揺るぎない信念
2009 / 03 / 09 ( Mon )
 先日、医療界の大御所H先生と対談した。
 あのお年でよくぞこれだけ…と感心するくらい、一日10件は下らない分刻みの取
材、面談、対談…etc. 加えて原稿の山また山…。
それ以上に感心したのは、対談相手やたくさんのスタッフが目の前にいても、原稿を
仕上げると決めたら、自分の世界にドップリ入れる集中力!
まるで茶道家のお点前を
見ているよう…。
 「ああ、「迷いなく一つのことに集中すること」は、それだけで「祈り」なのかも
しれない」
 と思わされた。

 さらに話を伺っていて、
「この先生は、迷いなく「自分のビジョン」だけを真直ぐ見ている。「自分のビジョ
ン」に合わないものは、人も物事も全く目に映らない。それどころか、目に映ったも
のすべてを「自分のビジョン」に合わせて有効な形にどんどん変えていく…。(大き
な誤解が生じることもある…とも言えそうだけど)
 だから、周りは有無を言わずに、ついて行くしかない状況になる。
 マザーテレサにしても、政治家のMさんにしても、やはり同じような強さを持って
いる。そういう人だからこそ、たくさんの人をまとめていけるのかもしれない」
 と感じさせられた。

 H先生の生き方はとても参考になった。
ただ、自分自身の持って生まれた性質を考えると、「全く周りを見ず、自分の信念だ
けを貫く生き方」はできそうにもない。でも、ここぞという時には、「周りが見えて
いても、あえて自分のやり方を貫く」という勇気を持ちたいものだと思った。

 その後、妹と食事に行ったら、隣りの席でドンチャン大騒ぎ。逃げるように早々に
食事を済ませて、家路についたのだが、後で妹がポツリと一言。
 「H先生なら、迷わず「僕はねー、今日、ここにくつろぎに来ているんだよ。
君、席を変えてくれたまえ」って、店員さんに言ったよねぇ。言えなかった私たちって、
本質を見誤ってたかもしれない?

 行き詰った時、「H先生ならどうするか?」って考えると、なんだかいろいろな方向
性が見えてきそう♪」
 しばらく、我が家では「H先生ごっこ」がはやりそう。

テーマ:モノの見方、考え方。 - ジャンル:心と身体

00 : 11 : 59 | 心とからだ | page top↑
| ホーム |