FC2ブログ
年の瀬
2006 / 12 / 28 ( Thu )
年の瀬にきて、ちょっと気を緩めて体調管理を怠ったら、向かいの解体工事に伴うハウスダストと花粉のダブルパンチで体調を崩してしまった。
 でも、昔に比べて休み上手になってきたせいか、
「ああ、神様が『休むのを手伝ってあげる♪ 理由があれば休みやすいでしょ。この機会にゆっくり自分を振り返ってねー♪』といっているのね。じゃあ、あきらめて、夢の中で天使さんや神様とデートでもするかあ」
 と腹をくくって、動かせない用事以外はあきらめて、ひたすらのんびりを決め込んだ。
 
 すると、今までは、体調の悪いときには休んでいても休んだ気がしなかったのだが、今回はいくらでも気持ちよく休める。うつらうつらと、とーっても気持ちよくまどろみながら、
 「身の回りの出来事も、体調も、『大変』があると真剣に自分のことを振り返って調整するから、『大変』って案外役に立ってるなー。『大変な時』って、あきらめて逆らわずに必要な対処だけすれば、こんなに楽にやり過ごせるのねー。
なーんだ。やっぱり、自分の心の持ち方が『大変』をもっと大変にさせてたんだー」
 なんて感心していた。
たまに具合悪くなるのも捨てたもんじゃない。

 ところで、最近、出会う人や相談にこられる人たちがいろいろな「天からのメッセージ」を置いていってくれる。以前から、そういう傾向はあったのだけれど、最近富にその頻度が多くなってきた。
 たとえば、違う人から同じフレーズを数回聞かされたり、夢で見たことと重なる話を聞かされたりしたときには、たいがい「メッセージ」が含まれている。
「メッセージ」は、「こういう考え方をすると楽だよ」とか「生活のここを工夫すると楽になるよ」とか「もうじきこういうことが起こるから、準備をしておいてね」などなど・・・。
 時には、自分自身でも気がつかなかったことを教えられることもある。

 先日などは、知人とお遍路の話をしていて、ハッと気がついた。
 「そういえば、九州旅行に行く前、やたらお遍路関係の話を聞いていた! お遍路に行く気にはならなかったものの、そのお蔭でお遍路の方法には結構詳しくなっていたっけ・・・。
 ああ、そうか! 私の九州旅行って、お遍路みたいなものだったんだ。寺を訪ねるか神社を訪ねるか、空海と旅するか龍神様と旅するかの違いだけ。
 考えてみれば、前の年からお能のお稽古ではひたすら神様がらみの曲ばかりやっていたっけ。知らない間に、修行した末、二泊三日のお遍路に出ていたってわけか」
 と、すっかり納得。

知らないうちに、毎日の何気ない生活の中で「未来の自分」に役立つ準備をさせられて、知らないうちに「何かを成し遂げていた」というわけね。
たまにこうして振りかえってみると、つくづく、
「毎日積み重ねている体験って、必ず未来の自分に役立つために起こっているんだなあ」
と思う。そう考えると、今日やっている何気ない積み重ねがなんだかとても愛しい事のように思えてくるから不思議だ。

ところで、年末にかけて出会った患者さんや知人を見ていて、今年のはじめと比べて格段に輝いて見える人が多いことに気がついた。彼らは勇気を持って「それまでの自分」という殻を壊して、「新しい自分」を創り上げていた。
「まるで、幼虫が蛹になって、脱皮して蝶になり、今まさに飛び立とうとする瞬間を見ているようだ。
今はまだ、大きく生活は変わっていないようだけれど、幼虫の生活と蝶の生活が全く違うように、来年は大きく幸せに羽ばたく新しい生活が待っているんだろうな」
と、強く感じた。

誰かの人生のこんな素晴らしい変化の瞬間に立ち会えるなんて、そうそうあることじゃない。これだけたくさんの人たちの素晴らしい変化の瞬間に立ち会えるなんて、なんて幸せな年だったのだろうと思う。

そして、他人の人生を見ていて感じることは、私自身の人生にも当てはまることなんだろうな…とも思う。
今年は目立った生活の変化はなかったけれど、気持ちの上では大きな成長のできた年だった。もしかすると、神様の目から見たら、私も「蛹から出て、今まさに飛び立とうとしている蝶」に見えるのかもしれない。

  誰の人生でも、自分の身の周り見回せば、「人生の指針となるメッセージ」は必ず転がっている。答えは本当に、自分自身と自分の周りにあるのだ。
でも、私達は「たくさんのメッセージ」をもらっていながら、案外「メッセージの意味」に気づいていないのかもしれない。
もしかすると、最近の私自身、「メッセージをもらう頻度が増えた」のではなく、「メッセージを正確に読める頻度が上った」だけなのかもしれないな…とも思う。
 でもでも、もしかすると、答えのわかった人生なんて面白くないから、「メッセージ」に気づかない振りをして、「わくわくドキドキの未来」を楽しんでいるのかもしれない。それもまた、楽しいって感じ?

 ちなみに、このブログを読んでいる皆さんたちもまた、多かれ少なかれきっと、「私の周りにいる大きな変化ができた一年を過ごした人」に違いない。
 …ということは、来年は皆さん方もきっと、素敵な飛躍の年になるってことでしょう! みんなで幸せをたくさんゲットしましょうね!
 では、皆様、良いお年を!
22 : 41 : 11 | 心とからだ | page top↑
| ホーム |