天の仕事
2016 / 12 / 31 ( Sat )
最近、「ひまわり」に来られた何人かの方とお話ししていて、
「本人も気づかないうちに、素晴らしい「天のお仕事」をしている人って
たくさんいるんだなあ…!」
と思わせられることがとても多かった。

「職場で普段通りに仕事をする中で、知らず知らずのうちに
カウンセラーのような役割をして、周りの人の心をほぐしている人」
「出会ったいろいろな人たちの「本人も気づいていないような素晴らしいところ」を見つけ、
感心感動し、褒める人」
「ありがとうという「光る言葉の石」をあちこちに置くことを日々の営みにしている人」
「ドジったり、とぼけたことを言ったり、突拍子もないことをしたりして、
周りを笑わせ、和ませる人」
…などなど。

どれも、お金になるような仕事ではないし、
世間的には「仕事」と認められるようなことではないけれど…。
もし、天に神様がいたとしたら、
「こんな仕事をしてくれる人を、ここやあそこに配置したいな」
と思うような気がする。
こういう人たちは、実は神様から「天の仕事」を任されているのかもしれない。

世間一般の人たちは、目に見える「大活躍」をした人を称賛しがちだけれど、
世の中の片隅でさりげなーく「天の仕事」をしている人ってステキだなーと思う。

来年は、「おっ! こんな天の仕事人がいるのか!」をたくさん発見したい。

ところで、先日、「ひまわり」の窓辺で看板犬をしていたゆめちゃんを相手に、
「こんなことがあってさー」
と呟いている人がいた。

もしかして、ゆめちゃん、私よりカウンセリングのお仕事をしてる?!
しかも、自然体で!
これも「天の仕事」かも…?!
来年はゆめちゃんに給料を支払わなきゃいけないかしらん…?!

皆さま、今年も一年お疲れ様でした。
来年もよい年となられますように…。



≪柴犬ゆめ菜日記≫

朝ご飯の時、にこにこ笑顔で純子姉を見つめていたら、
突然、お口の中に「バター」なるものを一カケ放り込んでくれた♪

こ、これはなに…っ!!
まるで淡雪のようにスッと溶けて、なくなってしまったわ…!
甘くてまろやかで上品な口どけ…。
あとから口の中いっぱいに広がるミルキーな味わい…
大好物のチーズとも全く違う風味!
世の中にこんなおいしいものがあったなんて~~~!!!

もっちろん、翌日から、毎朝バターを要求よ!!

姉の隣りに座り、キラキラ瞳でかわいく要求♪
…二度目のバターは…ないのかしら? (^o^)

でも、姉ったら、バターのことなんて、まるでなかったように完全スルー。
純「ゆめちゃんの瞳があまりにもかわいかったから、
調子に乗ってあげてしまったとはとてもいえない…」

バター、もう一回食べたーーーーい♪

ダメ…?
…ならば、姉の肘に首をのせて、腕ロック! くだされっ♪

でも…だめなの?
じゃあ、悲しげに鳴いてみせるわ! くぅ…ん…、くれないのぉ…ん、くんくん。

…ダメ?
じゃあ、お腹を見せて体をくねらせ、マリリン・モンロー風にセクシーに迫ってみるっ。
あ、あぁ~~ん♪ く・だ・さ・れ…♪

えー! これでも、ダメなの~?!
じゃ、吠えてやるっ! ワンワンワワワン!よこせっっ!

それでもくれないのっ!
だったら、こっちも容赦しないわよっ!
こうなったら、キレてやるっ! 暴れてやるっっ!
ベッドをくわえてブンブン、ぶん回してやるっ! 
床をガリガリ掘ってやるっ!!
鏡をバンバンぶっ叩いてやる~~~っっっ!!!

…ったく、ゆめちゃんのハートに「美味しい」の火をつけておいて放置なんて、
姉は放火魔ですか?
システムの再構築を要求します!
ゆめちゃんの朝食にバターを…っ!!

純「それはバター搾取です!!」
 (逃げ恥パロディ版 ゆめ菜日記でした~)
18 : 40 : 11 | ひとりごと | page top↑
川の流れのように…
2016 / 12 / 07 ( Wed )
「がんばって変わろうとしているけど、なかなか変われない」
という悩みを抱える人は少なくない。

そんな相談を受けた時、こんな風に話すことがある。
「案外、『絶対に変わらないでいよう!』と強く決意していても、
月日の流れの中で周りが変わったために、必然的に変わらざるを得なくなることも多いもの…。
だから、変えられないことはとりあえずそのままにしておくのもアリかも…。
その代わり、「変わらざるを得なくなったら、流れに合わせて変わることにしよう!」
とだけ決意しておく…っていうのはどうかな?」

ちなみに、私にとっての「絶対変えないもの!」は、超ド定番メニューのレシピだった。
ところが、今年の野菜高騰のお蔭でごくごく自然に、
「こんな時はレシピを変えてもいいか…」
という気分になった。

お蔭で、
「このメニューは、白菜の代わりに青梗菜でも似たような味になるわね。
大根を使うのも案外、美味しくて「アリ」ね♪
…なんだか「日常の大変革を実践中」って感じ♪
平凡な日常でも、「大変革」や「大冒険」を体験できるのねー♪」
と新鮮で楽しい気分になった。

困った時には、流れのままに…が一番ラクチンだわね。



≪柴犬ゆめ菜日記≫

スーパーに新米がたくさん出回り始めましたね。
みなさんはもう新米を食べましたか?

私も先日初めて新米をいただきました♪
めっっっちゃうまかったのなんの…♪
明らかに、この間までのご飯と、全く味が違ったのよ。

食べ終わっても、お口の中にお米の甘―い香りが残っているの♪
だから、ずーーーっと、舌をペロペロ出し続けちゃった♪

もっと食べたくて、食事中の姉の腕に顎をのせて、腕ロックを掛け、
キラキラお目目で見つめながらおねだりしてみたわ♪
ダメだった…。

でも、そんなことでメゲる私じゃないわよ。
グイグイと、姉の膝に乗り上げ、腕の隙間をぬって、
テーブルに顎を掛けておねだりしてみたわ。

それでもダメ…。
ええいっ! かくなる上は、実力行使よっ!!!
くるりと踵をかえして食卓を離れ自分の食器の所へ行き、お皿をガンガン叩いて、
「もっと入れろ~!!おいしかった~!もっとよこせー!!」
と断固要求!

…にもかかわらず、姉ったら、
「昭和の子どもが茶碗を箸で叩いて、「おかわり♪おかわり♪」と騒ぐ姿のようね…」
って、へらへら笑いながら、自分ばっかりいっぱい新米食べてるのよ!!
超ムカつき~~!

普段、姉は、
「いまだかつて、ゆめちゃん以上に、私の料理をこんなにも褒めてくれた存在はいなかったわー。
なんだかめっちゃ料理上手になった気分…。
なんて作りがいがあるのかしら♪
家事やっててよかったー! しあわせ…♪」
とか言ってるくせに…。

だったら、幸せをたくさん分け与えている喜び上手のゆめちゃんに、
一番たくさん手料理を食べさせろよー!!

特に、炊き込みご飯、おこわ、さつまいも、かぼちゃ、スイーツは大大大歓迎なんだからねー!!
土鍋いっぱいのご飯をぜーーーんぶゆめちゃんに下され~~~♪
よこせ、よこせ~~~!

純 「そんなことしたらおデブになっちゃうよ。食事制限するのも「愛」なんだよ」
ゆめ「そんな愛、いらなーい!
   …ところで、昨日の新米は前回ほどおいしくなかったよ!
   水加減が悪かったんじゃない?
   私は『ちょっと柔らかめで、むっちりねっとり』の炊き方が好きなんだから…。
   そこんとこ、よろしくね!」
純 「ほんっっと、味に厳しいわね…(苦笑)」

19 : 53 : 52 | 心とからだ | page top↑
| ホーム |