FC2ブログ
考えさせられたこと
2006 / 11 / 27 ( Mon )
最近、考えさせられたことが二つある。

一つ目。
先週の続きで、ドラマ「14才の母」の話。
14歳で出産を決意した少女は、「あなたのせいで、みんなが不幸になる」と友人達や周りの大人たちから散々なじられる。そして、家族もまた、いじめを受けたり、社会的地位を揺るがされたり、村八分に合って白い目で見られたり…という状況に置かれるのだが、少女はそれでも「自分の信じる道」を突き進む・・・というストーリー。
 
 めちゃくちゃ強い生き方だなあと、ひたすら感心してしまった。
 世の中のいろいろなことがわかった今の私ならば、
「他人の行動によって自分の幸せが脅かされるのは、自分の力で幸せを築いてこなかった・・・ということに過ぎない。自分が責任を持てるのは、自分の人生だけ。人の人生の責任まで取る必要はない」
 と客観的には思う。でも、昔の私があの少女の立場だったら、悩み苦しんだに違いない。
「友人、周りの人をはじめ、大切な家族を不幸にしてまで、自分の意志を通すことが果たしていいことなのだろうか。これだけ多くの人を不幸に陥れることと、一つの命を守ること、どちらが正しいことなんだろう」
 と考えぬいた挙句、最後は絶対、
「私の無責任が原因。周りを不幸にして、さらに、一つの命をも脅かすなんて、私ってなんて悪い人間。こんな私は、存在してはいけないのかも・・・」
などと自分を責めまくってしまっただろう。
たとえ子供を生む決意をしても、最大限、周りに迷惑をかけないよう自己犠牲の道・・・たとえば、「家を出て、一人でひっそり子供を生んで育てる」とかいう道を探してしまいそう(それでも、家族には心配をかけることになるけどね)。

でも、これが少女ではなく、母親の立場だったら違ってくる。
自分の娘が「子供を産みたい」といったなら、私は迷わずこう言う。
「堕ろすことではなく、まず、産む事を考えるなんて、エライ! さすがわが娘! 生まれた子供は家族みんなで協力して育てればいい! 文句をいうやつがいたら、『命を大切にしない今のご時世に、命を育てる選択をした人間を責めるなんておかしい! こっそり中絶すれば、世間体がいいはずなのに、あえて産む決意をした自分の娘を誇りに思う!』って言い返してやるから、大丈夫!」
と言い切って終わりだろう。
そう言われたら、周りの人も表立っては何も言えなくなるから、丸く納まってドラマにはならないはず・・・。

そんな風にあれこれ考えていて気がついた。
結局、私はいまだに「周りの人たちのためなら、大変を引き受けても苦にならないけれど、自分のために誰かが苦労をするのは耐え難い」という性格なんだなあ・・・。

でも、人生は持ちつ持たれつ。
ドラマのように、「一人で大変を抱え込まなくてもいいじゃない? みんなで乗り越えていけばいいよ」と支えてくれる人たちが周りにいるならば、そうした人たちに素直に甘えて、一緒に「山」を乗り越えていけば、何年か後には、
「大変な「山」だったけど、今となってはいい思い出だね。あの「山」があったお蔭で、みんなの絆が深まったね」
と言える日がくるはずだ。
主人公の少女の強さと素直さを見習いたいと思っている私である。

二つ目。
私が非常勤で通っている病院の院長先生は、「出かけるときはいつも手ぶら」なんだそう。必要最低限の物しか持ち歩かないから、上着のポケットだけで十分なのだとか。しかも、無理をして持ち物を減らしているわけでもなく、ポケットがパンパンに膨らんでいるわけでもない。
「いつも、このスタイルなんですよ。楽でしょ?」
と実に自然体。

私なんて、心配性の面倒くさがりやだから、降水確率0%でも、長い傘を持っていても、折りたたみ傘がバックに入っている。また、出張先やお稽古で必ず使う書類や本などは、その日の予定に合わせていちいち入れ替えるのが面倒くさいので、普段の日も入れっぱなし。当然ながら、バックの中身は増えることになる。
なので、院長先生のスタイルには、ひたすら感心してしまった。

バックの中身には「人となり」が現れる。
必要なものだけを絞って持ち歩く人は、人生全般において「自分にとって必要なもの」が整理できていて、必要なものだけを取捨選択して生きているということなのだろう。実に潔い生き方だと思う。

日々の生活の中で必要なものの多くは、常に所有していなくても、案外どこかで調達できることがほとんどだ。
だからこそ、何でもかんでも「持っているから安心」と所有欲に走ったりせずに、必要最低限の持ち物だけで、身軽に生きられるような潔さを身につけたいなあと思った。
23 : 03 : 02 | ひとりごと | page top↑
| ホーム |