災い転じて…
2016 / 05 / 05 ( Thu )
研修医を終えたばかりの一時期、熊本の市内に住んでいたことがある。
だから、熊本地震発生直後は、当時世話になった人々のことを強く心に思い浮かべた。

ただ今回は、心配する気持ちよりも、信じる気持ちの方を強く感じた。

たぶん、新潟中越や東日本の地震の時、知人たちがとても逞しくその場を乗り切り、
状況を受け入れ、新しい人生を歩き出すチャンスに変えていっていた姿を
たくさん見てきたからかもしれない。

当時、直接地震の影響を受けた人たちは、「苦しくて大変」という思いだけでなく、
「感動」や「幸福感」や「いろいろな人生の啓示」などもたくさん受け取ったそうだ。
そして、大変な出来事を大きな糧として、それぞれが人生を大きく動かしていった。
そしてまた、そうした人たちを支援することで、
やはり大きく人生が動かされた人もたくさんいた。

そんな人々の姿を通して痛感したのは、
「人々は歴史の中で、いろいろな形で幾多の壊滅的な打撃を受けながらも、
その度に支え合って、不死鳥のように甦ってきた」ということ。
人間の生きる力というのは本当に強い。

だから、きっと今回も、たくさんの人たちがこの出来事をきっかけに、大きく成長し
変化していくに違いない。

辛い出来事はなるべく避けたいと思うのが人心だ。
それでも、人は大変な出来事が起こってしまえば、それはそれで、あきらめて、
しぶしぶ嫌々ながらも受け入れ、それを礎にして、よりよい人生を築ける力を秘めている。

たくさんの人々が、災い転じて、大きな大きな福を掴めますように…。


≪柴犬ゆめ菜日記≫
私は雨の日の散歩が大っっ嫌い!
なぜかっていうと、レインコートを着せられるから!!

「いやいやいやー!! 
 レインコートなんて着ないもんーー!!
 だって、ロボットみたいに動けなくなるし、てるてる坊主みたいでイケてないんだもん!」
と逃げ回るけど、最終的につかまって着せられちゃうのよね…。

さらにさらに、足がびちょびちょに濡れるのもいや!
だから、水たまりができる道はしっかり記憶していて、
ぜーーったいに、雨の日はそこを通らないのよっ。

ただし、雨の日にバックの中に入って、抱っこでお出かけするのだけは楽しいわ。

抱っこで、周りを見ると、見慣れたいつもの道も、違って見えるのよ。
空がすっごく近くなって、地面がずーーーっと遠くなるの!
そして、今まで見えなかったものが、たくさん目に入ってくるのよ♪

「ネコさんや子供たちより、私の方が背が高―――い、気持ちいーい♪
 いろいろな人と目が合って、たーのしいー♪
 わお! 車って、大きなタイヤだと思ってたけど、小さいお家みたいなのね!
 桜や紫陽花やシャクナゲなんかのお花も、抱っこしてもらって初めて見えるのよ。
 姉たちがよく、『お花がきれい』っていうけど、確かにきれい!
 大発見がいーっぱい♪」

視点が変わると、今まで見ていた世界が、全く違った輝きで感じられるわ…♪
こういう楽しいことがあると、雨の日もス・テ・キ♪

10 : 41 : 42 | ひとりごと | page top↑
| ホーム |