FC2ブログ
ツイてる?
2011 / 06 / 26 ( Sun )
ここ最近、愛犬ルナ子が絶不調。

徘徊しながらウンコを漏らすものだから、床も本人(本犬?)も、
粘土を塗りたくったようにウンコだらけに…。

生活スペースを変えてしまうと、ルナ子の性格と痴呆のダブルパンチで
パニックになるため、今までは、時々お漏らしをしても「仕方ない」と、
通常通り「リビング、廊下、玄関」で過ごさせていた。
でも、これだけ連日ウンコにまみれまくると、「通常通り」は限界!
本当なら、オムツの一つも充てたいところ。
でも、さらに凶暴になって、おむつをかじって食べそうで危険なので、これも却下。

まあ幸い、痴呆が進んで、最近ではどこにいるのかがわからなくなりつつあるので、
試しにケージに入れてみようということになった。
果たして、うまく慣れてくれるものやら…。

ちなみに、最初に、ウンコ粘土でまっ茶色にベットリ塗り込められた床を
発見した時は、五感のすべてに超刺激的なあまりの大惨事(臭いが特にすごい!)に、
大パニックで完全フリーズしてしまった…。
どこから始末すればいいかわからず、片づけが一段落した後もしばし放心状態…。

ただ、犬は体が小さいので、抱えて外に出したり、風呂場に入れてウンコを流すのも、
人間よりはずっと簡単。ウンコの量も人間よりはずっと少ない。
そう考えると、人間の認知症の介護って本当に大変だなあと、ひしひしと身に染みて感じる。

それでも、大惨事も連日になると、
「ああ、またやったわね…やれやれ…」
と思うだけで、テキパキ段取り良く片づけられるようになってきた。
病院や施設に勤めていた経験がこんなところで役立とうとは…♪

朝早くに、ルナ子の鳴き声で叩き起こされても、
「朝4時半から出勤している人って、結構いるのね。皆さん、お仕事ご苦労様♪
ルナ子の粗相がなかったら、こんな感動は味わえなかったわねー。」
とか思いながら、ウンコ掃除をしている自分に気付いて、これまた感動したり…。
慣れって恐ろしいもんだ!

でも、敵もさるもの、先日は、ぬか味噌の甕(かめ)を開けて
(今まで、14年間、開けたことはなかったのに!)、ぬか床を1/3くらい食べてしまった!
その結果…塩分の取り過ぎと、この暑さで脱水けいれんを起こし、
ウンコを漏らしながらぶっ倒れた! (笑い話のようだわねぇ…)

第一発見者の妹から緊急電話がかかってきた時には青くなった…。
が、現場検証をしながら、
「ウンコをじゃじゃ漏らしして倒れるなんて、首つり自殺の死体と同じだねぇ…」
なんて会話をシレッとしながら処置するなんて、
医学部出身者と法学部出身者(法医学履修)って、ホントに怖い…。

しかしながら、ここしばらくは、家と服と全身から「ウンコ香水」が
漂っているような錯覚に襲われる…。
それに、朝起きた時、仕事から帰った時に、家の現状を見るのが恐ろしいのなんの…。
超スリルとサスペンスな日々…。

ああ、早くケージが届いて、「ウンがツイている日々」からおさらばしたいっ!

ルナ子「現実の方が、ドラマよりドラマチックでしょー? 
    それとも、あたちの脚本演出がうまいからかしらん♪」


11 : 56 : 06 | ひとりごと | page top↑
| ホーム |