FC2ブログ
陰陽
2010 / 11 / 25 ( Thu )
先日、TVでピーターさんの日常に密着取材する番組を見た。

「ピーターさんって、男とか女とかを超越していて、すごく自然体。
どういうスタンスで生きている人なんだろう」
と思っていたけれど、番組を見て、少し謎が解けた気がする。

「吉村流の舞踊の家に生まれて、3歳の時から女形を演じていたから、
女の格好をすることに罪悪感がなかった。男とか女とか、別になんだっていい。
単に、ピーターという生き物でいいじゃない? 
私は「自分が一番心地いい、楽しい姿」でいるだけ」なのだとか。

「なるほど、自分の中に葛藤がないから、いわゆるニューハーフの人たちと違って自然体なのか」
 と納得した。

自分の中に陰陽、男女を併せ持ってバランスが取れており、
自分の中ですべてが充足している状態というのは、なかなかステキだ。
歌舞伎の板東玉三郎さんなども、そういう生き方に近いように感じる。

そういえば、私も中学生の頃までは、
「なぜ、私は女として生きているのか。生きるには、男の方が得だったりしないのか」
とよく考えた。

でも、あまり長く悩むことなく、
「女であるのは変えられない事実。
ならば、「女」である方が都合のいい人生を歩きたかったんだろう。
この先は「女で得した。やはり、女に生まれてよかった」と思えるような生き方を選択していこう」
と決めた。

 お陰で、男だったら縛られたであろう「世間体、社会的地位、出世、家族、高収入、
プライド…など」に左右されず、自由にアウトローな生き方ができた。
本当に女に生まれてよかったと思う。

 その後しばらくしてからは、日々の生活や人生で迷った時には、
「どっちが後悔しないか」「どっちの生き方をしている自分が好きか」と選ぶようになった。
 お蔭で、年を経るごとにどんどん自分が好きになっていったのは、とても嬉しいことだ。

 ちなみに今年は、他人から見たら、相当吉凶混ぜこぜのハードな出来事が多かったのだけれど、
今の私を創るには、どれも不可欠な出来事だったし、私にはとても面白い体験だった。
そして、「去年の私」より、やはり「今の私」の方が私はだんぜん大好きだ。
 だから、やっぱり、今年の出来事はどれも体験できてよかったなあと、
過ぎ去ってみると思う(渦中にいた時はそんな余裕なかったけどね)。

 ま、人生なんて案外そんなもんかもね。
16 : 35 : 38 | ひとりごと | page top↑
| ホーム |