FC2ブログ
スタンス
2012 / 12 / 28 ( Fri )
最近は、「ゆめ」に振り回されながら、忙しく過ごす日々…。
めっちゃワンパク娘なので、あり余った体力を消耗させるために、
老体に鞭打って散歩はランニング!
学校の体育の授業では、何が嫌いって、マラソンほど嫌いなものはなかった私なのに、
「毎朝ランニング」の生活になるなんて…。
人生、どこでどんな展開になるか、わからないものだ…。

「ゆめ」と暮らし始めて、いろいろな発見がある。

「ゆめ」は、ルナちゃんとは対照的。
ルナちゃんは、愛想がなくて、呼ばれても振り向きもしないし、尻尾も振らない。
でも、散歩中、私が人としゃべってる時、おとなしくそばにいて、
人からなでられてもじっとしている。
「ゆめ」は、呼ばれたらすっ飛んで行くし、誰にでも尻尾を振って飛びつき、
ペロペロなめまくる。
そばに人がいたら、じゃれついてしまい、一時たりともじっとしていないし、
甘噛みも激しい。なので、散歩中に道を聞かれても、答えるだけで一苦労…。
そんなハイパーな「ゆめ」の愛情は、けっこう多くの人には「重い」こともあるみたい。
案外、「ルナちゃんの方が好み」という近所の人たちは多そう。

「愛がたくさん満ち溢れている程いい…ってわけじゃないのよね」
なーんて、考えさせられたりする。

さらに、「ゆめ」がハイパーに振る舞った時、近所のおばさま方はニコニコ微笑みながら、
「舐められるの、苦手なのよー」「飛びつかれるとちょっと怖くてね」
などと、さらりと実に上手に「ゆめ」との距離を作られる。
そのスマートな柔らかさには脱帽!!
「ああ、苦手なものがあっても、拒絶するのではなく、この人たちみたいに
サラリと微笑みながら、適度に距離を保つことができるのって、すっごくステキかもー」
と感心させられる。

また、「ゆめ」はケージの中の限られた空間、限られた身の回りの物で、
新しい遊びを開発するのが得意。知育トイの攻略やおもちゃの破壊はお手のもの。
ケージの木枠をきれいに彫刻したり、フェンスにぶら下がってブランコ遊びをしたり、
ダンスを踊ったり、寝床をグルグル回したり、湯たんぽをブーメラン代わりにしたり、
床に敷いてあるクッションフロアーを分解、破壊したり…。
なので、私と妹はひそかに「プロのゲーマー」と呼んでいる。

しかし、遊びがこうじて大変な事態が起こり、絶句することもしばしば。
そのほとんどが全く予測だにしないことだけに、
「なるほど、そういう遊び方もあるのかー」
と妙に感心させられて、ヘロヘロになりながらも、大笑いしてしまう。

ゆめがいるだけで、今までとは全く違った視点の発見に
毎日毎日たくさん出会うことが出来、平凡な日常が新しいものに感じられる。
人生って、自分で変わっていこうとしなくても、
ひょんなことでどんどん変わっていくものだなあと思う。

また、気づくと、
「楽しいことは、さらにパワーアップして楽しく、
大変なことや困ったことや嫌なことの中にも面白みが発見」
という状況になっているので、これまた、
「これからのなかなかいい「新しいスタンス」かも…」
と思ったりもする。

そんなこんなで、あっという間に一年も終わり、今年もあとわずか。
どうぞ、皆さまよいお年を!

テーマ:柴犬 - ジャンル:ペット

09 : 13 : 14 | ひとりごと | page top↑
| ホーム |