FC2ブログ
荒波をすり抜ける
2007 / 09 / 28 ( Fri )
今月は、「一見最大級の不幸に見えることを、いかに被害を最小限に食い止め、さらに最高のチャンスに切り替えるか」というテーマを客観的にじっくり見つめるチャンスがたくさんあった。

私の周囲は日本の内閣よろしく激震していたのだけれど、「人と場の流れ」を読んだお陰で私自身は台風の目の中で安全かつ平和に判断対処ができた。

 今回の経験のお陰で、つくづく、
「場にも人にも「流れ」があって、それは自然の天候のようなもので人の力では変えることができない。でも、「流れ」の中ですべての人が気持ちよく過ごせる方法を考えれば、混乱は最小限で幸いを生む」
とあらためて感じた。

たとえば、集団(場)のエネルギーが、
「オリンピック目指して、一致団結してがんばるぞ!」
という方針を打ち出したときに、Aさんが必死で、
「健康を保持し、スポーツそのものを楽しむことこそが、運動で一番大事なこと」
と集団の人々を説得しても、お互いに空回りするばかり。

これは「どっちが正しいか」という問題ではなく、「集団(場)はオリンピックを目指す方向」、でも「Aさんはスポーツを純粋に楽しむ方向」に向かうのが「流れ」というだけのこと。

 自分の「流れ」が、集団(場)の「流れ」と違う時には、無理に集団を変えようとせず、自分に合った集団(場)に移った方がいざこざはなくスムーズにいくものだ。

 ところが、多くの場合、
「何とか自分の思いを理解してもらおう。何とか自分の思う通りに相手を変えよう」
 と必死に、集団と格闘して消耗した挙句、
「私の考えは間違っているのかもしれない。私はダメだ」
 と思い込んでしまうことが少なくないようだ。

 自分の思いや方向性を提案し、理解してもらえるようコミュニケーションを取ることはとても大切だけれど、性格や考え方や方針が全く違う時には、どうしても分かり合えないこともあるもの。
 そんな時には、
 「ああ、この人たちと私とは、持って生れた役目や生き方が違うのかも。この人たちはこっちの道で頑張ってもらって、私は私自身を一番生かせる道を考えてみよう」
 と切り替えた方がよりスムーズに自分らしい人生を楽しく歩くことができる。

 そして、いろいろ動いた結果、自分に合う集団がないならば、自分が中心になって集団(新しい場の流れ)を作るのも一つだろう。

 「この場所、この集団はどんな方向に流れていこうとしているのか。私自身はどんな方向に流れていたいのか。私の流れと、私のいる場所の流れは合っているか?」
 ということを常に頭の片隅で意識していると、案外、荒波にも巻き込まれずにするりするりと人生を渡っていけるかも・・・。

テーマ:モノの見方、考え方。 - ジャンル:心と身体

18 : 40 : 37 | 心とからだ | page top↑
| ホーム |