FC2ブログ
禍転じて福
2007 / 01 / 24 ( Wed )
ものすごい苦境の中で光を探し出すのが得意な私も、案外、日常の些細な禍に弱かったりする。
禍が降ってくると、「ガーン!ショック!!」としばし呆然と打ちのめされていたり、「大変」が重なったときには「今はそういう流れなんだから仕方ない」と自分に言い聞かせて、あきらめていることも多かった。
でも最近、日常の中で「禍転じて福」にするのがうまくなった気がする。

 一瞬ショックは受けるのだけれど、すぐさまハッと気を取りなおして、
「一見「禍」に見えるこの出来事が「福に転じる流れ」はどれだろう?」
 と、見回してみる。すると、あるある・・・。
「この「禍」を逆手に利用して、こんな風に動いたら、もっと幸せがつかめるかも♪」
 という道が必ず一つや二つ出てくるのだ。

 特に、なかなか思いつかないような「ナイスな流れ」を発見して、「禍」がよりビックな「福」に転じられたときには、最初から「福」をゲットするよりずっと面白くて充実感がある。

 ついでに、「流れ」の転じる瞬間が見えるようになったのも楽しいことだ。
人も、集団も、世の中も、大きい変化が起るときには、「変化が目に見えるようになる」前に、必ず「目に見えないエネルギー」が方向転換するらしい。
 「心」がよい流れに転じると、程なくしてその人を取り巻く「エネルギー」がよい流れに転じる。すると、徐々に「現実」がよい流れに転じるというわけだ。

 特に相談を受けていると、本人より先に「幸せな未来」を垣間見られる瞬間がある。これは私にとって最大の楽しみな時間だ。
きっと、私が相手の「幸せな未来」を信じることで、より確実に相手の人が幸せになれるから、ちょっとだけ先に「幸せ」が見せてもらえるのだろう。なんとも役得な仕事だ♪
18 : 24 : 24 | ひとりごと | page top↑
| ホーム |