FC2ブログ
本当の自分の心を探す
2007 / 10 / 12 ( Fri )
 周りを見ていて、
「自分の気持ちに正直に生きる…という単純なことが、案外一番難しいことかもしれない。社会や周りの意見に合わせすぎるあまり、本当の自分の気持ちや本当の自分が全くわからなくなってしまっている人は少なくないかも…」
 と思う。

 特に、自分の正直な気持ちに従って行動すると、周りに大混乱を招く時には、ついつい自分を押し殺して「自分が我慢すれば波風が立たない」という方向の選択をしてしまいやすい。でも、そのせいでかえってややこしい結果になることがある。

 岐路に立っている人たちには、
 「誰がなんと言っても、自分の気持ちが楽になる道、自分が幸せになれると思う道を選択した方が、一時的に混乱はあっても最終的にみんなが幸せになれるよ」
 とアドバイスするのだけれど、中にはあえて苦難の道を選ぶ人も少なくない。
 そういう人たちは、「これから体験する苦難が未来で役に立つ」という人生を歩くのだろう。でも、「苦難の中で学ぶ」という人生を選ばなくても、幸せの中でも同じくらいたくさんのことを学ぶことはできるのになあ…と思う。

 「もう、これ以上苦しい人生は嫌だ」
 と言いながらも苦難の道を歩いている人は、実は心の奥底で、
「これだけの苦難を乗り越えた私は偉い。苦難こそが人生に最高の学びをもたらす」
 と思っていることが多い。実は、その深層心理の「苦難好き」が知らず知らずのうちに、「苦難」を引き寄せている。

 世の中の賢人の多くもまた、
「苦労が人を育てる。苦労は買ってでもしなさい。人生は学びであり修行」
 というけれど、苦労せずに同じことを学ぶこともできるし、「修行ではない人生」を選んでももちろんかまわないのだ。(ただ、世の中には修業したり学んだりしたい人が多いみたいだけど…)

本当に楽に生きたかったら、まず、自分自身の中の「実は苦難が好き。苦難を乗り越える自分に生きがいを感じる」という思いを手放す決意が必要かも…。そして、代わりに、
「人生を楽しみながら、たくさんのことを学んだり、体験したい」
という言葉を口癖にしてみるといいかもね。すると、方法はわからなくても、なんとなくそんな人生に切り替わっていくんだよねー。

 でもまあ、私自身、そのことに気づくまで随分「難行苦行をしている自分が好き」という人生を歩いてきてしまったなあと思う。
自分自身でも「本当の自分」が思い出せないくらい、がんばっていろいろなことを身につけてきた。でも、苦労して身につけたもののほとんど全部はいらないもので、結局、純粋に「本当の自分」だけで生きるのが、一番楽で、なおかつ、知らず知らず人の役にも立つんだなあと、つくづく感じるこの頃。

誰かが、「旅の最終目的は、一番安心できる我が家に帰ること。人生も同じ」と言っていたけれど、「安心して「本当の自分」でいられること」が人生の終着点なのかもね。

テーマ:モノの見方、考え方。 - ジャンル:心と身体

22 : 39 : 57 | 心とからだ | page top↑
| ホーム |