FC2ブログ
がんばらない勇気、ファイト!
2020 / 01 / 13 ( Mon )
新しい年が始まりました。

昨年末くらいから、
「人生のギアチェンジ」
に苦労している人々があまりにもメッチャ多いようなので、
今回はちょっとヒントになるような話を…。

真面目で、一生懸命で、いい人、優しい人ほど、
「がんばっている自分」
「他人に気配りをしている自分」
「いろいろなことを考えている自分」
…等々、前向きで立派な行動をしている時は、
自分のことを褒めやすく、認めやすいけれど…。

そうでない行動を自分がしている時には、
無意識に自分を責めたり、否定したりしてしまいがち。

実は、この「責める」「否定する」が
「うつ」をはじめ、さまざまな病気の源に…。
(なので私は、「うつ病」のことを「責める病」と呼んでいる)

「がんばれること」はとても大切だし、とてもかっこいい!

でも、病気、怪我、転職、退職、引越、出産、育児、介護…などなど、
人生の節目には勇気を振り絞って、
真逆のことにチャレンジせざるを得ないこともある。

「がんばらない勇気」
「深く考えない、物事を分析しない勇気」
「過去を見ない、未来を見ない勇気」
「とことん遊ぶ勇気」
「生産的な生活を全くしない勇気」
「空気を読まない勇気」
「他人のことを考えず、自分を最優先する勇気」
「人の評価を無視する勇気」
「心の中のグルグルを見続けない勇気」
…etc

こうした勇気あるチャレンジは、
「座禅」と似ているようにも思う。

「座禅」ではじっと座ったまま「なにもしない」をする修行。
すると、心の中に様々なたくさんの雑念が浮かんでくる。
そうした雑念を、
「川の上を流れていくゴミ」
だと思って、一つ一つ注視したりせず、
流れていくまま放っておく。

ただ、こんな風に「なにもしないこと」に対して、
「何もしないなんて、非生産的。時間の無駄」
「ゴミを見つけたら、しっかり拾って、
 分別処理しなければ、川はきれいにならない!」
「座禅している時間で、ボランティアの一つもした方が世のため」
…などの意見もあるだろう。
確かに、そういう生き方が大切で、重要な時もある。

でも、「がんばること」や「今までのやり方」に限界を感じたときには、
今までやってこなかった「今までと違うことにチャレンジする勇気」や、
「がんばらない勇気」を試してみるのも一興。

実は「がんばらない練習」って、「生活しながら座禅をする」という
とてもかっこよくて、難しい「人生チャレンジ」なのだ!

ただ、今までと違うやり方にチャレンジしようとすると、
時に、心の中で、
「じゃあ、今までの私のやり方が悪かったってこと?」
と昔の自分が騒ぎ出すことがある。

そんな時には、優しく昔の自分に声をかけてあげよう。
「今まで私ががんばってくれたから、今の私があるんだよ。
 でも、今、限界を感じているから、
 新しいやり方もチャレンジしてみようと思うの。
 だから、しばらく見守って、協力してくれる?
 一緒に新しい幸せを掴もう!」

新しいチャレンジをするときには、
「過去のがんばってきた自分」
とケンカをしないことが、とっても重要だ。

また、「がんばらない」という選択をするには、
「がんばること」以上に勇気と決意とパワーがいる。
なんたって、生活しながら「座禅修行」をしているのだから…。

だからこそ、上手に「がんばらない」ができたら、
いっぱい自分を褒めてあげよう!

そして、ささやかなことでも、たくさんたくさん自分を褒めてあげよう!

ごくごく平凡な何もない一日を過ごせて、よかったよかった。
大変な中で、空の美しさ、花の美しさを見つけられた。すごいすごい。
新しい遊びを発見して、夢中になれた! やった~!
「上手にがんばらないができた自分」を褒められた! すご~い!

「座禅」の中で、新しい発見があるように、
「座禅のようなスタンスでの生活」にも、
チャレンジした人だけが掴める境地がある。

もちろん、
「チャレンジしてみたけど、やっぱり今までのやり方がいいわ」
と、元の生活に戻ったってOK!
それでも、「座禅生活」をしたことで、
「元の生活」に新しい視点が生まれるかもしれない。

新しいチャレンジをしている人たち、ファイト~!



11 : 20 : 54 | 未分類 | page top↑
天任せ
2019 / 12 / 13 ( Fri )
何かと慌ただしく、忙しく、過ごしているうちに、
あっという間にもうすぐクリスマス&年越し!

今年はなんだかいろいろなことが硬直状態で、
思うように動かない(動けない?)まま終わった感じ。

それでも、
「まあ、そんな年もあるさ。
 それでも、多少なりと新しい体験ができたから、それでよし!」
と思えていることが一番の良かったこと?

ところで…。
それなりのお年頃になってきたせいか、
「終活」「相続」といった話題が周りに増えてきた。

こうしたことは、複雑な問題として、難しく考えようと思ったら、
どんどん複雑で難しい問題にもできるけど…。

私としては、
「ま、なるようになるさ…でいいんじゃね?」
と思ってしまう。

仕事柄、若い頃は、
「人間、最後は必ず何かの形で死ななければならない。
 ならば、がんって病気は、いろいろなことを整理して
 人生を締めくくれるから、なかなかいい選択肢かも…」
と思っていた。

でも、この年になってきたら、
「案外、災害とか事故とかで跡形もなく「サヨナラ」
 っていうのも、その瞬間だけは怖いかもしれないけど、
 潔いし、救命やDNA鑑定や埋葬の手間が省けて、すごくいいかも♡」
…なーんて思うようにもなってきた。

まあ、残される人たちは複雑な気持ちかもしれないけど…。
でも、
「あの人は理想の旅立ちが出来たんだね」
と思ってもらえたらメチャ感謝…って感じ?

…というくらい腹を据えて、
「何が起こっても起こるままでいい。
 起こることは天任せ。起こることが必要なこと」
と思っていると、日々をとても気楽に過ごせる。

なにしろ、苦しいことのほとんどは、
「未来」を心配し過ぎているか、
「過去」を見てグルグルしているか、
「心の中の妄想」を見続けているか…だからね~。

「妄想」や「空想」など、「あれこれ考えること」は、
上手く楽しめば、とても面白い「ゲーム」や「娯楽」になってくれる。
でも、それで苦しんで生活に支障をきたしたら本末転倒。

若い時には、いろいろな未来をあれこれ想像するのも
人生の経験の一部だったけど、
今になって、歩いてきた道を振り返ってみると
「起こったことが、長い目で見たら必要で、経験すべきことだった」
としみじみ思う。

確かに、「大変な渦中」にいる時はものすごく辛くて、
納得できないことも多々あったけれど、
「ああなるほど、これがこんな風に複雑に絡み合って、
 あっちにも、こっちにもやっぱり必要な出来事だったのね。
 大変な事ほど、すべてちゃんと人生にとってすごく役立ってた!」
と感じる。

ついでに、お金や持ち物についても、
「生きている間に、気持ちよく暮らすためのツール。
 その人が送りたい人生ストーリーに応じて、
 天から仮に与えられているもの」
と経験の中で実感した。

だから、たとえもし、いろいろなものを失うことがあったとしても、
「この「大変」をとことん味わい、そこから何かを得るぞ!」
と言い切る覚悟さえあれば、きっと人生は必ずいい方に転じられるに違いない。

なにしろ昭和の戦争を経験した日本人たちは、
あんな焼け野原の何もないところから、
何十年かでここまで発展してこられたんだもの…
それより豊かな今の時代、たいがいのことは、なんとかなるさ~!

人生、ここまで歩いてきて実感することは、
「人生に起こったことが、自分が経験する必要のあること(最善のこと)」
という呪文を自分に言い続けることが
「自分を良き未来へと導くツール」
…って感じ?

今年も一年、お疲れさまでした。
来年が皆様にとって、充実した実りある年になりますように…。


16 : 47 : 35 | 未分類 | page top↑
ピンチの後にチャンスあり
2019 / 11 / 11 ( Mon )
世の中とか、集団とか、土地とか、いろいろな物事には、
目に見えない「流れ」のようなものがある。

「流れ」がめちゃくちゃ悪い時には、
普通のことをするだけでも大変だったり、
どんなにがんばっても上手くいかないことが多々起こりがち…。

先月はとっても流れが悪そうだなと思っていたら…
未曽有の災害オンパレード…。

大変な時は、とてもつらいけれど、
そんな時にしか見つけられない視点、幸せ、方向性などに
出会えることも多々ある。

思い返してみると、私自身、
「人生の深い示唆」を得られたのは、大変な時の方が多かった。

めちゃくちゃ大変な時には、
まずは、無理に元気になろうとせず、
とことん嘆いたり、悲しんだりして、自分を労わることが
先決&一番大事…ということも学んだ。

「嘆き悲しむのに疲れた時に、ボチボチ少しずつ、
自分が楽になれる「何か」を探してみる…」
だけでも、十分前に進むことも知った

未来が真っ暗闇にしか見えない時、口先だけでも、
「乗り越えられない「大変」はない。
 私に乗り越える力があるからこそ、
 この「大変」が目の前にあるのだ」
と言い続けると、
本当にそうなることも知った。

「大変」な時ほど、それをクリアした後には、
それまで想像もつかなかったような大きなチャンスや幸せを
掴める可能性が高いこともわかった。

今回の災害をはじめ、大変な体験をされた方々が、
それをきっかけに、
素晴らしいチャンスや未来を掴まれますように…。



09 : 21 : 43 | 未分類 | page top↑
今ある状況を満喫する
2019 / 10 / 10 ( Thu )
若い頃は、
「生涯現役で、ずっとバリバリ働きたい」
と思っていた。

でも、最近よく思い出すのは、
「人生の後半は、医者をやめて、喫茶店のマスターになりたい」
と言っていた同僚の言葉。

当時、私はまだ「生涯現役派」だったけれど、
同僚の夢を聞いていたら、
未来の喫茶店の様子がありありと目に浮かんできて、
「ステキな生き方だなあ!」
と感動したものだ。

あれから、どのくらいの年を重ねただろう…。
その間に、いろいろな体験をしてきた今は、
「今のこの時代にしか体験できない生き方、
 心の旬を大切にした生き方、
 生きている時にしか体験できない生き方をしたいな」
と思うようになった。

そして今、私は、
「戦争のない平和な時代、安全な国に生きて、
日々の生活には困らず、親や家族や子や孫の世話をする必要もなく、
心のままに日々を自分の思い通りに過ごせる…」
という、ある意味、
ものすごく稀有で貴重でとても恵まれた幸せな状況で生きている。

せっかくこんなに恵まれた条件下に生きているなら、
「この恵まれた状況を満喫しきらなくちゃ!」
と最近、強く思う。

なので、来年から仕事は午前中だけにして、
「今が旬」と感じる生き方、暮らし方に
さらにシフトチェンジしようと思う。

丁度、同年代の人々も早期定年退職を意識する頃。
「安定した今までの生活」を手放して、
新しい方向にチェンジするにはいい時期かも…。


12 : 43 : 54 | 未分類 | page top↑
スタンプ作りのお蔭で・・・
2019 / 09 / 09 ( Mon )
ここ1か月、すっかりLINEスタンプ作りに熱中。

まずは、ネットで作り方を調べるところから開始。
親切なサイトがいっぱいあって、とても助かったけれど、
最初は慣れない用語を理解するだけでいっぱいいっぱい…。

結局、手軽にスタンプを作るには、
LINEのアプリを使うのが一番みたい。
でも、このアプリでは細かい操作ができないようだったので
普段使い慣れているお絵かきアプリを使うことにした。

ちなみに、イマドキのお絵かきアプリは素晴らしい!
ちゃんとスタンプ作成用のテンプレートが用意されていた!

なので、慣れてきたら案外、作業はサクサク進んだ。
マンガだと、1枚描くのに丸1日かかってしまうが、
スタンプだと、簡単なイラストなら30分くらいで仕上がるので、
達成感も高い。

やっぱり、小さなことで達成感をたくさん積み重ねるのは、
何かを続ける原動力になるなあと、あらためて実感。

さらに、文字のフォントをいろいろ変えるだけで、
かなり雰囲気が変わることも実感!

お蔭で、テレビを見ていても、
「ほう! バラエティ番組ではこんな風にフォントを使ってるのか!
背景の違いによって、影の入れ方や、色もこんな工夫がされていたんだ!
フォントを入れる仕事にもたくさんノウハウがあって、
大変なんだろうな。
そういう仕事をしてくれている人のお蔭で、
わかりやすい番組を見ることが出来ているんだなあ」
なんて、新鮮な感動を感じた。

また、とてつもない数の人が、とてつもなくたくさんのスタンプを
日々作っていることも知った。
さらには、そうした作品の一つ一つを丁寧に、
「著作権侵害がないか?」
としっかり調べる仕事があることも知り、
「地道で大変な仕事だなあ」
と感動もした。

私なんか、たかだか40個のスタンプをアップロードするだけで、
「あれれ、ダブりが一つあるけど、
どれがダブっているのか見つけられない」
と四苦八苦したのに…。

でもこれからは、そういう違いを見つけるのには、
AIが大活躍しそうね。

スタンプを作ったおかげで、新しい視点が生まれ、
今まで気にも留めなかったことに、
新たなたくさんの発見が出来たのは大収穫!

新しいことへのチャレンジって、やっぱり楽しい♪

出来上がったスタンプに興味を持ってくださった方は、
LINEストアかLINEスタンプで、
「柴犬ゆめ菜」で検索してみてくださいね♪


11 : 19 : 30 | 未分類 | page top↑
| ホーム | 次ページ