FC2ブログ
昼メロ系
2007 / 07 / 26 ( Thu )
最近、昔のマンガをあれこれ読み直している。以前読んだ時とは、私自身の視点が変わっているので、違う印象が感じられてなかなか面白い。

たとえば、「ひどい! 私を捨てるっていうなら、死んでやる…!」とか何とか言って、自殺未遂…という昼メロ系のストーリーを読んだ時、以前ならば、
「誰かの命を乗り越えてまで、自分の意志を押し通すなんて、無理よねー。結局、狂言自殺とわかっていても、命張られたら、身動きできなくなるよねー」
なんて思っていた。でも、今回は、
「脅しで相手を繋ぎ止めても、お互い幸せになれないのがほとんどよねー。まあ、だから、その後でドラマなストーリー展開が成立するわけなんだけど・・・。
本当の意味でお互い幸せになりたかったら、当座はものすごく波風立つし、苦しいかもしれないけれど、自分の心に正直な道を歩いた方がいいんだけどねー。
でもまあ、心に正直に生きつつ、波風をそれなりに収束させるには、相当の技量と努力と時間が必要よね。きっと、それができないから、多くの人は「力(脅し)に屈する」という方向に行くんだろうなあ・・・。
ちなみに、平和なストーリー展開にするためには、ここで主人公はこういう風に行動し、こういうセリフを言う必要があるわね。ふむふむ」
となどと考えながら読んだ。

昼メロ系ストーリーって、「愛のドラマ」じゃなくて、本当は「執着と依存と同情のドラマ」だったのねーと、今更ながら思う。

そして、「日常生活をドラマな展開にするのも、平穏な展開にするのも、自分の対応次第」とあらためて思う。
でも、実践がうまくいって日常が平和になると、ついついドラマなストーリーを求めてマンガに、小説に、テレビに、カウンセリングに走るってことは、結局私は、ドラマな展開が好きなのかもしれないなあとあらためて自覚する今日この頃。
18 : 57 : 37 | ひとりごと | page top↑
| ホーム |