FC2ブログ
流れ
2014 / 03 / 29 ( Sat )
人には、自分の意志とは関係なく、流れの中で大きく動かざるをえなくなる時が
来ることがある。

たとえば、震災のために、意図せず生まれ故郷を離れることになり、
今までと全く違った生活を始めざるを得なくなるとか…。

私にとって、今がそういう「時」なのかも…と思う。

最近は、穏やかで変化の少ない平凡な日常のよさに目覚め、
そんな生活を大きく変えるつもりはさらさらなかったのだが…。
周りが大きく変化したことで、自分も動かざるを得なくなった。

たぶん、何年か前の私なら、「動くべきか否か」とか「なぜこんなことに…」とか、
あれこれ考え込んでいたように思う。
でも、今回はストーンと腹に落ちるように、
「ああ、天が「変化する時期が来た」といってるんだなあ…」
と感じ、変化することに迷いがなかった。

それはたぶん、ここ数年の間に、
「未来はこんな風になって欲しい」
との期待が全くなくなり、
「起こることはすべて必要があって起こる。
どんなことも「起こらないようにしよう」と躍起になるのはナンセンス。
起こったことはただ、「何かきっと、未来につながる大切な出来事に違いない」と思い、
その時心と体がベストと思う形で向き合っていけばいい」
とシンプルに思うようになったことも大きいかもしれない。

考え方や生き方が変わったことで、
「若い時のように、夢に向かってエネルギッシュに突進するエネルギー」は
無くなったけれど、
「天や世界のすべてをそのままに信頼して受け入れている」
という、シンプルで静かな心の感覚はとても心地いい。

この先、流れはどんな風に変化し、どんな形に行きつくのかはわからないが、
予想だにしない面白い展開がありそうで、楽しみだ。

まずは、このチャンスに、生活のすべてを一度見直し、
思いっきり断捨離して、新しい一歩を踏み出したいなと思っている。
10 : 07 : 31 | ひとりごと | page top↑
| ホーム |