FC2ブログ
お知らせ、受験
2010 / 09 / 28 ( Tue )
(お知らせ)

ひまわりクリニック閉院後は、カウンセリング機能を残した「サロン、談話室」
のような場所に…と考えております。
ただ、今後の方向性が私自身も全く(ホントのホントに!)見えない現状なので、
具体的な運営方針をアップすることができません。
もう少し先の見通しが立ったら、具体的な方向性をアップしたいと考えております。

*******************

(受験)

最近、大学を受験した頃のことを、ふと思い出す。
 
高校3年の夏から、真剣に、「医学部に行くべきか、演劇の道を選ぶべきか」
迷いに迷っていた。

結局、我が家の方針が「絶対、浪人も私立大も不可」だったのを逆手にとり、
「国立医大1本勝負! 落ちたら劇団に入る! 医者になる運命なら受かるし、
演劇に進む運命なら落ちる! 天が決めたことを受け入れるだけ!」
 と決めて、不安になると自分に日々言い聞かせて過ごした。

とはいえ、受験が終わって結果が出るまでは、不安とおさらばできたわけではない。
いわゆる過敏性大腸症で、電車に乗る時と試験前後は、下痢と便秘に悩まされて、
まともに受験ができるのかさえ、相当不安な状態だった。

 でも、
「あーだったら、どうしよう。こーだったらどうしよう」
と、「起こってもいない未来」にめくるめく妄想を馳せて、貴重な時間を費やした揚句、
落ち込んで気力を失っては元も子もないし、「期待する未来」がある以上、
「こうならなかったらどうしよう」
という不安は、未来が現実になるまで続くわけで…。

「受験が終わるまで、不安は続くし、下痢と便秘も続く。それは仕方ないよね。
 でも、受験が終わったら、少なくとも不安と症状はなくなるかもしれないから…」
と、これまた腹を括って、「不安」と「不調」を当然のこととして受け入れることにした。

振り返ってみるに、当時の私の行動は、今の私から見ても「なかなか、すごかった!」と思う。

「きちんと「不安な自分」に説明だけして、「不安な自分」と戦ったり癒そうとしたりせず、
そのまま受け入れて、横に置いてなるべく見ないようにする。
「起こったことが人生に必要なベストのこと」と思い切り(信じ…ではなく)、真直ぐ、
素直に、淡々ひたひたと日々を歩いて行く…」

 そういう生き方が、一番力強い生き方かもしれないなあ…とあらためて思う。
「不安」以外でも、「絶望」「辛さ」「寂しさ」「悲しさ」「苦しさ」…etc、
何の感情でも同じことが当てはまる。

ついでに、「信じよう!」と強く思う時って、その裏に「疑い」が色濃く出てくる気がする。
だから、「信じる」よりも、ただ「思う」の方が、実は静かだけれど力強い。

ついつい、「物事も人生も、必要以上にあれこれと深読みして、起こってないことまで
徹底的にあれこれ想像して、グルグルしてしまう癖」のある私だけれど…。
「疑うこと」は、「深み」と「複雑さ」を人生に加えるけれど、「シンプルさ」からは
遠ざけてしまう気がする。
深読みが楽しいなら、心ゆくまでやればいい。
でも、楽しくない時は、真直ぐ「今と向き合うこと」だけに専念したい。

 「シンプルに楽しく心地よく過ごすコツ」は、言い古されたことではあるけれど、
「すべてありのままを素直に受け入れること」なんだなあと、あらためて思う。
 でも、その「シンプルなこと」がなかなかできなくて、人はあれ来れ右往左往しながら、い
ろいろな体験を重ねるのかもしれない。

 自分も、人も、人生も、
「すべての人はベストを尽くして生きている。すべては必ずいい形に納まる。
起こったことが必要でベストなこと」
と真直ぐ、素直に、静かにひたひたと思っていられる自分でありたいなあ…と思う
今日この頃…。
07 : 36 : 11 | ひとりごと | page top↑
| ホーム |