FC2ブログ
ワンコが来た
2012 / 11 / 27 ( Tue )
先月の末から、妹がワンコを飼い始めた。名前は「ゆめ菜」。
柴の女の子。現在、生後4ヶ月半のいたずら盛り。

妹は隣りの家に住んでいるので、私にとっては「スープの冷めない距離」の
隣りのワンコって感じ。
なので、「おばあちゃんの孫育て」か、「姪っ子」という感じの「子育て支援」。
めっちゃ気楽な関係。
&ルナ子の子育て時代を客観的に振り返るすごくいい機会になった。
実は、ルナ子の子育てに関しては、反省ばかりが多いと今まで思っていた。

けれど、今回、「ゆめ」の子育てを通して客観的に振り返ったことで、
「当時の私自身とルナ子の性格、様々な状況を考えたら、
案外、あれはあれでベストだったんだー。
犬の飼い方を知らなかったお蔭で、ルナ子が満喫できた幸せも多々あったのだなあ」
と思うようになった。
なので、妹と「ゆめ」には感謝、感謝だ。

ところで、「ゆめ」はめっちゃおてんばさん&スーパー前向き性格!
「世の中のすべての人は、私のことを「かわいい」と思って、愛してくれる!」
と信じて疑わず、犬嫌いの人だろうが、ヤクザさんだろうが、
子供、老人、全く関係なく、しっぽをフリフリ、愛敬振りまいて寄っていく!

「わ! 犬、怖い!」
と避けられても、めげずに寄って行こうとするし、無視されたり、
あまりのハイパーテンションぶりに相手に逃げ出されたら、さっさと目標転換して、
別のかまってくれそうな人を見つけて愛想を振りまく。
「相手が自分をどう思っているか」
を察知し、相手の顔色をうかがうなんてことは、一切なし!

「私は私が愛したいように世界を愛し、世界に関わる!」
という、超前向きKY犬!

そんな「ゆめ」を見ながら、
「ここまで、KYにはなれないけれど、こんな風に、心の中を「愛」だけでいっぱいにして、
相手がどう出るかに関わらず、「愛」だけを見て暮らせるって、すごく幸せなことかも…。
ゆめを見習う必要あり?」と、考えさせられる今日この頃。

「ゆめ」に習って、とことんすべてを愛してみたいもんだ。
18 : 43 : 38 | ひとりごと | page top↑
| ホーム |