FC2ブログ
天のタイミング
2007 / 10 / 31 ( Wed )
世の中には、「この人って、実は生きている天使?」と感じる生き方をしている人がいる。
「生きている天使さん」たちは、本当に絶妙の「天のタイミング」で動いている。彼らは、扉の前に立てば自然に扉があくし、「川を渡りたいな」と思ったころには目の前に橋が現れる。嵐の時には、何となく家にいたい気分になるらしく、家から一歩も外に出ないから、外で嵐が吹いていたことにすら気付かない。
何となく生きているのに、周りのすべてとタイミングがぴったり合っているのだ。
そういう人を見ていると、
「いかにうまく生きるか…という理論や哲学は、「人間」には必要かもしれないけれど、「天使」にはいらないんだなあ」
と感じる。

努力しなくても、春には花が咲き、秋には葉っぱが紅葉するように、人生も「天のタイミング」に合せて、自然に展開するままに生きられれば、あまり努力しなくても時期が来れば自然にふさわしい花が咲くんだろう。

でも、ついつい人間は欲を出して、「何としても冬に花を咲かせたい! 夏に紅葉をみたい! 木を植えたら、すぐに実を収穫したい! きゅうりの蔓にナスビを生らせたい」と自然(「天のタイミング」)に反して、自分の要求を無理やり叶えようとする。だから、努力がいるのかもしれないなあ…と思う。

「天使」のように自然体で「天のタイミング」に合せる…とまでいかなくても、せめて、「天のタイミング」を待てる心のゆとりを持ちたいものだと思う。

ところで、「生きている天使」さんが、AさんとBさんを出合わせたことで、二人が大喧嘩を始めてしまい、大変なことになったことがある。
「天使」が「出会い」というチャンスを作っても、それを「幸せ」につなげるか、「崩壊」につなげるかは本人たち次第ってことなんだろう。

あるいは、神が「ノアの方舟」以外のものを海に沈めてしまったように、一見残酷に見える「崩壊」もまた、「天の意志」だったりするのかもしれない。
天使や神が「崩壊」をも起こすならば、人間の引き起こす「崩壊」の中にも「天の意志」があるかも…。そして、人は「崩壊」を生かして「幸せ」を生むチャンスにすることもできるってことだろう。
ただ、そういう事実って、なかなか受け入れるのも実行するのも大変だよね。

 でも、天使な生き方をしている人は、「崩壊」に出会っても、
「あちゃ…冬の季節に出会っちゃった? そうかそうか、しばらく待てば、春に花が咲くのを見られるってことね。ラッキー♪」
とか言って、自然体で乗り越えるのかもしれない。

ついでに、そういう発想ができるってことは、自分もそういう生き方ができる可能性があるってことなんだろうな…と思うことにしよーっと!

テーマ:モノの見方、考え方。 - ジャンル:心と身体

14 : 39 : 57 | ひとりごと | page top↑
| ホーム |