FC2ブログ
モチベーション
2012 / 08 / 03 ( Fri )
先日、ひょんなことで自分が昔書いた本を読み直すことになった。
そこで気がついたのは、今も昔も行動パターンは
あまり変わってないということ。

なかでも、調子が悪い時に努めて
「楽しいこと。面白いこと。美しいもの。心地よいこと」を見るようにするのは、
かなり年季の入った行動パターンだ。

ところが、同じ行動を取っていても、今と昔では大きく違うことがある。
それは、
「なぜそういう行動をするのか?」
という理由あるいはモチベーション、もしくはそれで得たい結果、
目標…のようなもの。

昔は、
「どうせ行動するなら、完璧にやりたい。立派にやりたい。自分を変えたい。
とことんラクで楽しくなりたい」
という意欲が強すぎるあまり、
「完璧にできているか? 立派になったか? よりよい自分に変われたか?
辛さは完全になくなったか? 」
と過大な結果を求め、理想の結果に辿りつかないことでイライラして、
別の辛さを生みだしていた気がする。

それに比べて、今は、「気に入らないものを無くそう」とも、
「自分を変えよう」とも、「完璧に現状を変えよう」とも、
「立派な行動をしよう」とも思っていない。

ひたすら単純に、
「何も変わらなくてもいいんだー。楽しいこと、素敵なことに少し目を向ければ、
心の中はその分楽になる。ちょっぴりラクになるだけで十分♪ 
ああ、楽しんでニコニコしてる私って好きかもー」
と、その瞬間瞬間に見つけた「楽しいこと。心地よいこと。気持ちいいこと」
を気楽に味わうだけになっている。

ほんのちょっとのスタンスの違いなのだけど、
これだけで心と体のラクさはかなり違う。

昔と今、変わらないようで、見えない部分で随分変わったのだなあ…と
発見した気分だった。
10 : 30 : 38 | 心とからだ | page top↑
| ホーム |