FC2ブログ
酔芙蓉 その2
2006 / 10 / 28 ( Sat )
先日、花に詳しい知人に「酔芙蓉をいただいた」と話したところ、
「あの花は人の心に応えるのよ」
と教えてくれた。
半信半疑ながらも、「そんなもの?」と、花にいろいろ話し掛けてみて驚いた!

まず、一つ目の花が咲き終わった後に、
「萎れた花もかわいいけれど、これが残っていると、他の蕾に栄養がいかなくなっちゃうかなあ」
とつぶやいたのだ。すると、1時間後には萎れた花がボトンと落ちてしまった!

次に花が咲いた時には、
「家族に花の色が変るところを見せたいけれど、15時まで用事で出かけてしまうの。ゆっくり変わってくれるといいんだけど…」
とつぶやいてみた。すると、本当に15時になって色が変わり始めた。

そして、花が萎れた後、再び、
「他の蕾に栄養を分けてあげたいから、萎れた花を切るよ。エネルギーを引っ込めてね」
と話し掛けて、鋏を取りに行って戻ってみた。
「なんだか、さっきより、花が縮んだような気がするけど…。気のせいかな」
と思いつつも、萎れた花をちょんと切ったら、ものの2秒で、今までの美しい花びらはどこへやら!見る影もなく縮んで枯れてしまったのだ!

さらに、次に咲いた花には、
「近所のYさんに見せてさしあげたかったなあ。明日だったら、見せてあげられたのに…。一晩で萎れちゃうから、無理だわね」
とつぶやいてみた。すると、夜になっても色が変わらず白いまま! 翌朝も、ピンクに変わった姿で咲きつづけており、お隣りのYさんに見ていただいた1時間後、萎れてしまった!

さらにさらに、
「明後日、Aさんが来た時に、花を見せたいけれど、この固い蕾じゃ、明後日は無理ね」
といったら、本当に明後日には咲いたのだ!

こんな不思議なことが連続して起こると、
「やっぱり、本当に心が伝わるのねえ」
と信じたくなる。

結局、この不思議な花の虜になってしまった私は、どうしてもこの花を舞で表現してみたくなり、
「来年のお能の会では、ぜひ、花の精の役で「序の舞」を舞わせてください!」
と師匠におねだりをした。
さすがに、「酔芙蓉」という曲はないので、「杜若(かきつばた)」という曲を酔芙蓉だと思って舞ってみるつもり。杜若と酔芙蓉じゃ、全然似ても似つかないけれど、それはまあ、ご愛嬌。

実は、私は杜若の花はあまり好きじゃない。「杜若って、好きじゃないのよ」と思いながら舞うのは自分も辛いし、見てる方も面白くないだろう。だから、「杜若」という曲を舞台で舞うつもりは、今まで全くなかった。
でも、全く違う花のイメージであっても、「大好きなきれいな花」を想像しながら舞えば、私自身もも見ている観客も楽しいに違いない。
それにきっと、「この人は、杜若とは似ても似つかない花をイメージしながら舞っている」と気がつく人はそうそういないだろう。逆に、気づく人がいるかどうか、試してみるのも一興だ(でも、師匠にはバレそうだ…)。…なんて考えていると、とっても楽しい今日この頃だ。

ところで…。
お能のお稽古といえば、我が師匠はものすごーーーく厳しいことで有名な能楽師だ。たとえ、素人といえど、一切の妥協は許されない。お稽古では徹底的にダメ出しをされる。
なので、さすがの私もへこたれてしまうことがある。そんな時には、昔TVで見た「アタックNo.1」のワンシーンが頭に浮かび、主題歌の替え歌が頭の中を流れ出す。

『ダメだ、ダメだ!!鮎原、何やっている!そんなことで、インターハイが勝ち残れると思っているのか!やる気がないなら、出ていけっ!』
『コーチ!もう一回、お願いします!!』
♪苦しくったって~、悲しくったって~、舞台の上では、平気―なの♪

…たぶん、学生の頃だったら、こういうスパルタレッスンの方が苦しいけど楽しくて、充実感や生きている実感が感じられて、素直に、
「ああ、充実した稽古ができたー!満足―!」
と思ったに違いない。でも、さすがに、齢を重ねた今だと、そんなことも言ってられない。かといって、他のお稽古事では学べない貴重な体験ができるので、辞めるのも惜しい。

「なんとか、もう少し楽しくお稽古を受ける方法がないかな」
と考えていて、先日、ハタと思いついた。

「そうだ♪ 
『ダメ!』『違います!』『できてない!』『どうしてそうなるんですか!』と言われた言葉は、全部『北朝鮮語』だと思うことにしよう♪

北朝鮮放送のナレーションって、すごくきついニュアンスに聞こえるけど、日本語に翻訳されてみると、『そういう内容だったのか。怒ってたわけじゃないんだ』と思ったりする。『あの喋り方が、北朝鮮っぽさよ』と言われれば、『そんなもんかな』とも思う。
同じように、普段は意識していないけれど、個人個人の職業とか、家柄とか、性格で、『医者っぽい喋り方や言葉』『教師っぽい喋り方や言葉』『皇室っぽい喋り方や言葉』などなど、独特のニュアンスの喋り方と言葉の使い方をしているものだ、

だから、私好みじゃない喋り方や言葉を聞いた時は、自分流に翻訳しちゃえばいいんだ♪ たとえば、『天使語(天使の言葉ってことね)』に翻訳したらば、ステキかも♪

例えば、『ダメ!』『できてない!』は、『天使語』に訳すと、『もっともっとあなたは輝けるわ!』『あなたにはものすごい可能性があるのよ、大丈夫』ってことよね♪」

なーんて調子で、お稽古のご注意の言葉を片っ端から翻訳し始めたら、めちゃくちゃ楽しくなってきた。
「そうか、そうか! 師匠は、
『まだまだ、美しく舞える! もっと輝いた舞ができる! あなたの実力はこんなところ止まりじゃない。もっともっと伸びる!』
って、言ってくれているのかあ。
うーん、私ってば、そんな才能があるんだー♪ マジで、私の中にそんなに素晴らしく輝ける可能性が眠っているのー?!
そっかー、こんなにも師匠は私の才能と可能性を買ってくれてたのねー♪(ホントかー。笑) うーん、すっごく嬉しい!!ありがたいなあ!!感激!!」
と幸せいっぱいになってきて、すっかり頬が緩みっぱなしで、ニマニマ笑いが止まらなくなってしまった。

やったあ! この方法はイケる♪
今度から、嫌な言葉、困った言葉、辛い言葉を聞いたら、全―部、天使語に翻訳しようっと!
酔芙蓉 その1

酔芙蓉 その2

酔芙蓉 その3

酔芙蓉 その4

酔芙蓉 その5

11 : 05 : 53 | ひとりごと | page top↑
| ホーム |