FC2ブログ
一年を振り返って
2007 / 12 / 27 ( Thu )
早いもので、2007年もあと数日。

 今年を振り返ってみると、たしか去年の今ごろ見た夢「壊れたジャンボ機を置いて小型飛行機に乗り換える」に象徴されているような一年だった。
 生活や身の回りのもの一つ一つを「いるかいらないか」と検討し、いらないものはどういうタイミングでどのように手放すか、残すものはどういう形で残すかを、一年間ずっといろいろな形で考え続けた。
 11月はその総決算のような月で、気持ちの上では人生の向き合い方が180度変わるくらい切り替えを迫られた。でも、その割に実生活の変化はせいぜい「日々を丁寧に生活するようになった」くらい。ただ、数年前に比べて、ごく普通の生活が随分面白く感じられるようになってきたのは収穫だったかも。

また今年は、自分自身と自分の人生をじっくり見直したお陰で、
「気持ちの赴くまま、一生懸命無我夢中で理想に向かって走ってきて、充実した面白い人生だったけれど、「本来の自分」をどこかに置き忘れてきたかも…」
とはっきり気づくことができた。

振り返ってみると、今までの人生は、
「こんな自分になりたい。こんな心で過ごしたい。こんなことができるようになりたい」
と「自分の理想像」に近づくために、切磋琢磨する生き方だった。
「理想像」に向かう旅は、決して平たんではない。また、年を重ねいろいろな知識と経験を積むうちに、「理想像」は随分修正され、変化してきた。大きな壁にぶち当たる度に、「それまで持っていた理想像」を捨てて、「新しい理想像」を受け入れる決意をするのだが、その作業は「それまでの自分を殺して、新たに生まれ変わる」ように感じられ、かなり苦しかったものだ。

そして、今年。ある意味で「自分が今まで求めてきた理想の生き方」を達成したようにも思う。終着点に達してみたら、案の定、やはり先人たちと同じく「我が家」に帰りたくなった。「最高の理想の姿になった自分」より、最初から自分の中にいて、蔭で見え隠れしていた「本来の自分」の方がずっとずっと心地いい姿だとあらためて再確認したからだ。

なので、来年は私にとって「本来の自分」に完全に還る年になりそう。ただ、随分長い間、「本来の自分」とはまるっきり正反対の生活を重ねてしまったため、物理的な軌道修正には時間がかかりそう。
今思うと今年は、知らず知らずのうちに物理的な軌道修正をする形になり、精神的な面ではほぼ「本来の自分」に戻る形になっていたのかも・・・。たぶん、来年は物理的にもよりはっきりした形に変わっていくんだろう。ただ、今の段階では方向性がイマイチはっきり見えないけれど…。

まあでも、未来なんて見えない部分があった方が楽しいもんだ(サプライズあっての楽しい人生よね)。方向性だけ合っていれば、大きく道を踏み外すことはない。
来年は、自分自身のために、さらに気持ちいい選択を重ねて素敵な一年を創り上げていこうと思う。

皆様も、よいお年を!
01 : 05 : 24 | ひとりごと | page top↑
| ホーム |