FC2ブログ
優先順位
2011 / 03 / 24 ( Thu )
東京都の水道水から基準値以上の放射性ヨウ素が検出されてから、
あっという間にミネラルウォーターが店という店から姿を消した。
本当に必要としている乳幼児のいる家庭にミネラルウォーターが
届かないのでは…と心配だ。

でもまあ、かくいう私も、原発被害のニュースを聞いた当初から、
すでにこういう事態になるとは予想して、
「嫌だなあ、困ったなあ、気をつけないと大変なことになるぞー」
と思っていたし、汚染された水や食品を口にすることには抵抗だってある。
だから、ましてや今時の
「なにはともあれ徹底的に安全志向に走りたがる一般人」が怖がるのは無理もないと思う。

でもでも、医療知識を活用して客観的によくよく考えてみると、検出されているのが
放射性ヨウ素なら、大人にとってはそんなに危険ではない。

まず、甲状腺以外の他の細胞はあまりヨウ素を必要としない。
だから、吸収されたヨウ素はほとんど甲状腺に集まる。
しかも、何日かすれば排出されてしまう。
だから、甲状腺以外には影響が出にくい。
 
しかも、放射線は、分裂する細胞への影響が一番大きい。
分裂する時に放射線のせいでDNAが切れて、間違った細胞が作られたり、
細胞が作れなくなったりすることが、一番大きな害なのだ。
逆にいうと、細胞が分裂していない時には、影響は低くなる。
だから、甲状腺が成長し切ってしまって、ほとんど分裂しない大人には
影響が出にくい…というわけ。

まあ、万が一、ものすごーーーく長い時間被ばくして(今の量なら、
あり得ないけど)、ガンが出たとしても、
甲状腺ガンはとても性質がいいことが多いので治りやすいし、
たとえ転移したとしても10-20年生きる人もざらにいる。
だから、大人にはあまり心配はない。
(ついでに、私流に言わせてもらえば、そもそも「ガンになる理由(必要性)」がなきゃ、
そう簡単にはガンにはならないって!)

それでも心配なら、ヨウ素をいっぱい含んだ食品(海藻とか)を
つとめて食べるようにすればいい。
放射性ヨウ素の吸収を完全に防げるわけじゃないけど、かなり吸収率は落ちるはずだ。
要は、
「必要以上のビタミンB1を取っても、吸収されずにおしっこに流れちゃうよー」
という原理と同じ。

ちなみに、病院では放射性ヨウ素を使った検査をすることがあるんだけど、その時、
「検査の数日前からヨウ素を含んだ食品を食べないこと」という注意をしている。
体の方が普通のヨウ素で満たされているか、消化管を流れるヨウ素の絶対量が
普通の方が多ければ、放射性ヨウ素は体内に取り込まれにくい…というわけ(だから、
被曝した人にヨウ素を飲ませているわけだねー)。
 
 ただ、乳幼児は体全体がまさに発達成長途上にあり、
体中すべての細胞がどんどん分裂している。
しかも、生後5カ月までは食のすべてが「ミルク」だもんね。
(大人が飲む水の量なんて、一日の食事の中の何分の一にもならないだろうけど…)

だから、一番にミネラルウォーターを回してあげないといけないのは、
乳幼児と授乳中のお母さんだろう。
授乳中のおかあさんは、牛のお乳からヨウ素が出たのと同じ原理で、
食べ物飲み物から大量に摂取すると、本人に影響はなくても、
分泌物である母乳には濃くなって出てくる可能性があるからねー。
むしろ、妊婦さん以上に問題があるかも…(胎児は、ある程度不要なものは胎盤でろ
過されるだろうから…)。

ともかく、優先順位を考えて、本当に必要な所にお水は回してあげたいもんだ。

綾小路きみまろ流にいえば、
「ちょっとそこの中高年の皆さーん。残念でしたー!
どーんなに若作りしたって、水道水に影響されるほどに、あなたの体は若くないのよん。
だから、安心して大丈夫!買い占めたミネラルウォーターは、
隣りの家の本当に若いぴちぴちのベイビーにわけてあげましょうねー」
って感じ?

でも、年配の方々の感心するような言葉も聞く。
「私達は先行きそんなに長いわけじゃない。
だから、少々放射線を浴びたって、影響が出る頃には寿命が尽きるに違いない。
前途ある若い人たちを特攻隊のようにがんばらせるのではなく、志
ある元現役の年寄りが危険な作業に携わってもいいんじゃないか」

かっこいいなーと思った。
私も年をとるなら、こんなスマートなことが言える年寄りになりたい。
23 : 35 : 36 | ひとりごと | page top↑
| ホーム |