FC2ブログ
日々のつぶやき
2007 / 05 / 31 ( Thu )
日々の生活が平穏だと、眠っている間に見る夢は、日常生活や個人的な潜在意識からどんどんかけ離れてくるらしい。
最近の私の見る夢は、現実と全くかけ離れた一大スペクタクルでとてつもない内容、しかも半分以上は私自身が出てこない。でも、なかなかどうしてこれが面白い!
 スペースシャトルのような乗り物に乗って、近未来の世界をあちこち大冒険したり、フェニックスやペガサスが出てきたり…。しかも、触感から匂いまで、ものすごくリアル! なので、毎晩パラレルワールドやファンタジーランドで遊んでいるようで、楽しくて楽しくて…。私の最近の最高の娯楽という感じ。

 話は現実に戻って…。

 農林水産大臣のニュースを聞いて、「どんなにすごい地位について、豪勢な暮らしができても、自死を選ぶまで心が追いつめられる生活は、本当の意味で「豊か」「幸せ」とはいえないよなあ」とつくづく思った。
 
 大臣は田舎で大変な貧乏暮らしを目の当たりにして、一念奮起してがんばってきたと聞く。でも、TV番組のビンボー自慢じゃないけれど、生き方によっては、貧乏だって幸せに暮らせる!
 …とキッパリ言い切れるだけの人生を生きられたことに、感謝したい。

 大学時代は「一カ月一万円生活」を足かけ6年やり遂げたし、ホスピスで出会ったホームレスのおじさんたちからは、いろいろな生き抜く術を教わった。
だから、家族が職場関係で追い詰められていたら、たとえそれが一家の大黒柱であったとしても、キッパリこう言える自信がある!
「やめちゃえ、やめちゃえ!
がんばり屋のあなたがそこまで思うのは、相当大変なんだと思うよ! 無理して、体を壊してまで、がんばらなきゃいけないことなんてないよ! その「がんばり」を他の方向で使えば、きっと道は開けるよ!
人生一回しかないんだからさあ、嫌々苦しんで生きたって仕方ないよ!
自分のやりたいこと、楽しいと思うことをやって生きていこうよ。
生活のやりくりは大丈夫! 贅沢しなければ、家族全員、それなりに暮らしていけるから! あなたが幸せな方が、私たちも幸せなんだよ! 」

実際、妹が都庁を辞めるかどうかで悩んでいた時、「やめちゃえ、やめちゃえ」と煽ったのは、何を隠そう私だったし…。
 
 それに、商売柄、「普通に働いて、いい給料を稼ぐのが立派な社会人」だとは思ってない。「働く」ことについての私の自論は、
「自分が生きていくのに必要な分だけ稼げれば、立派に一人前。どんな仕事をしてもいい。どんな仕事だって、必ず誰かの役に立ってるから」

ちなみに、私自身も新しい仕事にチャレンジするかどうか迷った時には、
「この仕事で失敗して職を失っても大丈夫! マックかどこかでバイトして1万円稼げれば生きていけるから。あとで後悔のないよう、やれるだけのことをやってみよう」
と、自分に言ってきた。おかげでここまでこれたようなものだ。
だから、貧乏も考えようによっては、力になるんだけどね。
 
 ところで、個人的には農林水産大臣の自死より、坂井泉水さんの死の方がショックだった。なにしろ、一番辛かった時期を乗り越えるのに、ZARDと岡村孝子の曲には本当に支えられたから…。なんだか、私自身の一つの時代の流れも終結したような気分になった。
坂井さん、いい歌をいっぱい作ってくれてありがとう! 向こうで幸せに暮らしてね。
10 : 19 : 23 | ひとりごと | page top↑
| ホーム |