FC2ブログ
足るを知る
2007 / 08 / 24 ( Fri )
携帯、パソコン、食べ物、服…などなど、次々と新しく出てくる新商品を見ていると、
「よくぞ、こういうことを考えて作り上げるよなあ。人間ってすごい」
と思うと同時に、
「人間に「もっとすごいものを!」という欲がなかったら、随分平和に暮らせるだろうに…」
とも思う。

もっといい携帯が欲しい、もっとおいしいものを食べたい、もっといい服を着たい、もっといい家に住みたい…などの欲がなければ、お金はかからない。生活にお金がかからなければ、釈迦力に働かなくてもいい。
そして、人々が「もっといいものを」「もっとたくさん」と望まなければ、世間の期待に応えて大変な思いをしてまで常に新しい商品を開発や大量生産をしなくてもいい。そうすれば、労働だって楽になる。

ところで、8月になると、「戦争のことを忘れずに」という活動があちこちで行われる。「戦いはいけない」と語り継ぐことはとても大切なことだけれども、同時に、「今という時代がどんなに恵まれているか」ということも大切に考えていきたいものだ。

でも、人間というものは悲しいかな、慣れてしまうと「今ある幸せ」に鈍感になってしまうものなのかもしれない。病院や老人住宅などで年配の方々と接する機会があると、戦争で「食べ物も、着るものも、住むところもなくて困った」という経験をしている世代の人たちですら、「食べられて、住むところがあって、着る物がある」ということに満足できず、不平不満を言う人は少なくない。
子供たちは大人の姿を見て学ぶ。子供たちが幸せで満足できる生活を送るためには、まず、大人たちがお手本になって、「当たり前の生活ができること」に日々感謝して幸せに生活して見せることが大切だよなあ…とつくづく思う。

でも、かくいう私も、昔に比べて、今は心穏やかでとても平和な生活をしていて幸せななのだけれど、時々平和すぎて退屈になることがある。そして、身の周りで何かちょっと大変なことが起こった時に、「ああ、ものすごく幸せな毎日を生きていたんだ」と再認識させられることが多い。
結局、「当たり前の幸せ」に感謝し続けるのは難しいことだからこそ、時々大変な体験をして、「普通で十分幸せよね」と確認、感謝するチャンスを得ているのかもしれないなあ、とも思う。
23 : 18 : 52 | ひとりごと | page top↑
| ホーム |