FC2ブログ
天の仕事
2016 / 12 / 31 ( Sat )
最近、「ひまわり」に来られた何人かの方とお話ししていて、
「本人も気づかないうちに、素晴らしい「天のお仕事」をしている人って
たくさんいるんだなあ…!」
と思わせられることがとても多かった。

「職場で普段通りに仕事をする中で、知らず知らずのうちに
カウンセラーのような役割をして、周りの人の心をほぐしている人」
「出会ったいろいろな人たちの「本人も気づいていないような素晴らしいところ」を見つけ、
感心感動し、褒める人」
「ありがとうという「光る言葉の石」をあちこちに置くことを日々の営みにしている人」
「ドジったり、とぼけたことを言ったり、突拍子もないことをしたりして、
周りを笑わせ、和ませる人」
…などなど。

どれも、お金になるような仕事ではないし、
世間的には「仕事」と認められるようなことではないけれど…。
もし、天に神様がいたとしたら、
「こんな仕事をしてくれる人を、ここやあそこに配置したいな」
と思うような気がする。
こういう人たちは、実は神様から「天の仕事」を任されているのかもしれない。

世間一般の人たちは、目に見える「大活躍」をした人を称賛しがちだけれど、
世の中の片隅でさりげなーく「天の仕事」をしている人ってステキだなーと思う。

来年は、「おっ! こんな天の仕事人がいるのか!」をたくさん発見したい。

ところで、先日、「ひまわり」の窓辺で看板犬をしていたゆめちゃんを相手に、
「こんなことがあってさー」
と呟いている人がいた。

もしかして、ゆめちゃん、私よりカウンセリングのお仕事をしてる?!
しかも、自然体で!
これも「天の仕事」かも…?!
来年はゆめちゃんに給料を支払わなきゃいけないかしらん…?!

皆さま、今年も一年お疲れ様でした。
来年もよい年となられますように…。



≪柴犬ゆめ菜日記≫

朝ご飯の時、にこにこ笑顔で純子姉を見つめていたら、
突然、お口の中に「バター」なるものを一カケ放り込んでくれた♪

こ、これはなに…っ!!
まるで淡雪のようにスッと溶けて、なくなってしまったわ…!
甘くてまろやかで上品な口どけ…。
あとから口の中いっぱいに広がるミルキーな味わい…
大好物のチーズとも全く違う風味!
世の中にこんなおいしいものがあったなんて~~~!!!

もっちろん、翌日から、毎朝バターを要求よ!!

姉の隣りに座り、キラキラ瞳でかわいく要求♪
…二度目のバターは…ないのかしら? (^o^)

でも、姉ったら、バターのことなんて、まるでなかったように完全スルー。
純「ゆめちゃんの瞳があまりにもかわいかったから、
調子に乗ってあげてしまったとはとてもいえない…」

バター、もう一回食べたーーーーい♪

ダメ…?
…ならば、姉の肘に首をのせて、腕ロック! くだされっ♪

でも…だめなの?
じゃあ、悲しげに鳴いてみせるわ! くぅ…ん…、くれないのぉ…ん、くんくん。

…ダメ?
じゃあ、お腹を見せて体をくねらせ、マリリン・モンロー風にセクシーに迫ってみるっ。
あ、あぁ~~ん♪ く・だ・さ・れ…♪

えー! これでも、ダメなの~?!
じゃ、吠えてやるっ! ワンワンワワワン!よこせっっ!

それでもくれないのっ!
だったら、こっちも容赦しないわよっ!
こうなったら、キレてやるっ! 暴れてやるっっ!
ベッドをくわえてブンブン、ぶん回してやるっ! 
床をガリガリ掘ってやるっ!!
鏡をバンバンぶっ叩いてやる~~~っっっ!!!

…ったく、ゆめちゃんのハートに「美味しい」の火をつけておいて放置なんて、
姉は放火魔ですか?
システムの再構築を要求します!
ゆめちゃんの朝食にバターを…っ!!

純「それはバター搾取です!!」
 (逃げ恥パロディ版 ゆめ菜日記でした~)
18 : 40 : 11 | ひとりごと | page top↑
| ホーム |