FC2ブログ
無意識の発見
2007 / 06 / 26 ( Tue )
 新しいことを始めると、自分が無意識にやっているパターンを発見できて面白い。

 たとえば、何か新しいことに必死で取り組んでいる時の私には、「納得いくまであれこれ調べ、じっくり観察し、今までやってきたこととの共通性や違いを探し出し、なるべく早く「本質は何か」を探し当て、自分に合うかどうかしっかり吟味する」という癖があるらしい。
 しかもその作業を、パソコンのデータ検索のようにものすごいスピードとパワーでやっている(…のだと思う。自分のことはよくわからないのよね)。

 そんな私を周りで見ている人の中には「批判的、挑戦的、生意気」と感じる人もいるらしい。でも、私の中ではあくまで単なる「全力で、細部まできっちり観察、検討」という感覚なのだ。

 この現象を「色」にたとえてみる。
私は「観察、検討」という「青色」のエネルギーをメインで使っているつもりなのだが、「全力で、できるだけ早くっ!」という気持ちがあるため、知らず知らず、燃えるような「赤色」のエネルギーも発してしまう。しかも、慣れないことにチャレンジしている余裕のなさから、思いっっっきりあらんかぎりの「赤」のエネルギーが出てしまう。

 こういう時に、「赤」が大嫌いな人が私を見ると、
 「うわっ! すごい「赤」! 「赤」の強い人って、「黒」も持っているのよねっ。ということは、あの違う色は「黒」かも!」
 と、「青」を「黒」と勘違いする。
 そして、「赤」のエネルギーに「黒」のエネルギー、つまり「嫌な感じ。攻撃的な感じ。ドロドロした感じ」が加わると、「批判、挑戦的、生意気」と認識される…というわけ。

こうした時、自分に余裕があれば、
 「ああ、私のことを「赤黒」と捉えたのね。なるほど…。この人はこういう時に「赤黒」と捉える癖があるんだ」
 と静かに観察していられる。そして、相手が落ち着いてくれば、
「ああ、「赤黒」と思ったのは、私の勘違いだったわ」
 と思ってもらえる。

 ところが余裕のない時には、相手から「赤黒!」と評価されると、カチンときて、
 「なんですって! 赤黒ですって?! 私のことを批判的、挑戦的、生意気って思ったのね!」
 と本当に「赤黒」のエネルギーで対抗してしまうため、赤黒の悪循環がお互いに続く…というややこしいことになるわけだ。
 「そっかー。私の無意識のパターンに反応して、相手がいつも似たような反応をしてたわけかー」
 と、妙に納得してしまった。

 「周りの人は自分の鏡。自分の対応が相手の対応を作る」
 というけれど、なるほどこういう風に作られるのかあ…と、まざまざと体験できて面白かった。
やはり、たまには新しい環境に身を置いてみるもんだ。
23 : 15 : 58 | 心とからだ | page top↑
| ホーム |