それなりの年になり「人生は悔いなく十分満喫してきた」と思う人にとっては、
「死ぬる時節には死ぬがよく候」かもしれない。
不慮の死は、考えようによっては、
「元気でぽっくり(ピンピンコロリ)」と言えないこともないし…。

それに、普通、亡くなる時は一人でひっそり…だけれど、
災害などの時には仲間も一緒。
天で会った友人と
「あれ~! あなたも災害に遭ったんだー!」
という会話になるかもしれない。

さらに、災害なら、自分がいなくなると同時に、
使っていた家財道具なども全部無くなるかも…。
ならば、遺品の片付けもいらない。
(まあ、役所の災害処理の人には迷惑をかけるけど、みんな「災害なら仕方ない」と思ってくれるだろう!)

ただ、不慮の死だと、残された人がとても辛い思いをするのは心配だ。
でも、多くの人が望む「ぽっくり。ピンピンコロリ」もまた、
実は残された人に「具合が悪いのに気づいてあげられなかった」
「孤独死させちゃった」…などなど、並々ならぬショックを与えることが多い。
そう考えると、不慮の死とぽっくりは、やはり近いのかもしれない。

昔は、
「残される人に辛い思いをさせたくないから、やはり病気で終わるのが一番!」
と思っていた。

でも、最近では、
「もしかして、不慮の死でこの世を去れる人は、
残される人の「生きる(活きる)力」を強く信じている人なのかもしれない」
と思い始めた。
たとえば、こんな風に思っている人なら、安心してアクシデントで天に戻れるかも…。

「私の周りの人たちには、悲劇的に見える出来事も
しっかり踏み台や糧や転機にして、人生を力強く歩いていく力がある。
彼らはアクシデントをきっかけに、社会に大きな問題を提起する人になるかもしれないし、
大きな人生を掴んでくれるかもしれない。
私の周りの人たちは、そういう力を持った素晴らしい人たちだ。
そして、彼らはまた、去っていった私に対しても、
『あの人は、魂の深い部分では納得してこの去り方をしたのかもしれない。そ
して、いつどんな時でも、私たちのことを天で応援し、見守ってくれているはず…』
と思ってくれるに違いない」

そう思えたなら、アクシデントも悪くないかもしれない。

とはいえ、実際に災害や事故に遭ったら、めっちゃ怖い。
「ギャー怖い! なんで私がこんな目に!!」
と叫ぶに違いない。
そんな時には、目いっぱい大騒ぎして怖がり拒絶しながらも、
最後は起こった事をしぶしぶ受け入れる…でいいのかも…なんて思う。

…そんなことを考えるようになったら、子供の時によく思った
「何か恐ろしいことが起こったらどうしよう!」という不安はずいぶん少なくなった。
そして、「起こる事は起こるままでいい」とも思うようになった。

年は重ねてみるもんだ!




*** 柴犬ゆめ菜日記***

(必殺技)
柴犬にはツンデレが多いというけれど…。
私もそのクチかも…?!

姉たちにベタベタされるのはゼーッタイいや!
私にその気がない時に、撫でられたり、顔を近づけてきたりすると、チョー不機嫌!
だから、プイッとそっぽ向いたり、
「さよなら~~」
と遠くに逃げたりして避けちゃう。

だけど、私がかまってほしい時には、ゼーッタイかまってくれないと嫌!

遊んで!
撫でて!
マッサージして!!

そういう私の要求には、ソッコーで対応してほしいわ♪

特に、マッサージはうっとりするくらい気持ちから大歓迎よ~~♪
私が、撫ででほしい時は、ずーーーっと撫で続けてくだされ~~!

…でも、なぜか、私がかまって欲しい時って、きまって姉たちは、
「仕事だから…。今、手が離せないから…。今、食事中だから…」
って、無視するのよねっ。

そんなの許せない!
ぜ~~ったい、私をかまわせてみせるわっ!

そこで、私は秘技を編み出した♪
じゃじゃーん!
必殺「誰でもメロメロ悩殺ポーズ」。
うふん、あ~~ん、かまってぇ~~ん♪

マリリン・モンローやルパン三世の峰不二子も真っ青なイロっぽさ?
このポーズで、姉たちの心をずきゅんと鷲摑みよ!
もちろん、ほぼ必ず、撫でてくれるわね。

2017-4-6.jpg

ただ、それでもだめな時も、たまーーにあるのよね。

そんな時は、「必殺ごみ箱荒らしの術」
→ゴミ箱をひっくり返して、中身をバラバラびりびりにするのよ(ニヤリ)

それでも、だめなら絨毯をかじる!
観葉植物もかじる!
それでもだめなら、家中走り回る!!

まあ、そこまでやれば、間違いなく姉たちは、
「ぎゃあ~~!! ゆめちゃん、やめてくだされ~~!!」
って、すっ飛んでくるはずよ。

ふふっ。今日も私の作戦勝ちね(ニタリ)
やったー! (^^)V

テーマ:幸せになる考え方 - ジャンル:心と身体

11 : 17 : 04 | ひとりごと | page top↑
ネット時代
2017 / 03 / 06 ( Mon )
私は、気に入ったものは「とことん壊れて使えなくなるまで使い倒す派」だ。
なので、携帯はいまだにガラケーだし、
パソコンも動きが鈍くなってもそのままずっと使っていた。
でも、いよいよパソコンのサポートが切れ、
ハードディスクの容量も限界ギリギリになっていたので、
先日思い切って買い替えることにした。

新しいパソコンにはびっくり!
「無線LAN接続ができる環境で使う」のが前提の設定だわ、
常時ネットと繋がっているのも当然だわ(実はちょっと前まで、普通の電話回線で接続してた!)、
アプリは実用ものからゲームまで、ほとんどネットに繋いで動かすようになってるわ…。
自分がいかに古いネット時代に生きていたかを実体感!

それにしても、アプリの設定すると、いちいち
「会員登録(お友達登録)をして、みんなで共有しましょう!」
と言われるのが、超煩わしいこと…。
思わず、設定の度に、
「なんでそんなにみんな、知らん人と繋がりたがるねん!!」
と何度も突っ込みを入れまくってしまった。

でも、よくよく考えたら、スマホであれこれアプリを使っている人たちは、
当たり前の様にこういう環境の中にどっぷり浸かっているのだろう。
そう考えると、昭和時代の子供たちは、
「学校から帰ったら、みんなで空き地で遊ぶ」
だったのが、今では、
「ネットの上の広場で、ネット仲間と遊ぶ」
に変わっているのかも…。

ならば、若い人ほど、
「ネットに繋がれないと、取り残されて一人ぼっちになったような気がする…」
と思うのも理解できるし、ネットでの人間関係が以前にも増して
どんなに重要になってきているのかも、ちょっぴり肌で感じられた気がした。

…とはいえ、「一人静かにのんびり」が大好きっ子の私には、
やっぱりネットであちこちに勝手につなげられてしまうのは超面倒くさい。
そのため、ブーブー文句を言いながらパソコンの設定をしたせいか、
初期設定を終えた直後から、ひたすらパソコンでバグが頻発!
ついには画面が開かなくなった!(電化製品はとてもデリケート。
自分が安定してないと、すぐ反応してバグる)

サポートセンターと、あれこれやり取りして調整したものの、どうにも直らず。
結局、購入後、まだ3週間もたたないうちに初期化する羽目になってしまった…。
設定にめちゃくちゃ手間取って、十数日かかってようやくなんとか日常に不自由なく
使えるところまでカスタマイズしたばかりだったのに…(涙)

でもまあ、初期化後は、前回の苦労の甲斐もあってか、
スムーズにとても使いやすくシンプルな形でカスタマイズできた。
また、古いパソコンはかなり限界だと再確認もできた。
他にもいろいろ発見や学びもあったから、
結果的にはよかった…と思う事にしよう…!(でも、大変だった…)


≪柴犬ゆめ菜日記≫

【怪しい二人の女…!?】

この間、二人の女に前後から羽交い絞めにされて、怪しい薬を盛られたの…!
…まあ…二人の女って、姉たちだけど…。
でも、最近、怖いニュースが流れていただけに、
「すわ! VX?!」
って、めっちゃビビっちゃった!!
でも、なんのことはない…ノミ予防の薬なんだって。
ホッ…一安心。

でも、その数日後には、またまた二人の女に捕まえられて、
袋に詰め込まれ、連れ出されたの。
「えっ! これは拉致ですか?!」
…と思ったら、袋は「リュック」というもので、電車に乗ってお出かけだったわ。
あーびっくりした!

2017-3-1-1.jpg

電車に乗ったのは、姉たちの家に引っ越す時以来。
あの時はまだ子供だったし、見知らぬ人(姉たち)に連れられたショックで
ほとんど何も覚えてないの。
だから、電車に乗るのは今回が初めてみたいなもの。
「電車」って、ガタガタ揺れるし、聞きなれない音がいっぱいして、
心臓がバクバクしちゃった!

でも、着いた先にはステキな日本庭園風の公園があったのよ♪
初めてのお友達(もちろんワンコ)にもいっぱい会ったの。
超スペシャルなおやつももらえて、すっごい楽しかったー!!

2017-3-1-2.jpg

それにリュックの中って、慣れたらすっごく安心。
今まで歩いて駅前に行っていた時には、電車の轟音と人の多さが怖くて、
一目散にぴゅーっと駆け抜けてたから、よく見たことがなかったんだけど…。
リュックに入って駅前を通ると、気持ちに余裕ができるわね。
「うわぁ♪ 駅前って、実はこうなってたんだー!」
とウキウキ楽しくなって、あちこちキョロキョロ見まわしちゃったわ。

「お出かけ」って、めっちゃ気に入ったわ~♪
また行きたいっ♪
連れてって~~♪♪
10 : 08 : 51 | ひとりごと | page top↑
ありのままの…?
2017 / 02 / 02 ( Thu )
新しい年が始まってはや1カ月。
月日が過ぎるのは早い…!!

最近、
「今まで見ていたものも、年を重ねてくると違った感じ方をするものだなあ」
と思うことが多くなってきた。

たとえば、ディズニー映画のセリフじゃないけど、
「ありのままを受け入れる」
という言葉。
これは私にとって、昔からずっと向き合い続けてきた言葉(課題?)でもある。

昔はシャカリキに、
「全てはありのままでいいんだから、
ともかく、ありのままにすべてを受け入れられるようにならなくちゃ!」
と必死になり、あらゆる「悲惨で絶望的ですごく嫌な状況」について、
「こんなことが起った場合でも受け入れられるようになるには、どうすればいいんだろうか」
と考え続けていた。

お蔭で、いろいろな考え方や生き方や視点が広がり、
「ああ、こういう風に考えれば、受け入れられなくもないかあ…」
と思えることも増えた。
でもその一方で、心のどこかに、
「まだまだ、すべてをありのままに受け入れられるような度量の広い人間にはなれてないなー」
と思うことも少なくなかった。

でも、今になって、そんな昔の自分をふと振り返ってみると、
「ああ、あの必死にもがいていた矛盾を抱えたままの自分でよかったのねぇ…」
としみじみ懐かしく思う。

「ありのままを受け入れたいと思っている。でも、そうできない自分もいる」
だからこそ、いろいろな発見を求めて、いろいろな体験ができた。

人って、もしかすると、
「こうなりたいと思う自分。そうなれない自分」
のギャップが大きいほど、
「理想の私と現実の私はこんなにも違う!!」
ともがいたり、あがいたりするエネルギーが強くなるのかもしれない。
すると、その強い想いのエネルギーが大きな原動力となって、何かにチャレンジし、
たくさんの体験ができる。
それって、とっても素晴らしい人生経験だ。

それでも、どうにもこうにも、
「できないこと。うまくいかないこと。受け入れられないこと」
が気になり、とても辛くなってしまった時には、
「とりあえずそのままにしておく」
のはどうだろう…?
どうにも変えられないことの中には、神様の目から見たら、もしかすると「変わらな
いことに大切な意味や必要性がある」のかも…?

それに、「こうありたい」という理想は、心に持っているだけでも十分実現力がある。
だから、無理に変わろうとしなくても、心の片隅に「こうありたい姿」さえもっていれば、
年月と共にそれに近づいて行く。
ついでにいうと、必死で変わろうとするよりも、
「あ、それっていいかも! 気づいた時だけ、それをやってみようっと…」
という感じで、なんとなーく理想の自分っぽい行動を気が向いた時にする方が、
無駄な力みがない分、結果的に早く目標に近づくことも多いものだ。

でも、それよりなにより、人生ってその時々に心や身体が動くことや、
あまり動かないことと、向き合い、日々を過ごし、
ただ体験するだけで十分生きている意味や価値はあるものだ。
そう考えると、実は全ての人はみんな、もうすでに今、「ありのまま」に生きているのかも…?



≪柴犬ゆめ菜日記≫

今年もまた、夢のように幸せな3日間(「正月」というらしい)が通り過ぎていった…。
栗きんとん、かまぼこ、伊達巻、黒豆、カツオ節…。
そして、カフェでケーキ…♪
どれもおいしかったなあ…!!

2017-1-1-12.jpg

でも、幸せな日々を一度経験してしまうと、
なんだか日常が「がっかり」なものに感じちゃう…。

いつものご飯がなんだか美味しくない…。
特に最近、トッピングの煮干が「お徳用」に変わってから、
めちゃテンション下げ下げ…!

どこかの皆さまからは「お墨付き」をいただいている煮干なのかもしれないけど、
ゆめちゃんは納得しませんよ!!
だって、硬くて、味がイマイチなんだもん!
超お高い煮干を買ってくれとは言わないけれど、
たかだか20円違いなら、ケチケチしないでいつもの「OOさんの煮干」を買って下され!!

いつも「食は人生の基本。今日食べたものが今の自分の身体を創る」って、
言ってるでしょ!
ならば、ゆめちゃんが日々、楽しく喜んでご飯を食べられるようにして下され~~!

それから、また、カフェへお茶しに行こうよー。
あれから時々、朝、カフェの前を通るけど、一回もケーキが出てこないんだよ…。
カフェにはお食事している人も時々いるのに、
店員さんはどうしてゆめちゃんにはケーキを持ってきてくれないの?!
長~くお座りして、上手に「マテ」をしたら、持ってきてくれるのかな?

カフェでケーキ食べたーい!!!
ケーキが出てくるまで、散歩でカフェの前を通って、座り込みしてやる―!

幸せは、断固、自分の手でゲットよ!
あの手、この手で、幸せを勝ち取るまで、
ゆめちゃんはめげずに今年もとことんがんばりますからねー!

純「駅前に行く度に、カフェで物欲しそうに座り込みされると、超恥ずかしいんですけど…」


2017-1-1-13.jpg
10 : 57 : 32 | 心とからだ | page top↑
天の仕事
2016 / 12 / 31 ( Sat )
最近、「ひまわり」に来られた何人かの方とお話ししていて、
「本人も気づかないうちに、素晴らしい「天のお仕事」をしている人って
たくさんいるんだなあ…!」
と思わせられることがとても多かった。

「職場で普段通りに仕事をする中で、知らず知らずのうちに
カウンセラーのような役割をして、周りの人の心をほぐしている人」
「出会ったいろいろな人たちの「本人も気づいていないような素晴らしいところ」を見つけ、
感心感動し、褒める人」
「ありがとうという「光る言葉の石」をあちこちに置くことを日々の営みにしている人」
「ドジったり、とぼけたことを言ったり、突拍子もないことをしたりして、
周りを笑わせ、和ませる人」
…などなど。

どれも、お金になるような仕事ではないし、
世間的には「仕事」と認められるようなことではないけれど…。
もし、天に神様がいたとしたら、
「こんな仕事をしてくれる人を、ここやあそこに配置したいな」
と思うような気がする。
こういう人たちは、実は神様から「天の仕事」を任されているのかもしれない。

世間一般の人たちは、目に見える「大活躍」をした人を称賛しがちだけれど、
世の中の片隅でさりげなーく「天の仕事」をしている人ってステキだなーと思う。

来年は、「おっ! こんな天の仕事人がいるのか!」をたくさん発見したい。

ところで、先日、「ひまわり」の窓辺で看板犬をしていたゆめちゃんを相手に、
「こんなことがあってさー」
と呟いている人がいた。

もしかして、ゆめちゃん、私よりカウンセリングのお仕事をしてる?!
しかも、自然体で!
これも「天の仕事」かも…?!
来年はゆめちゃんに給料を支払わなきゃいけないかしらん…?!

皆さま、今年も一年お疲れ様でした。
来年もよい年となられますように…。



≪柴犬ゆめ菜日記≫

朝ご飯の時、にこにこ笑顔で純子姉を見つめていたら、
突然、お口の中に「バター」なるものを一カケ放り込んでくれた♪

こ、これはなに…っ!!
まるで淡雪のようにスッと溶けて、なくなってしまったわ…!
甘くてまろやかで上品な口どけ…。
あとから口の中いっぱいに広がるミルキーな味わい…
大好物のチーズとも全く違う風味!
世の中にこんなおいしいものがあったなんて~~~!!!

もっちろん、翌日から、毎朝バターを要求よ!!

姉の隣りに座り、キラキラ瞳でかわいく要求♪
…二度目のバターは…ないのかしら? (^o^)

でも、姉ったら、バターのことなんて、まるでなかったように完全スルー。
純「ゆめちゃんの瞳があまりにもかわいかったから、
調子に乗ってあげてしまったとはとてもいえない…」

バター、もう一回食べたーーーーい♪

ダメ…?
…ならば、姉の肘に首をのせて、腕ロック! くだされっ♪

でも…だめなの?
じゃあ、悲しげに鳴いてみせるわ! くぅ…ん…、くれないのぉ…ん、くんくん。

…ダメ?
じゃあ、お腹を見せて体をくねらせ、マリリン・モンロー風にセクシーに迫ってみるっ。
あ、あぁ~~ん♪ く・だ・さ・れ…♪

えー! これでも、ダメなの~?!
じゃ、吠えてやるっ! ワンワンワワワン!よこせっっ!

それでもくれないのっ!
だったら、こっちも容赦しないわよっ!
こうなったら、キレてやるっ! 暴れてやるっっ!
ベッドをくわえてブンブン、ぶん回してやるっ! 
床をガリガリ掘ってやるっ!!
鏡をバンバンぶっ叩いてやる~~~っっっ!!!

…ったく、ゆめちゃんのハートに「美味しい」の火をつけておいて放置なんて、
姉は放火魔ですか?
システムの再構築を要求します!
ゆめちゃんの朝食にバターを…っ!!

純「それはバター搾取です!!」
 (逃げ恥パロディ版 ゆめ菜日記でした~)
18 : 40 : 11 | ひとりごと | page top↑
川の流れのように…
2016 / 12 / 07 ( Wed )
「がんばって変わろうとしているけど、なかなか変われない」
という悩みを抱える人は少なくない。

そんな相談を受けた時、こんな風に話すことがある。
「案外、『絶対に変わらないでいよう!』と強く決意していても、
月日の流れの中で周りが変わったために、必然的に変わらざるを得なくなることも多いもの…。
だから、変えられないことはとりあえずそのままにしておくのもアリかも…。
その代わり、「変わらざるを得なくなったら、流れに合わせて変わることにしよう!」
とだけ決意しておく…っていうのはどうかな?」

ちなみに、私にとっての「絶対変えないもの!」は、超ド定番メニューのレシピだった。
ところが、今年の野菜高騰のお蔭でごくごく自然に、
「こんな時はレシピを変えてもいいか…」
という気分になった。

お蔭で、
「このメニューは、白菜の代わりに青梗菜でも似たような味になるわね。
大根を使うのも案外、美味しくて「アリ」ね♪
…なんだか「日常の大変革を実践中」って感じ♪
平凡な日常でも、「大変革」や「大冒険」を体験できるのねー♪」
と新鮮で楽しい気分になった。

困った時には、流れのままに…が一番ラクチンだわね。



≪柴犬ゆめ菜日記≫

スーパーに新米がたくさん出回り始めましたね。
みなさんはもう新米を食べましたか?

私も先日初めて新米をいただきました♪
めっっっちゃうまかったのなんの…♪
明らかに、この間までのご飯と、全く味が違ったのよ。

食べ終わっても、お口の中にお米の甘―い香りが残っているの♪
だから、ずーーーっと、舌をペロペロ出し続けちゃった♪

もっと食べたくて、食事中の姉の腕に顎をのせて、腕ロックを掛け、
キラキラお目目で見つめながらおねだりしてみたわ♪
ダメだった…。

でも、そんなことでメゲる私じゃないわよ。
グイグイと、姉の膝に乗り上げ、腕の隙間をぬって、
テーブルに顎を掛けておねだりしてみたわ。

それでもダメ…。
ええいっ! かくなる上は、実力行使よっ!!!
くるりと踵をかえして食卓を離れ自分の食器の所へ行き、お皿をガンガン叩いて、
「もっと入れろ~!!おいしかった~!もっとよこせー!!」
と断固要求!

…にもかかわらず、姉ったら、
「昭和の子どもが茶碗を箸で叩いて、「おかわり♪おかわり♪」と騒ぐ姿のようね…」
って、へらへら笑いながら、自分ばっかりいっぱい新米食べてるのよ!!
超ムカつき~~!

普段、姉は、
「いまだかつて、ゆめちゃん以上に、私の料理をこんなにも褒めてくれた存在はいなかったわー。
なんだかめっちゃ料理上手になった気分…。
なんて作りがいがあるのかしら♪
家事やっててよかったー! しあわせ…♪」
とか言ってるくせに…。

だったら、幸せをたくさん分け与えている喜び上手のゆめちゃんに、
一番たくさん手料理を食べさせろよー!!

特に、炊き込みご飯、おこわ、さつまいも、かぼちゃ、スイーツは大大大歓迎なんだからねー!!
土鍋いっぱいのご飯をぜーーーんぶゆめちゃんに下され~~~♪
よこせ、よこせ~~~!

純 「そんなことしたらおデブになっちゃうよ。食事制限するのも「愛」なんだよ」
ゆめ「そんな愛、いらなーい!
   …ところで、昨日の新米は前回ほどおいしくなかったよ!
   水加減が悪かったんじゃない?
   私は『ちょっと柔らかめで、むっちりねっとり』の炊き方が好きなんだから…。
   そこんとこ、よろしくね!」
純 「ほんっっと、味に厳しいわね…(苦笑)」

19 : 53 : 52 | 心とからだ | page top↑
| ホーム | 次ページ