FC2ブログ
大復活!!
2012 / 01 / 31 ( Tue )
脳梗塞で昏睡危篤に陥った愛犬ルナ子ちゃん。
日に日によくなり、すっかり大復活!

普通食をガツガツ食べ、外を散歩し、大小の用が自力でたせるようになった。
恐るべき生命力!!

一時は完全昏睡で水を飲むのもやっと。
その後、数日はポカリ水50-200ml/日をスポイト代わりのストローで口に流し込む状態…。
なので、妹は涙目になりながら、
「栄養不足で死なない? 食べられないなんてかわいそう…。
プリンとかあげちゃダメ?
立ちあがろうとしてもフラつくから、頭ぶつけて死んじゃうかもっ!」
とオロオロ…。

でも、医者の私は思いっきり客観的で超クール。
世間の人は、
「医療に詳しい家族がいると、闘病は安心ねー」
なんて思うかもしれないけど、甘い甘い…♪
医療関係者が家族っていうのは、冷静沈着過ぎて、悲しみを共有できないから、
他の家族はメッチャ寂しいかも?!

なにせ、
「水が飲めれば、しばらく何も食べなくても死なーん!
 まして、ポカリ水が飲めたら、それだけで何カ月も生きられるっ!
  意識がもうろうとして、飲み込みの悪い時に、無理矢理食べさせて気管に入ったら、
 その方が苦しいし、場合によっては命取り!
 それに、死ぬなら、体が食べ物を求めなくなるし、枯れて死ぬ方が自然で楽。
 元気になって、本当に食事が必要になったら、絶対食べたがる。
 欲しがる時は、安全に食べられる。だから、それまで食わせんでいいっ!
 ケージの網に頭をぶつけたくらいじゃ死なん!
 赤ちゃんだって、転びながら歩くことを覚えるんだから、転ぶのを怖がったら、
 歩けるようにならーん!
 動物なんだから、転んだりぶつけたりしても、回復するもんなら回復する。
 下手な同情などいらーーん!
 どんなに心配して悩んでも、結果は死ぬか生きるか、二つに一つ。
 だから、あれこれ心配せんでもいい!」
と超スパルタ自然成り行き任せ方式…。

でも、必要なケアさえすれば、ルナ子みたいに生きる縁があれば、ちゃんと復活するのよ♪

ただ、私も今回あらためて、
「やっぱり、ありとあらゆる治療法が開発された現代では、
何もせずに看取るのは素人には無理かも…」
と痛感。

以前、終末期医療に詳しい作家の友人がペットを看取ったとき、
「今まで取材してきた終末期医療の知識を応用すれば、
 ペットのケアも同じだと思うんだけど…。
 やはり、普通の人にとって、身内に起こったことは違うんだなあ」
と思ったけれど、今回、ますますその思いを強くした。

私はホスピス医だから「自然のままに…」っていうのを選ぶけど、
人によっては、とことん延命をやってみるのも今の時代「有り」よねーと、
あらためて思う。
23 : 11 : 52 | ひとりごと | page top↑
| ホーム |