FC2ブログ
酔芙蓉
2006 / 10 / 14 ( Sat )
横浜の病院の近くの家に、大きな酔芙蓉の木がある。朝、通勤途中で見かける時には、一点の曇りもない純白の花なのだが、夕方帰路につく頃には、見事な艶のあるピンク色に変わっている。いつも、
「どんな風にピンク色に変わっていくのだろう」
と興味深々だったのだが、いかんせん仕事があるため、色が変わっていく様は一度も見たことがなかった。

ところが、先日、酔芙蓉の鉢を頂戴した。
しかも、丁度花が咲いたところ。お蔭で、時々刻々と色が変わっていく様を一日眺めることができた。
縁からほんのりと少しずつ淡いピンク色に色づいていく様には、本当に自然の不思議な力強さを感じさせられた。

花を一日眺めていて、思わず、
「この花って、純粋で可憐でありながら、強い自己主張は全くないよなあ。しかも、密やかで、強風に吹き飛ばされてしまいそうな儚さがあるのに、艶やかに変化していく様子は力強い美しさを感じる…。この花を舞で表現できたらいいなあ。
来年は、花の精の役でも舞ってみるかな」
と、夢が膨らんできた。

酔芙蓉さん、しばしの夢をありがとう!
00 : 35 : 39 | ひとりごと | page top↑
| ホーム |