fc2ブログ
学びは続くよ、どこまでも…♪
2016 / 07 / 06 ( Wed )
商売柄&自分の人生哲学の嗜好柄、普通の人よりは、
心と体に優しい生活を追求してきたつもりだったけれど…。
お年頃の身体さんは、「もっとギアチェンジをして欲しいなー」と思っていたらしい。

なんとなんと、突発性難聴にかかってしまった!
症状が軽く、日常生活には問題ないレベルだったのは幸い。

しかし、実際に「患者目線」になって、知らない大病院に行ってみると、
発見することが多い多い…。
病院全体が、広すぎてどこが何だか分からないやら、
今時のハイテク受診システムにはびっくりするやら、
案外、お医者さんや看護師さんの指示の意図がわかりにくいやら…。
見慣れた病院の風景も、視点が変わると本当に違ったことが見えてくるものだ。

そして、何より痛感したのは、やはり患者の立場は弱い!!ってこと…。
いろいろ理解している私でも、医者から「検査や治療は、こうしてこうやって…」
といわれると、ついつい言われるがまま「はい。はい」と返事をして、
フツーの患者さんのようにオロオロした気分&思考回路になるのだから…びっくりだ!

特に考えさせられたのは、
「聴神経腫瘍の可能性もあります」
と言われた時の事。
「そういや、そういう可能性も高いんだった! もしそうなら手術かー! えらいこっちゃ!」
と一応、人並みに十分慌てた。

でも、そこは元ホスピス医。しばらくしたら、我に返り、
「病気って、自分の中の大変を一番引き受けてくれている所。
身体は病気を通して、何か訴えたいことがあるはず。
中でも腫瘍は、半分グレかけた自分自身。グレかけた人ほど、愛情をかけることが必要。
切り捨てて終わりっていうのは、やっぱ違うよなー。
うん! そうだ! 腫瘍であろうが、ただの突発性難聴であろうが、関係ない!
病気は自分の大切な一部! ここでとことん、愛して、ケアして、共に生きてこそ、
今までの生き方を自分の体と人生を通して集大成&体現できるってもんだ!
もう一回、しっかり、人生の後半戦にふさわしい自分に優しい生活を考え直さなくちゃ!」
と思いたつことができた。

でも、普通の人は病気になったからといって、急にそんなところまで考えられないだろう。
そうなると、医者の言葉を鵜呑みにして、右往左往するのは仕方ないことだなあ…と
あらためてつくづく思う。

それにしても…。
いやー、私よりはるかにご年配の方々が、こういう大変かつ、
分かりにくく面倒くさい病院受診&治療をこなしているのかと思うと、あらためて頭が下がる…。
炎天下の中、何時間もかけて毎日通院なんて、それだけで逆にどんどん病気も悪化しそう…。
それに、内服薬の管理なんかも、お年頃の初心者病人にはめちゃ大変!
薬なんて飲み慣れないから、しょっちゅう飲み忘れそうになる。
薬剤師さんが一回ずつ朝昼晩、薬をまとめて分包してくれるっていうのが、
いかに有りがたいシステムなのか、身に染みて痛感するわ…。

ところで…。
片耳だけ不自由になったお蔭で、
「『音が聞こえる』というのは、こんなに素晴らしいことだったのかあ…!!」
ということにもあらためて気づかされた。

それまでは、「ひまわりの向かいの道路の騒音がメチャうるさい」とか、
「家の真裏の工事はうるさい」としょっちゅう思っていた。
でも、よくよく考えてみたら、立場が変わって、地震で家が倒壊した地域に住んでいたとしたら、
「ああ、車の音がする。道路が通って救援物資が来るんだわ。ありがたい!」
「家を建てる音って、『新しい日常が取り戻せる♪』っていう幸せの音ね」
と感じ、騒音とは感じないだろう。

音は音でしかない。
音に「騒音」というレッテルを貼っているのは、自分の心なんだわね~と、
あらためてしみじみ感じたり…。(でも、うるさいものはうるさいけどさ。笑)

なにより、一番痛感したのは、この世の中に溢れている美しい音の数々。
鳥の声、雨だれの音、木の葉の葉ずれの音、せせらぎの流れ…。
聞こえにくくなってみると、すごく素敵な美しい音でこの世の中は溢れていたことに
気が付いた。
こういう幸せな音を意識せず、ありがたみも感じずにいたのは、実に実にもったいなかった!

世の中、大変なものを見ればきりないけれど、
それと同じくらいステキなものもたくさんたくさんある。
どうせ一日を過ごすなら、できるだけステキなもの、美しいもの、
幸せなものに五感と心向け、自分の人生の中に取り込んでいくことに時間を使いたいなあ…
と、今回あらためて痛切に思いなおさせられた。

「大変なこと」は嬉しくはないけれど、「大変」が起こった時には、
必ず、たくさんの大切なことに気づかせられる。
起こることは必然性がある。起こることは起こったままに受け入れ、
新しいスタンスを構築して行こうっと!

テーマ:心と身体 - ジャンル:心と身体

09 : 57 : 50 | 心とからだ | page top↑
細胞の変化
2014 / 11 / 03 ( Mon )
最近、すっかり記憶力が落ちて、老眼も進んだ。
心は若いつもりでいても、体というか、細胞は
重ねた年月なりの変化をするんだなあと実感。

たぶん、昔のように、いくつもの仕事を同時に並行して、
手際良く処理しなければならない生活をしていたら、
こうした身体の衰えはかなり辛く感じたに違いない。

でも幸いなことに、最近の私の生活は、
「今だけに集中して、先の未来は全く考えない」という感じ。
なので、あまり生活に支障はないばかりか、体の衰えのお蔭で、
「今まで以上にゆっくり、目の前の一つ一つのことだけを見て、
丁寧に暮らすことに集中」できて、むしろ、生活はよりシンプルに洗練されてきた気がする。

たとえば、
「つきっきりで火の加減をし、土鍋でじっくりご飯を炊く」
なんてことは、一昔前の私には絶対できないことだった。

なにしろ、「料理をしながら、メールをチェックして、掃除も済ませる」など、
一度に3つくらいの用事をこなさないと、時間をとても無駄にしているように感じていたからだ。

でも、一つ一つの動きを丁寧に行うようになってみると、
「一つのことに集中して、じっくりゆっくり生活するって、なんて豊かなことなんだろう。
なんだか、暮らしの中で、とても暖かくて柔らかく幸せな形で、禅を体験してるみたい」
と感じる。

年を重ねることで、これからも生活が変わっていくことはたくさんあるだろう。
でも、変化を柔軟に受け入れて、「その時の自分だけが味わえること、
体験できること」を満喫しながら日々を重ねていきたいなと思う。

テーマ:モノの見方、考え方。 - ジャンル:心と身体

11 : 08 : 14 | 心とからだ | page top↑
心の掃除
2014 / 06 / 30 ( Mon )
私は元々、あれこれグルグル考え込んだり、
クヨクヨ悩んだりするのが得意な性格だ。

でも、仕事のお蔭で、物事を随分前向き(アバウト?)に考えられるようになり、
「なるようになるさ」
が板についてきた。

それでも、今でもひょっとした時に、クヨクヨグルグルが出ていることに気づき、
「ああ、三つ子の魂百までってよく言ったものねー」
なんて苦笑いすることがある。

一番困るのは、自分でも全く気づかないうちに、
クヨクヨグルグルのクセが出ていて、知らないうちにブルー系の気分に染まっている時だ。
そういうことは、案外、「大変な時」ではなく、「暇で、平和な時」に起こることが多い。

たぶん、「大変」の真っただ中の時は、大騒ぎに忙しくて目の前のことに手いっぱいで、
考える暇がないから。「楽しく嬉しいことに夢中の時」は、楽しむことに忙しくて、
やはり考える暇がないから。
疲れきっている時は、寝たり、体を休めるのに精一杯だから、
これも考え込む間はないから…だろう。

ちなみに、私の場合、「ちょっとだけ大変」な時が、案外一番いい時かもしれない。
なぜなら、
「大変なことがあるから、心を『大変』に持っていかれないように、
気を引き締めて、心の中をいいもので満たし、調えてあげよう」
と、意識的に常に心の掃除をするからだ。

ところが、なーんにも問題がなく、平和でボーっとしていて、暇な時は、
一番心と体が緩んでいる。
緩んでいるがゆえに、長年の心のクセが知らず知らず出るらしい。
すると、探す必要もなければ、こだわる必要もない日々のささいな生活の問題点を
あれこれ探し始め、知らないうちに「問題点探し」がエスカレートしてしまうと、
ブルー気分に突入…というわけだ。

まあ、こういう性格も、前向きな言葉でいえば、
「向上心がある」ってことなんだけど…。
向上心も行き過ぎると、必要以上に自分のお尻を叩いてケガすることに繋がりやすいもの。
まあ、何事も塩梅が大事ね。

ただ、私の場合、幸いなことに仕事のお蔭で、誰かによい言葉を探しているうちに、
自分自身も、
「ああ、そうだ。私の中にも、小さいけれど、同じ様な部分がある。
私と関わって下さった人が、私のことを調えて下さってるんだなあ」
とハッと気づかされ、リセットされる。

なので、私にとって、相談者さんは自分を映す鏡であり、
いろいろな教えを授けてくれる神様のようなありがたい存在なのだ。

人って、本当にいろいろな形で、支えられ、活かし、
活かされているのだなあとつくづく思う。


柴犬ゆめ
 「ふ・ふ・ふ…。純子姉が笑顔を忘れないように、
あたちがいつもニコニコしてあげているのよ。
なんたって、あたちは今流行りの『笑うワンコ』だ・か・ら♪

 ちなみに、あたちが、「いたずらワンコ」に見える時は、
純子姉のメガネが曇っている時に違いないわー (ニヤリ)」

テーマ:モノの見方、考え方。 - ジャンル:心と身体

09 : 56 : 54 | 心とからだ | page top↑
着ぐるみ
2013 / 06 / 25 ( Tue )
以前、ホスピスに入院してらした方がこんなことをおっしゃっていた。
「心は60歳の時のままなのに、体だけがどんどん老いてしまって、
ボロボロの着ぐるみを被っているようだ」
最近、この言葉を深く実感することが多々ある。

…というのも、夢の中でしょっちゅう学校に通っていたり、
研修医をしているからだ。
どうも、心の年齢は20代からあまりかわってないらしい。
実年齢の実感と自覚があまりにも無さ過ぎる。
実に困ったもんだ(笑)

自覚のないまま年を重ねたことで、もう一つ深く実感したことがある。
それは、
「人間の中味は年齢に比例しない」
ということ。

私は子供の頃、大人たちが、さも訳知り顔に
「私たち大人には経験や知恵や洞察力があるけれど、子供は何も知らない」
と言うのを聞いて、
「大人って、そんなにすごいのか。
その割に、つじつまが合ってない行動が多いように思うけど…。
でも、私は大人じゃないから、違うとも言えないし…」
とよく思ったものだ。
今になってみると、あの時感じたことはあながち間違いではなかったと思う。

大人も子供も、「今の時代を生きている仲間」であり、
悠久の歴史の流れの中で見たら、中身にそんなに差はない。
場合によっては、子供の方がずっとずっと経験豊かな先輩の魂であることも
少なくない。
年配の人はたまたま、少しだけ「今の時代の経験値」が高いだけ。

…そんな風に考えて、年齢に関わらず、一人一人の仲間として
周りの人々を見られると、
「若いから」といって相手を軽視することなく、
「年を重ねているのに、なぜ?」と目上の人に過度な期待を抱き過ぎずに、
すべての人を「一人の仲間」として尊重し、
しっかり向き合うことができるのかもしれないなーと思う。

テーマ:モノの見方、考え方。 - ジャンル:心と身体

17 : 41 : 26 | 心とからだ | page top↑
新しい年が始まりました
2013 / 01 / 27 ( Sun )
今年もよろしくお願いいたします。

最近好んで、「世界のいろいろなところで暮らす人々」
「世界のこんなところに日本人」という番組を見る。

「そっかー、そんな暮らしがあるのかー!」
とリアルな別世界の生き方が感じられて興味深い。

たとえば、
「マイナス70度の極寒の地では、家の中と外では気温差が80度以上ある。
そのため、家の中に入るのに30分かけて体を慣らす必要がある」
とか、
「戦火の絶えない地で、120人の子供が一つの家で暮らしている。
世話する大人は2人だけ。
でも、子供たちは「ここに来て、とても幸せ♪」と目をキラキラさせて微笑む。
子供たちの最高の楽しみは、
「ぐっすり眠れ、たくさんの野菜に触れることが出来、料理が出来ること」。
家にいた時は、食材がほとんどなかったし、
いつ攻撃されるかわからないから、ぐっすり眠れなかった」
とか、
「ある村では、自分の性別は自分で決めていい。
自分の決めた性別が生物学的な性別と違っても、普通に受け入れられ、
差別もなければ、奇異の目で見られることもない」
とか、
「シングルマザーばかりで、結婚する人が誰もいない村」
とか、
「人里離れた閉鎖的な村。子供たちは学校にいかない。
学校に行って、いろいろな知識をたくさん学ぶことで、
逆に人を見下す心が育ってしまいやすいから。
学校にいかない代わりに、村の大人たちが「生きるために必要な知恵、生き方」を
丁寧に教え、一人前に暮らせるようになるまで大切に育てる」
とか…。

日本の都会で暮らしていると、「お金や学識がないと生き抜くのは大変」
というような気分になるけれど、こういう番組を見ていると、
「身一つで生きていくことは十分できるんだよなあ。
今生きている生き方や価値観だけがすべてじゃないな」
と、リアルに感じると同時に、
「地球上のどこかにはこんな暮らし方もあるんだ」
と思い、違った視点が生まれ、今の日常が全く違うものに感じられてくる。

人はいつでも自分が決意さえすれば、
「今とは全く違う暮らし方、生き方」を選ぶことができる。
でも、実際に、全く違う生き方を選ぶかどうか、
他の生き方が自分の趣味に合っているかどうか…は別問題。
たぶん、心の奥深い部分で真に「違う暮らし、生き方」を求めている人は、
ちょっとしたきっかけで、違う世界に足を踏み入れるのだろう。

でも、
「ああ、こんな暮らしもあるのね。いいなあ」
と思いつつも、「今の暮らし方、生き方」を捨てきれない人は、
心の芯の部分に、「何かしら「今の在り方」の中で掴みたいものがある。
「今の生き方」の中で体験したいことがある」
という深い深い想いが眠っているのかもしれない。
ならば、その「深い想い」がわかるまで、
とことん「今」を生きてみることも大事だよね。

テーマ:モノの見方、考え方。 - ジャンル:心と身体

10 : 17 : 22 | 心とからだ | page top↑
前ページ | ホーム | 次ページ