FC2ブログ
新しい風
2014 / 12 / 31 ( Wed )
先日、ジュニアのフィギュアスケート選手権(&それ以下のノービスクラス)の
TVを見た。めちゃ面白かった!
今の10歳前後の選手たちは、
「今の年齢の自分だからこそ表現できること」がわかっていて、
それを全力で表現しようとしているのが伝わってくる。
私がそのくらいの年頃の時は、生きることについて悩むのに精一杯で、
「自分の人生を100%謳歌する」なんて考える余裕などなかった。
新時代の到来を強く感じさせられて、とても頼もしく、嬉しく、
未来が楽しみに感じられた。

楽しみ…といえば、流行りものは何でも一応食いついてみる私。
今 流行りの「妖怪ウォッチ」を見た。
過去のいろいろな流行りものを現代風にいろいろ取り入れて、
あらゆる世代をうまく取り込む切り口には、「すごい視点!やるなー」と感心。

でも、一番、目からうろこが落ちたのは、地縛霊キャラクターのこんなセリフ。

「幸せになり過ぎたあまり、何かの拍子に、簡単に成仏しちゃったら困っちゃうよー。
だって、心残りや、やりたいことが、この世の中にいっぱいあるんだもーん! 
とことん、この世でやりたいことをやりきらないうちに、成仏しちゃったら、
困っちゃうじゃない?」

そっかー!なるほどねー!!
「地縛霊は成仏すべき」なんて考えは、大きなお世話。
英国みたいに「ゴーストが住んでいる古い家に住むのが楽しい♪」って、
共生の道もありねー!

そして、この世に生きている時だけでなく、死んだ後だって、
「好きなだけ、自分が納得いくような過ごし方をすればいいんだー!」
って考えると、なんだか視界と可能性が広がる気がするかも…。

いやー、今の若い人たち、そして、流行りものは、なかなか奥が深い!!

「伝統」とか「恒例」とか「今までの慣例」とか「守るべき型」などを守り続けるのも
すごいことだけど、時にそういうものからあえて外れてみると、
新しい視点が見つかって面白いかも…。

たとえば、日本から離れて外国で生活することで、
あらためて日本という国が深く理解できたり、
伝統芸能の中に身を置いていた人がそこから離れると、
あらためて「伝統芸能の本質がわかる」と思ったりするのと似た感じ?

まあ、そこまで、壮大な話じゃなくても、日常生活の中で、
ほんの些細な「習慣」をちょっと変えてみるだけでも、
けっこういろいろな発見には出会えるような気がする。

…ということで、今年は毎年手作りし続けてきた「お節」をやめて、
流行りの「変わりお節」を購入することにした。
ささやかだけれど、新しい年末年始の試み…。とっても楽しみだ。
そして、来年もまた、ささやかな面白い発見をたくさん積み重ねていきたいものだ。

…というところで、一年、皆様ご苦労様でした。
皆様にとって、ステキな新年がやってきますように…。


(おまけの柴犬ゆめ菜ネタ)

***どぶろっくの替え歌で歌ってみてね♪***

♪ある日我が家のリビングが
 サスペンスドラマの現場のように
 血痕だらけに なっていたのは
 もしかしてだけど もしかしてだけど
 ゆめちゃんの女子力が高いから…かな?

♪犯行現場の後始末 
 しながら 「女は 困るわねぇ」と
 セクハラ発言 する姉は~
 もしかしてだけど もしかしてだけど
 アタチの女子力を妬んでるのかな?

純子姉 「だってホントに、掃除に洗濯、大変なんだもん。
      怒ったって、いいじゃないのー」
ゆめ菜  「ダメよーダメダメ」

テーマ:モノの見方、考え方。 - ジャンル:心と身体

11 : 08 : 39 | ひとりごと | page top↑
| ホーム |