FC2ブログ
仏様の掌の上
2008 / 09 / 15 ( Mon )
妹の周りでは、今月、不可抗力な出来事がいくつも勃発。懇意にしているガラス卸業者の閉店に続いて、お教室の会場が使えなくなる…などなど。でも、彼女は落ち込むこともなく、
「丁度、新しい方向に進もうかと、漠然と考えていたところだから、神様が後押しをしてくれたんだと思うことにするわ!」
とキッパリ言って、さっさと次の方向へ切り替え始めた。

我が妹ながら、その切り替えのすごさに感服し、しみじみ、
「こういう対応ができるのが、「流れにうまく乗っている人」なんだろうなあ」
とあらためて、客観的に実感した。

ちなみは、今月は福田首相の辞任宣言よろしく、私の周りでも「辞職、転職、切り替え」などの動きが激しい。
中でも驚いたのは、知人の大親友が妻子を残して、数年間のチベット修行に出かけたこと!
独身女性の知人には、そういうことを身軽にやる人はいっぱいいるけれど、働き盛りで妻と小さい子がいて、そういう選択をするってすごく勇気がいる。
人間、いくつになっても、新たな人生を歩くことができるんだなあと痛感した。

そして、今月、一番感動、共感したのは妹の実体験から出た一言。
「世間では、引き寄せの法則だ、なんだかんだっていうけど、自分の努力で何とかなることなんて、本当はたかがしれているのかもね。
好むと好まざるとにかかわらず、最終的には、天の流れには絶対に逆らえない。でも、逆に、天の流れに乗っていれば、ジタバタしなくても、ちゃんと一番いい方向に導かれるんだね」

本当にそうだ。
受験だ、就職だという時期に、大人たちからさんざん「成せば成る」と、教えられてきたけれど、「成せば成る」のは「仏様の掌の上」の範囲内でのこと。
所詮、私達は神様、仏様の掌の上で踊らされているだけなのかもしれない。
だったら、逆に、
「何かあったら、神様、仏様がなんとかしてくれるさ」
と、安心して心をゆだねて、楽しく面白おかしく掌の上で精一杯踊ることに専念できれば十分かもね。
12 : 04 : 32 | ひとりごと | page top↑
| ホーム |