FC2ブログ
謹賀新年
2008 / 01 / 06 ( Sun )
明けましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いいたします。

いつも年末年始は仕事も家事も目いっぱいこなすもので「大変だから嫌!」と思いがちだった。でも、今年はかなりイイカンジで過ごせた。
「家事も仕事もちょびっとずつ。飽きる前に止める。8割で止める」と、「中途半端」を「まっいいか」と許容できて、根を詰めなかったのがよかったみたい。ついでに、昔の自分の活動量と比べたら、3割くらいしか動いていないのも余裕ができた一因。
このくらいの活動量だと、仕事も家事も日々の生活もどれも充実していて、しかもものすごく楽しい! 「やればできる」という活動量と「やっていて楽しい」と感じる活動量は違うなあ、思ったより自分はのんびり屋なんだなあ、とあらためて発見できた感じ。新年早々、自分を一つ発見できた! 嬉しいことだ!

また、今年は思いもよらぬ人から年賀状を頂いたのも嬉しかったし、コメント入りの年賀状をたくさん頂いたのも有難かった。口下手な差出人からだと、手書きの表書や一言のコメントだけでも「考えに考えて書いてくれたんだろうなあ。気にかけてくれているんだ」と感じられて嬉しいものだ。
つい「してもらえないこと」や「ないもの」ばかりに目が行きがちな昨今、自筆の表書の年賀状一枚で何日も幸せをかみしめられる自分自身がものすごく嬉しいと思う。

また、年末のTVで「誰かから毎日のように想われている人はとても幸せだ」と聞いて、「そっかー!! 私はそういう「幸せ」を人にプレゼントしているぞ! それって、とっても素敵なことかも!」と思えたこともすごく嬉しかった。
私は365日毎日欠かさず誰かの幸せを祈っているし、「しょっちゅう」だったらさらにもっともっともっとたくさんの人たちの幸せを祈っている。そして、たとえほんの少し関わり合っただけ人の幸せも祈っている。
たぶん、私に関わった人たちが私の人生をみたら、「えー、こんな私の幸せまで、こんなにいっぱい祈っててくれたの」と思うに違いない。それって、実は私にとってもものすごく幸せなことだったんだなあと、あらためて思う。

そしてたぶん、私自身もいろいろな人の人生を見たら、「こんなにたくさんの人が私のことを気にかけてくれていたんだ」と感激するんだろう。少なくとも、毎日仏壇と神棚に手を合わせて目いっぱい話しかけているわけだから、ご先祖様と神様は一日一回は私のことを考えざるを得ないだろうし!? (笑)

年賀状を見ながら、そんなことをあれこれ考えられるなんて、とても嬉しい新年のスタートだなあと思った。
23 : 31 : 07 | ひとりごと | page top↑
| ホーム |