FC2ブログ
ドラマはすごい?!
2009 / 11 / 29 ( Sun )
なんだか11月は慌ただしかった。
とりたてて書くこともないので、安直にドラマの話。

先日、ドラマの影響力の凄さを妙な形で痛感。
都内某所で怪我人に遭遇。傷を観察しながら、
「あー、パックリ切れちゃいましたねー! でも、絆創膏があれば応急処置できるかな?」
と、のどかにつぶやいてたら、

「何バカなこと言ってるですか! こんなひどい傷なのに! 救急車呼ばなくちゃ」
と金切り声が飛んできた。周囲の人々は明らかに、
「ほっといたら、死んじゃうかも?!」
という感じのちょっとしたパニック状態!

確かに大出血だけど、なぜこの騒ぎ???…と思ったら、なんてことはない…
怪我の状況が、ドラマ「JIN」の話とそっくりだったのだ!

仕方ないので、
「あの、私、外科医です(元…だけどね)」
と嘘じゃないけど、ホントでもないことをいって、絆創膏で処置。
パックリ傷が開いていても、動脈が切れてなければ(簡単には切れないって! 
あれはドラマよ、ドラマ!)、絆創膏のビニールを縫合糸代わりに使って治せるのだ!

周りの人々はまだ不安そうだったけど、幸い(?)ケガした本人は、「JIN」を見てなかったらしく、
「心配なら外科に行って縫ってもいいけど、3日絆創膏を外さなければ、傷はくっつくから」
と説明したら、安心してた。

いやー、テレビの影響力ってすごい!
でも、どうせなら、いい影響力だとありがたいよね。

ところで、ドラマといえば「小公女セイラ」が何気ですごい!
役回りは、「いじめ役」「良い役」「両方を客観視する役」と、徹底的にくっきり
はっきり分かれているのだけれど、「なぜ彼らがそう行動するのか?」という理由も
それぞれ描かれている。なので「なるほど…確かに、すべての立場に一理ある!」と
思わせられるのだ。

たとえば、大富豪から下働きに転落した主人公が、
「私ってなんて不幸…」
と落ち込んでいる時に、下働き仲間から、
「そう言われちゃったら、その「不幸な暮らし」しか経験してない私達はどうなるのさ!」
と突っ込みが入って、いじめられる…という感じ。

また、よい子キャラがよいことをすればするほど、
「これって弱い子から見たら、イジメじゃん! 本人も周りもいじめてるつもりはないのに、
結果的にイジメになってるところは、救いようがないよ!」
と感じられ、よい子がすごく憎たらしく見える話まで出てくる!

さらには、怒っていじわるばかりしているホワイト家のお母さん(樋口可奈子、
小説のミンチン先生役)が回を重ねるごとに、とーってもかわいくて、
けな気に見えてくるから不思議…♪
すべてのキャラに対して「誰しも利点欠点がある。
人間ってみんな、愛しいよね」という視線が注がれているからかな?

イジメの問題をこれだけ明るく楽しく、しかも皮肉りながら、「原因と解決策」を
はっきり提示した作品って、そうそうないんじゃないかな?

「そっかー、世の中に一石を投じるのに、こういう方法もあるのかー」
とひたすら感心!
メインキャスト以外は演技力が乏しく、学芸会の延長になりがちな中、ここまで本質
を表現できるなんて、脚本家と監督はかなりすごい!

はてさて、原作の結末はそのままに、どうやってこのいじめドラマに終止符が打たれ
るのか、ちょっと楽しみ♪
23 : 21 : 16 | ひとりごと | page top↑
| ホーム |