ドラマに学ぶ
2011 / 05 / 21 ( Sat )
韓国歴史ドラマ「風の絵師」に続いて、「薯童謡(ソドンヨ)」にハマった。
「自分の出自を知らず、平民として育った百済の王子が
敵国の新羅の姫と恋仲になり、苦難を乗り越えながらも愛を貫き、王になる」
という話。

主人公二人の性格は気に入らないけど、ストーリーの面白さと、
描かれている「物作りの世界(オンドル作り、紙や布作り、結婚式や仏教行事のやり方)」
に興味を惹かれて、なんとなくズルズル4巻くらい見ているうちに、すっかりハマり、
途中からは一気見してしまった…。

この時期に見たせいか、「思いっきり未来型思考、未来型行動パターンのドラマだ」
と感じた。
なにしろ、二人の主人公の性格がぶっ飛んでるのだ。

たとえば、なかなか答えの見つからない深刻な人生問題にぶつかった時には、
「答えがでないなら、考えずに体を疲れさせて、ともかく寝ちゃおう! 」
と爆睡して、スッキリしたら、
「とりあえず、毎日を過ごしてればいいよ。そのうち何とかなるから…」
って結論に達する…とか。

命がけの大事業をすることになった時も、
「未来がどうなるか、わかんないなら、後悔ないように、
休暇をもらってとことん遊んじゃえ!」
と、マジで雪だるま作ったり、雪合戦したり、料理を作ったり…と、
とことん遊ぶことに専念。

パートナーを危険にさらすような状況になっても、
「相手のために…と身を引いたり、隠し事をすると、お互い守り合えないじゃない?
大変な荷物は一緒に背負おうよ」
「とことん付き合ってもらいます。どんなに迷惑がかかっても、
その結果、命の危険にさらすことになっても…」
「難しい問題だけど、これはあなたの問題だから、あなたが解決して。
私は口出ししません」
と隠し事はせず、大変なことをさらけ出し合い、巻き込み合い、支え合いながらも、
お互いの仕事のやり方には干渉しない…とか。

他にも、どんなに周りの人たちが困って、文句を言い、責め、「やめてくれ」と抗議しても、
「だって、心と体が動かないんだから仕方ない。
罪悪感で行動してもいいことないし…」
とあくまでも、自分の心のままに動く…とか。
マイナス感情も、
「怖がったり、恐れたりすることも必要。
怖がったり、恐れたりしながら、そのままやっていけばいいんじゃない?
それが案外素晴らしい生き方を生むし…」
というスタンスで、あっさり共存しちゃうし…。

いやあ…凄すぎ! 「ひまわり」的には、あっぱれ、超花丸の生き方!!

たぶん、演じている俳優さんのもともとの性格が、「全く悩まないぶっ飛んだ性格」
だったら、「こういう楽天的な人、いるよねー」で終わってしまった話だろう。
でも、俳優さんの地の性格がものすごーくもんもんと悩む系なのに、
「考えるけれど、悩まないという生き方」をするから、
「す、すごいっ!」
と感じるのかもしれない。

ちなみに、ドラマの中では、
「悶々と悩み、苦しみ、試行錯誤し、努力して苦労して生き抜く」
「相手や周りの人のことを考え、問題を一人で抱え込み、黙って一人で耐え抜く」
という「古い価値観、古い生き方」の超お悩み系キャラもいっぱい出てくる。

個人的にはやっぱり、お悩みキャラに同情、
「そうだよねー。そうそう。悩むよねー、苦しいよねー、辛いよねー」
と共感し、魅力的な生き方だなあ…と感じる。

たぶん、
「このドラマの中で、どの役をやりたいか」
と尋ねられたら、きっと、思いっきり負け組のキャラを選ぶに違いない。
たとえ、不幸な最後が待っていていようとも…。

人が、人生を選ぶ時も同じなのかもしれない。
生きている時は、「大金持ちになって、大成功して、すごく幸せな人生を歩きたい」
と思いがち。でも、あの世でドラマを見るように、この世のいろいろな人生を見ていると、

「どうして私ばかりがこんな思いをするのだろう」
と絶望し、嘆き悲しみ、不幸極まりない人生であっても、
「この人の生き方、かっこいいなあ。魅力的だなあ。
私もこんな生き方にチャレンジしてみたい」
と思う生き方があるかもしれない。

「そっか…不幸や絶望って、ドップリ浸っている時は辛いけど、
客観的に見たらとっても楽しい娯楽なのかもしれない。
だから、実際の人生でも、不幸な最期を迎える人もいるのかも…。
そう考えると、不幸な人生も悪くないし、
そういう人生をあえて選ぶ人はたくさんいるかもねー」
とドラマを見て、思いっきり納得したのだった!
16 : 35 : 30 | ひとりごと | page top↑
くつろぎ
2011 / 05 / 09 ( Mon )
地震の影響もあってか、愛犬ルナ子の徘徊、アトピー、下痢、嘔吐、下半身麻痺
…などの症状がまた一時悪化。
「いよいよダメか?!」と思わされた時もあったものの、
弱いように見えて、実はすごくたくましい本質は変わらず…。
心配掛けて、かまってもらうだけかまってもらったら、今回も程よく復活した。
やれやれ…。

そんなルナ子に付き合いつつ、地震の余波を客観的に眺めながら思ったことがある。
「生きるって、晴れや雨や嵐や災害や四季を味わう中で、
時に喜んだり、揺れたり、折れたりしながらも、芯の部分でくつろいで、
ゆったり根を生やして、寿命が尽きるまで木や草のように、ただ存在してればいいんだなあ」
ということ。

また、ようやく腹の底から実感として、
「一人一人がドラマの主人公であり、なおかつ、
他の人のドラマの脇役を演じながら生きているのだ」
ということが納得できてきた気がする。
随分昔から、頭ではわかってたことなのに…。

頭で理解することと、腹の底で納得することって、
随分差があるんだなあとつくづく思う今日この頃…。
18 : 24 : 57 | ひとりごと | page top↑
| ホーム |