FC2ブログ
理想の子育て
2006 / 07 / 26 ( Wed )
何事もハマりだしたら、納得いくまで追求してみないと気が済まない私は、先週から千住ファミリーの本を片っ端から読み漁っている。
感性が似ているなあと思うのは千住真理子さんの本だが、面白いのは千住ファミリーの母、文子さんの本。「千住家の教育白書」は圧巻!
千住三兄妹の曰く「我が家の中で一番才能溢れる人は母」だそう。確かに、本を読むと納得。
自由奔放で、伸び伸びとした子育てに加えて、ドラマチックで生き生きした人生!
朝の連続テレビ小説にしたら、絶対面白いのに!!

文子さんの本を読んでいて、
「千住三兄妹の存在そのものが、文子さんの創り上げた芸術作品なんだなあ」
としみじみ感じた。

文子さんの子育ては、私の考える理想の子育てそのものだ。
でも、だからこそ、子供たちの書いた本と見比べて思う。
「どんなに理想的な親を持って、どんな理想的な子育てを受けても、世の中に出たときの艱難辛苦は同等にやってくる。そして、その乗り越え方を学び取るのは自分自身の力だ。
一見華やかに見える人生を歩く人ほど、その裏に隠された苦労、苦しみは並大抵のものではない」

文子さんと真理子さんの本を読んで、
「私もこんな風に育てられたら、どんなに自分の才能を発揮できただろうか」
とも考えた。でも、よくよく思い返してみると、私が今回の人生で得た知識、得た能力を身につけるためには、私が歩いた道のりがどうしても必要だったと思う。千住家に生まれたら、私の人生は花開かなかった。
私には、私の両親、私の歩いた人生が必要だった…と納得。

ちなみに、真理子さんが大きな挫折を味わって、ヴァイオリンを辞めようと決意したとき、父はこういったそうだ。
「磨かれないダイヤモンドは砂の中にあっても、ダイヤモンドだと気づかない。磨かれて初めてダイヤモンドとして光り輝く。ダイヤモンドは傷ついて磨かれた分だけ光る」

すると、真理子さんはこう突っ込んだとか。
「でも、どんなに磨いても、ダイヤモンドじゃなかったら?」
「ダイヤモンドだと信じるのは、自分の力かもね。
でも僕たちは真理子がダイヤモンドだと信じているよ」

私はこういう仕事をしているためか、「素晴らしい原石を持ってない人は、誰一人としていない」と常日頃から思っている。でも、
「自分はどんな原石を持っていて、今までどうやって、傷つくことで自分を磨いてきたのか」
に気づいていない人はとても多い…とも思う。そして、また、
「あなたにはこんな光る部分を持っています。今までの経験は、自分の人生を輝かせるためにこんな風に役立ってますよ」
と伝えられても、自分も他人も信じられずに、みすみす輝くチャンスを失ってしまう人も少なくない。

最近つくづく思う。
人は自分の人生を最高に輝かせるために、一番有意義な傷つき方をしようと、望んで今の人生を選んだのかもしれない。

生きていても、死んでいても、自分は自分自身でしかない。「自分」以外に自分の居場所はない。だとしたら、今いる「自分」という場所を最高に居心地のいい場所にしてあげることが、自分にとっての一番の勤めかもしれない。

自分というのはダイヤモンドか、ガラス玉か、はたまた、普通の石か…。
でも、どんな素材でも、自信をもって磨けば磨いた分、必ずピカピカ光りだす。苔まみれで汚れたダイヤモンドの原石より、ピカピカに磨き上げられて、大切に愛された河原のなんでもない石の方が何倍も素敵だと私は思う。
11 : 29 : 36 | ひとりごと | page top↑
| ホーム |