FC2ブログ
介護と気分転換
2011 / 08 / 23 ( Tue )
愛犬ルナ子のお蔭で、ごくごく普通の日常の中には危険が至る所に隠れていて、
危機管理には限界があることを痛感させられる日々。

ある時は、下駄箱の下のわずかな隙間にお尻から下半身がスッポリハマってたり、
ある時は傘立てのフレームの小さな四角の飾り穴の中に鼻先を突っ込んで暴れ、
顔がもげそうになったり、ある時は玄関のわずかな隙間に無理矢理入り込んで、
デッキブラシや箒を倒して棒叩きの刑にあったり…。

その度に、
「殺されるー!! 助けてー!!」
と悲壮な泣き声をあげるので、虐待しているような錯覚に陥ってしまうことも…。

実は、現実の中でも、
「当人が勝手にドツボにハマって、大騒ぎしているだけ。でも、当人が被害者なった
気で、大騒ぎして当たり散らすと、周りにいる人は自分が加害者のような気分になる」
ってことは、多々あるような気がする。
気をつけたいものだ。

ところで…。

昔、母の介護をしていた時、本とパソコンゲームが何よりの気分転換だったが、
今回、ルナ子の介護ではDVD三昧で気分転換。
もともと引きこもり系の私には何よりのグッズ。

目下のお気に入りは、コ・ヒョンジョンという韓国の女優さん。
「善徳女王」というドラマの中で、主人公と敵対するミシルという女性を演じている。

悪役なのだけれど、今までの悪役の概念を打ち破る新鮮な人物像なのがすごい!

ある解説本に「ミシルは、少女と毒婦、悪魔と天使の顔を持つ女」とあったけど、
まさにその通り!

情が深いにもかかわらず、決して情に流されない。
女王のごとき威厳に溢れ、敵をも自分の懐に抱え込む器の大きさで、
すべての上に君臨し従わせる強さ大きさを持ちながらも、
一人のかよわき女性として男性に甘える…。
めちゃくちゃかわいくてお茶目な面もあれば、蛇のように冷酷で恐ろしい面もある。
一人の人物の中で、これだけ多面性を表現できるなんて本当にすごい!!

あまりにも存在感がデカいため、物語の中で一番動きのある人物だと思って見ていたら、
あとで「ほとんど派手な動きがない役」だったと聞いてびっくり。

残念ながら、日本語版では「単なる魔女」のような薄っぺらなセリフ回しに
吹き替えられているのが、何とも悔しい!!!

「善徳女王」をDVDでご覧になる方は、ぜひ韓国語版も合わせて見てもらいたいもんだ!

実は、私はもともと、横溝正史の小説のような、
「何十年前の事件が、今回の事件の発端だった」
という、登場人物の生誕以前からの背景や歴史を感じさせるドラマが好き。
韓国のドラマはまさにそういう感じで、壮大な人生の移り変わりを描いた
骨太なストーリーのものがたくさんある。

ついでに、韓国歴史ドラマのお蔭で、日本の歴史、世界の歴史も
かなり多角的に見れるようになってきたし…。
いやあ…歴史や人生を楽しく学ぶには、ドラマが一番!

でも、実をいうとちょっと前まで、
「韓流? イケメンばかりの軽い話か、古臭い日本のドラマみたいなのが多いんでしょ?」
と、ブームを斜に構えて眺めていた。

何事も、自分で体験したことがないのに、聞きかじりで物事を判断しちゃいけないな
あと、あらためて思う今日この頃…。

00 : 21 : 08 | ひとりごと | page top↑
| ホーム |