学びは続くよ、どこまでも…♪
2016 / 07 / 06 ( Wed )
商売柄&自分の人生哲学の嗜好柄、普通の人よりは、
心と体に優しい生活を追求してきたつもりだったけれど…。
お年頃の身体さんは、「もっとギアチェンジをして欲しいなー」と思っていたらしい。

なんとなんと、突発性難聴にかかってしまった!
症状が軽く、日常生活には問題ないレベルだったのは幸い。

しかし、実際に「患者目線」になって、知らない大病院に行ってみると、
発見することが多い多い…。
病院全体が、広すぎてどこが何だか分からないやら、
今時のハイテク受診システムにはびっくりするやら、
案外、お医者さんや看護師さんの指示の意図がわかりにくいやら…。
見慣れた病院の風景も、視点が変わると本当に違ったことが見えてくるものだ。

そして、何より痛感したのは、やはり患者の立場は弱い!!ってこと…。
いろいろ理解している私でも、医者から「検査や治療は、こうしてこうやって…」
といわれると、ついつい言われるがまま「はい。はい」と返事をして、
フツーの患者さんのようにオロオロした気分&思考回路になるのだから…びっくりだ!

特に考えさせられたのは、
「聴神経腫瘍の可能性もあります」
と言われた時の事。
「そういや、そういう可能性も高いんだった! もしそうなら手術かー! えらいこっちゃ!」
と一応、人並みに十分慌てた。

でも、そこは元ホスピス医。しばらくしたら、我に返り、
「病気って、自分の中の大変を一番引き受けてくれている所。
身体は病気を通して、何か訴えたいことがあるはず。
中でも腫瘍は、半分グレかけた自分自身。グレかけた人ほど、愛情をかけることが必要。
切り捨てて終わりっていうのは、やっぱ違うよなー。
うん! そうだ! 腫瘍であろうが、ただの突発性難聴であろうが、関係ない!
病気は自分の大切な一部! ここでとことん、愛して、ケアして、共に生きてこそ、
今までの生き方を自分の体と人生を通して集大成&体現できるってもんだ!
もう一回、しっかり、人生の後半戦にふさわしい自分に優しい生活を考え直さなくちゃ!」
と思いたつことができた。

でも、普通の人は病気になったからといって、急にそんなところまで考えられないだろう。
そうなると、医者の言葉を鵜呑みにして、右往左往するのは仕方ないことだなあ…と
あらためてつくづく思う。

それにしても…。
いやー、私よりはるかにご年配の方々が、こういう大変かつ、
分かりにくく面倒くさい病院受診&治療をこなしているのかと思うと、あらためて頭が下がる…。
炎天下の中、何時間もかけて毎日通院なんて、それだけで逆にどんどん病気も悪化しそう…。
それに、内服薬の管理なんかも、お年頃の初心者病人にはめちゃ大変!
薬なんて飲み慣れないから、しょっちゅう飲み忘れそうになる。
薬剤師さんが一回ずつ朝昼晩、薬をまとめて分包してくれるっていうのが、
いかに有りがたいシステムなのか、身に染みて痛感するわ…。

ところで…。
片耳だけ不自由になったお蔭で、
「『音が聞こえる』というのは、こんなに素晴らしいことだったのかあ…!!」
ということにもあらためて気づかされた。

それまでは、「ひまわりの向かいの道路の騒音がメチャうるさい」とか、
「家の真裏の工事はうるさい」としょっちゅう思っていた。
でも、よくよく考えてみたら、立場が変わって、地震で家が倒壊した地域に住んでいたとしたら、
「ああ、車の音がする。道路が通って救援物資が来るんだわ。ありがたい!」
「家を建てる音って、『新しい日常が取り戻せる♪』っていう幸せの音ね」
と感じ、騒音とは感じないだろう。

音は音でしかない。
音に「騒音」というレッテルを貼っているのは、自分の心なんだわね~と、
あらためてしみじみ感じたり…。(でも、うるさいものはうるさいけどさ。笑)

なにより、一番痛感したのは、この世の中に溢れている美しい音の数々。
鳥の声、雨だれの音、木の葉の葉ずれの音、せせらぎの流れ…。
聞こえにくくなってみると、すごく素敵な美しい音でこの世の中は溢れていたことに
気が付いた。
こういう幸せな音を意識せず、ありがたみも感じずにいたのは、実に実にもったいなかった!

世の中、大変なものを見ればきりないけれど、
それと同じくらいステキなものもたくさんたくさんある。
どうせ一日を過ごすなら、できるだけステキなもの、美しいもの、
幸せなものに五感と心向け、自分の人生の中に取り込んでいくことに時間を使いたいなあ…
と、今回あらためて痛切に思いなおさせられた。

「大変なこと」は嬉しくはないけれど、「大変」が起こった時には、
必ず、たくさんの大切なことに気づかせられる。
起こることは必然性がある。起こることは起こったままに受け入れ、
新しいスタンスを構築して行こうっと!

テーマ:心と身体 - ジャンル:心と身体

09 : 57 : 50 | 心とからだ | page top↑
| ホーム |