FC2ブログ
怪奇現象
2006 / 08 / 04 ( Fri )
最近、すっかりお能もフラメンコも熱が冷めてしまい、練習もレッスンに行くのもすっかり怠惰になっていた。そこで、
「たまにはちょっと変わった練習をしてみるか」
と思い立ち、気功を取り入れた発声法と柔軟練習をしてみた。

ところが、十分練習できぬままお能のお稽古に行ったのは、ちょっとまずかった・・・。
師匠の目はやはりごまかせない。案の定、すぐバレた。
しかも、相当珍しい練習方法を試みていることまで見抜かれたらしく、
「思いつきで、わけのわからないことをやらなくてよろしい! 愚直にひたすら謡い続けていればいいんです!」
と怒られてしまった。

ところが、それでシュンとならないのが、私の小生意気なところ。
「なんの工夫もなく、愚直に謡ってたら人並みにしか上達しないだろうがっ! 人と違った工夫するから、人よりうまくなるんだよっ!」
と心の中で叫びながら、睨み返してしまった。きっと、オーラが見える人には、私の後ろに不動明王顔負けの真っ赤なオーラがメラメラと、天井を突き抜けるくらいに立ち昇っているのが見えたに違いない。

でも次の瞬間、ハッとした。
「今のセリフとシーン、どこかで見たぞ。ああ、『チャングムの誓い』のチャングムとシン教授のやり取りとそっくりーだあ! 」
と思ったら、心の中で大笑い。すぐさま、
「やばいやばい。このままだと、チャングムみたいに『わかってもらえていない!』と不満を引きずって、先生との攻防戦が続いてしまう。こういう反応の仕方はやめなきゃ。
ともかく、練習は自宅でやって、先生の前では無心に謡うことに専念すればいいってことよね」
とスパッと気持ちを切り替えた。
 
 我ながら、本当に惚れ惚れするくらい見事な切り替えだった! (オーラが赤から一瞬で青に変わった感じ?!)
「きゃあ! 私ってすごい!」
と自画自賛しながら、ルンルン気分でパッと目の前の師匠を見たら・・・。
なんてことはない、師匠のエネルギーもまた一瞬にして変わっていたのだ!
 恐るべし! さすが師匠!

 そして、新たな気分で稽古は続き、師匠の声が飛ぶ!
「そこは、そんなにか細く謡わない! それじゃ、ねずみのシッポのようでしょうっ! そうじゃなくて、もっと・・・」
 と師匠が言い終わらないうちに、今度は私の目の前に「ふっさりシッポのキツネがにんまり笑っている姿」がポン!と現れた(これって白昼夢?!)。
 思わず吹き出して、私が笑い転げるのと、師匠が、
「ふっさりしたキツネのシッポの様に・・・」
と言い出すのがまったく同時だった!
 ちなみに、これまでにも怪奇現象よろしくお稽古中に現れた動物は、クマ、ワニ、チーター、ウサギ、ゾウ・・・etc.いつも、師匠の言葉の一歩前に現れてくる。
 その度に、私は大笑い。
 これだから、やっぱりお稽古はやめられない。
10 : 01 : 27 | 趣味 | page top↑
| ホーム |