FC2ブログ
天使と猛獣ちゃん
2011 / 11 / 29 ( Tue )
ブサかわいいルナ子の世話をしていて、ふと思う…。
「自分の中のあまり好きじゃない部分を「ブサかわいいかも…」と感じて仲良くできることは、
気楽に生きるコツかもねー」

そう考えると、昔書いた「心に天使を育てる本」の
「誰の心の中にも住んでいる天使と猛獣ちゃん」の話は、今思い返して見ても、
実にナイスで本質的だった!

最近、「怒らないコツ」系の本がいっぱい出てるけど…。
「怒らないようにしよう」
と思えば思うほど、心の中の猛獣ちゃんは、
「だってだって、私はこんなにつらい思いをしてるのにぃ! 
なんで怒っちゃいけないのよぅぅ! 他の人ばかり大事にして、
あたちを大切にしてくれてなーい!!」
と不満いっぱいになってしまう。

一時的にうまく猛獣ちゃんを押入れに閉じ込めても、そのうち
「ひどいっ!ガオーッ!」と大暴れすることになりがち。

それより、猛獣ちゃんの話を天使ちゃんが
「うんうん。そっかー、きみの気持ちはわかるよー」
と言い分をとことん聞いてあげて、少々暴れさせてあげれば、
猛獣ちゃんは納得して暴れなくなるもんだ。

人はどうしても、
「心の中から猛獣ちゃんが完璧にいなくなったら幸せになる」
と思いがち。

でも、猛獣ちゃんは必要があって存在している。絶対にいなくならない。
それでも、猛獣ちゃんの横に優しい天使ちゃんが寄り添っていれば、
周りの人から見たら外見的には、
「この人の中には猛獣ちゃんはいないのかもしれない」
と思うものだ。

やっぱ、一番いい生き方は、猛獣ちゃんと天使ちゃんが仲良く手を繋ぎながら歩いていくこと。
牧野先生が描いた「かわいい猛獣ちゃん」を心に思い浮かべると、
「わがままで意地悪で怒りんぼな自分も、ブサかわいいよねー」
と自然に微笑みが浮かんでくる。

昔の私、いい本つくったじゃん(笑)! 
…と他人事のように思う現在。
20 : 53 : 13 | 心とからだ | page top↑
| ホーム |