FC2ブログ
天任せ
2019 / 12 / 13 ( Fri )
何かと慌ただしく、忙しく、過ごしているうちに、
あっという間にもうすぐクリスマス&年越し!

今年はなんだかいろいろなことが硬直状態で、
思うように動かない(動けない?)まま終わった感じ。

それでも、
「まあ、そんな年もあるさ。
 それでも、多少なりと新しい体験ができたから、それでよし!」
と思えていることが一番の良かったこと?

ところで…。
それなりのお年頃になってきたせいか、
「終活」「相続」といった話題が周りに増えてきた。

こうしたことは、複雑な問題として、難しく考えようと思ったら、
どんどん複雑で難しい問題にもできるけど…。

私としては、
「ま、なるようになるさ…でいいんじゃね?」
と思ってしまう。

仕事柄、若い頃は、
「人間、最後は必ず何かの形で死ななければならない。
 ならば、がんって病気は、いろいろなことを整理して
 人生を締めくくれるから、なかなかいい選択肢かも…」
と思っていた。

でも、この年になってきたら、
「案外、災害とか事故とかで跡形もなく「サヨナラ」
 っていうのも、その瞬間だけは怖いかもしれないけど、
 潔いし、救命やDNA鑑定や埋葬の手間が省けて、すごくいいかも♡」
…なーんて思うようにもなってきた。

まあ、残される人たちは複雑な気持ちかもしれないけど…。
でも、
「あの人は理想の旅立ちが出来たんだね」
と思ってもらえたらメチャ感謝…って感じ?

…というくらい腹を据えて、
「何が起こっても起こるままでいい。
 起こることは天任せ。起こることが必要なこと」
と思っていると、日々をとても気楽に過ごせる。

なにしろ、苦しいことのほとんどは、
「未来」を心配し過ぎているか、
「過去」を見てグルグルしているか、
「心の中の妄想」を見続けているか…だからね~。

「妄想」や「空想」など、「あれこれ考えること」は、
上手く楽しめば、とても面白い「ゲーム」や「娯楽」になってくれる。
でも、それで苦しんで生活に支障をきたしたら本末転倒。

若い時には、いろいろな未来をあれこれ想像するのも
人生の経験の一部だったけど、
今になって、歩いてきた道を振り返ってみると
「起こったことが、長い目で見たら必要で、経験すべきことだった」
としみじみ思う。

確かに、「大変な渦中」にいる時はものすごく辛くて、
納得できないことも多々あったけれど、
「ああなるほど、これがこんな風に複雑に絡み合って、
 あっちにも、こっちにもやっぱり必要な出来事だったのね。
 大変な事ほど、すべてちゃんと人生にとってすごく役立ってた!」
と感じる。

ついでに、お金や持ち物についても、
「生きている間に、気持ちよく暮らすためのツール。
 その人が送りたい人生ストーリーに応じて、
 天から仮に与えられているもの」
と経験の中で実感した。

だから、たとえもし、いろいろなものを失うことがあったとしても、
「この「大変」をとことん味わい、そこから何かを得るぞ!」
と言い切る覚悟さえあれば、きっと人生は必ずいい方に転じられるに違いない。

なにしろ昭和の戦争を経験した日本人たちは、
あんな焼け野原の何もないところから、
何十年かでここまで発展してこられたんだもの…
それより豊かな今の時代、たいがいのことは、なんとかなるさ~!

人生、ここまで歩いてきて実感することは、
「人生に起こったことが、自分が経験する必要のあること(最善のこと)」
という呪文を自分に言い続けることが
「自分を良き未来へと導くツール」
…って感じ?

今年も一年、お疲れさまでした。
来年が皆様にとって、充実した実りある年になりますように…。


16 : 47 : 35 | 未分類 | page top↑
| ホーム |