FC2ブログ
立春
2009 / 02 / 06 ( Fri )
 立春を過ぎて、暦上の春。新年。

 私自身は相変わらず…の生活だけれど、周りの流れはかなり慌ただしい感じ。

 先日も、確定申告のついでに会計士さんと話をしていて、
「時代の大きな変わり目が来ていますよね。企業や病院の崩壊も、時代の変化には必
要不可欠で重要なチャンスかも…」
 という話で盛り上がった。あらためて、企業家や経営者の中には、流れに敏感な人
が多いんだなあと実感。

 川の流れを大きく変えたり、土地の形状を変えたり、住む人を強制移動させたりす
るのに「大地震」が役立つように、「人生」も変わっていく時には、「揺れ」が必要
不可欠なのかも…と、最近しみじみ実感する。
 でも、「大地震」だと危険にさらされやすいから、何カ月か毎に小さな揺れがあっ
て、その度に少しずつ新しい方向に修正されていくのかもね。

 ところで、映画「禅ZEN」を見に行った。 ある意味、虚構の世界の方が、現実より
「本物」に近いかも…と感じるくらい、かなり本質的で、よく出来た映画だった。勘
太郎君も若いのによくぞあそこまで演じ切ったなあ…という感じ。

 また、最近ようやく刊行された「ガラスの仮面43巻」も、ある意味「禅ZEN」の映
画と似た世界観を描いている。
 時代がそういう作品を求めているのかな…。
20 : 16 : 54 | ひとりごと | page top↑
| ホーム |