FC2ブログ
地震
2011 / 03 / 15 ( Tue )
ご心配をいただいた皆さん、ありがとうございます。
当方、被害はありません。
ただ、輪番停電の実施予定によっては電話が通じなくなることがございます。
なにとぞご了承、ご協力くださいませ。

********************
今回の地震では、本当にいろいろなことを考えさせられた。

揺れている最中、
「ああ、とうとう大震災がきた。まあ、死ぬ時は死ぬんだから、仕方ないとして…。
幸運にも落ち着いたらどう動くか」
と考えて、「自分にとって何が一番大切か」を再確認したことから始まり…。

「食事をして、布団で眠れるって、どんなに幸せなことか」
「誰かに看取られて、葬儀をあげて、お墓にお骨が納められるって恵まれているんだ」とか、
普段「普通」と思っていることを、さらに実感を持って「幸せなことだ」と再確認できたり…。

ぎちぎちに詰まっている本棚より、整然と余裕を持って並べられている本棚や、
軽いものの方が落ちやすく壊れやすいんだなあ…と知ったり…。
一戸建てに比べて、高層建築は相当揺れるんだなあ…と納得したり。

津波が来ているのに携帯で映像を撮っていて巻き込まれたり、
物資が不足しているのに普段と同じように生活しようとしたり…と、
かなり危機に陥っても、日常のパターンをキープしようとする人や、
状況や立場を理解できない人って多いんだなあ…と、
あらためて認識させられたり…。

「大切なものは、人より財産」って考えの人も多いし、
「こんな状況下でも自分の利益だけを考えたり、
不幸を面白い映画のように見ている人もいる」と、
あらためて実感する事実を目の当たりにしたり、
「家族なのに、丸2日連絡がつかなくても、あまり心配しない人もいる」
という実例を見聞きしたりすると、
「大切な人を心に描いて、心配をしたりされたりできる人生…というだけでも、
すごく幸せなんだなあ…」
と思ったり…。

政治家や会社のお偉いさんたちは、こんな非常事態でもおバカで無駄な会議をやって、
どうでもいい資料を揃えたり、体裁を整えることなどにこだわって、
本質を見失ってるんだなあ…とか。

テレビの野次馬根性の報道はやめて、情報を一か所にまとめ、放送も1-2局に絞り、
あまった野次馬根性エネルギーで被災地に物資を運搬したり、
救助活動したりすればいいのに…とか。

思うことは切りがないけれど…。
ともかく、「もののけ姫」の映画じゃないが、起こってしまったことは取り返しがつかない。
でも、せめてせめて、失った命を胸に刻んで、
これから新たに立て直す世界がいい形になるように考えたい。

崩壊した日本を救うことで、世界が平和に向かって一つになる…とか。
大変な立場が身を持ってわかるようになり、相互扶助の心がいきわたる…とか。
原子力エネルギーを手放して、太陽光発電が中心になる…とか。
不眠不休不夜城のような商業施設が、田舎や昔のように日中中心の営業になる…とか。
食品の無駄な廃棄がなくなる…とか。

この地震は、社会全体が人にも地球にも優しいエコな生き方に変わっていく
チャンスになるだろうし、新しい時代への変化を加速させる気がする。
…というか、そうすることが、生き延びている人の役割かな…とも思う。


…余談…

友人曰く、
「今度の地震は、「愛の真価」が問われたような気がする!
 誰が本当の愛を持っていて、誰がうわべだけの関係で、
誰が何を大切にしてるのかがよーくわかった!
 ○ちゃんは、この地震でとうとうダンナに見切りをつけて、
離婚することにしたって!」

愛の真価…ね。
地震を機会に変わっていく人間関係って、いっぱいあるんだろうなあ…。
21 : 05 : 28 | 未分類 | page top↑
| ホーム |