FC2ブログ
今日を生きる。「自分」を生きる
2008 / 01 / 25 ( Fri )
 以前、坂東玉三郎さんが西行法師を舞った時に、視線の先に本物の菩薩の姿が感じられたことがある。以来「どんな生き方をしている人なんだろう」と関心を持っていた。なので、先日のNHK「プロフェッショナル」の玉三郎さんの回はワクワクしながら見た。

 玉三郎さんは、小児麻痺を患ったため、子供の頃は歩くこともままならず、現在も両足の長さが違うというハンディを背負いながら舞台に立っているそうだ。体も心も丈夫ではなく、だからこそ、人一倍自分の体を大切にしているのだそう。
 天才の名をほしいままにしている今現在でさえ、毎回舞台に出る前は、
 「今日も一日無事に舞台が務め上げられるだろうか」
 と不安で一杯になり、終わると同時に、
 「ああ、今日も無事に終われてよかった」
 と思うのだとか。

 そして、「自分の体と心は人並みではない」と自覚しているからこそ、
 「周りの人と同じように、舞台が終わってから、飲みに行ったり遊んだりしていては、体が持たない。人と足並みそろえて舞台を務めるためには、みんなが遊んでいる時間、自分の体の筋肉をほぐして、自分の体を労わらなければ…」
 と毎日毎日、トレーナーさんに手伝ってもらって、体を徹底的に調えているのだそう。さらに、こんなことも話しておられた。
「体が弱いから、大きな目標を立てても、それがこなせるとは限らなかった。また、一度倒れて舞台に立てなくなったことがあるので、数年後に舞台に立っている保証はないと常に思っている。だから、いつも「今日」と「明日」しか見ていない。
「今日」を精一杯生きよう。「明日」精一杯がんばれるような「今日」を積み重ねよう。
それだけを思って生きてきた50年だった。「今日」と「明日」だけを見て、しっかり歩いてきた先に今の自分があっただけ。それでもここまで来られた。
だから、「今日」と「明日」さえ、きっちり積み上げていけばその先に必ず「未来」はあるんです」

玉三郎さんのようなすごい偉業を成し遂げた人から、
「大切に「今日」と「明日」を積み重ねるだけでいい」
という言葉を聞くと説得力がある。「そうかあ。やっぱりそれが大切なんだなあ」と生き方を実証してもらったような気がする。

ところで、玉三郎さんはこんな話もしていた。
「芸を突き詰めていくうちに、「自然」の美しさに目が行くようになった。空や花は美しくあろうとして、美しく存在しているわけではない。そんな「無意識の美」が、本当の美なのかもしれない。それを表現してみたい。そのため、能という芸能に注目してみた」

我が意を得たり!
日本画家の千住博さんも、「一番美しい色、一番美しい形は、すべて自然の中にある」と言っていたけれど、
「やっぱり、どんな道も極めていくと、そこに到達するんだー!」
と嬉しくなった。

玉三郎さんが歌舞伎の中にお能を取り入れて舞っている姿は、さすがに他の役者さんと一線を画していて、お能の型や雰囲気をよく掴んでいるなあと思った。でも、「こうしたい。ああしたい」という気持ちが先に立っているせいか、芯の部分がお能っぽくない。おもわず、
「どんなに「お能らしく舞おう」と思っても、玉三郎さんが「玉三郎という人生」を歩いてきた以上、歌舞伎の経験は舞のどこかににじみ出てくる。だったら、「完璧にお能らしく」と思わないで、できる限りお能のことを学んだら、後はいつもの玉三郎さんらしく舞えば、その方がずっとずっとお能っぽいのに…。
それに、必要以上に努力しなくても、「美しく舞いたい」という気持ちがある限りは、知らないうちに自然に前に進むのに…。その方がもっときれいに見えると思うんだけどなー」
とつぶやいて、ハッとした。
「無意識の美って難しいことじゃなく、ただ、ふんわり「自分が自分でいるだけ」なのかも! そういえば、とても美しく舞っている先輩方に片っ端から、「どんな風に舞っているんですか?」と聞いたら、返ってきた答えはみんな「何も考えてない。頭は真っ白」だったっけ。
私自身も仕事をしている時、診療が終わる度に鏡を覗き込むと、毎回表情が全く変わっている。私自身は何の感情も持っているつもりはないのに、相手に合せて勝手に表情が変わっているらしい。長年の積み重ねで、勝手に体と心が自然に動いいているのだろう。
きっと、舞の世界でも、たくさんの経験を積み重ねてきた人は、本人がただ心のままに楽しく自然に動いている時が、一番美しいのかもしれない。
 「椿」は「桜」になろうとはしないし、「チューリップ」は「ひまわり」になろうとしない。でも、それぞれのままでとても美しい。
 人間も無理をして他人になろうとしないで、自分が一番自分らしく、ふんわり生きている時が一番美しく輝んだろうな!」

 でも、しばらくしてから、こんな風にも思った。
「もしかすると、「木」や「花」などの「自然」と違って、「自分以外のものになりたい」と努力するのが「人間」の「人間らしくて美しいところ」なのかもしれない。
 自然体でふわふわ生きている人は、確かに、本人も気持ちいいだろうし、他人が見ても美しくて心地いい。
でも、マラソンで自分の限界を越えるまで頑張り過ぎてボロボロになってリタイアする姿だって、周りの人は強い感動を覚える。ただ、自分自身は悔しくてみじめで情けなく感じるかもしれないけれど…。
そして、天才の名をほしいままにしている玉三郎さんが試行錯誤する姿は、凡人の私たちを大きく勇気づけてくれる。それはそれで、「完成された完璧な舞」とは違った「その時の花(人)」の美しさなのかもしれない」

花は咲いた時だけが美しいわけじゃない。
寒い冬の時期をひたすら耐えて、芽が出ず、ひたすら、土の中に根っこばかりを伸ばしている姿だって、ある意味美しいし、愛らしい。
そして、ある程度根っこがしっかり伸びて、「春」という「時期」が来たら、必ず芽は出る。それが自然の流れだ。

人間も同じかも。
「優しくなれたらいいのに。執着を捨てられたらいいのに。がんばらずに肩の力を抜いて生きられたらいいのに」
と頭ではわかっていても、どうしても心と体が動かない時がある。そんな時には、思いっきり、突っ走って、ぐちゃぐちゃな人生を歩いてみればいい。それはそれで、本人は気に入らなくても、他人から見れば美しく見えることだってある。
そして、徹底的にいろいろやりきったら、無理をしなくても力を抜ける時期が自然にやってくる。その時が、その人の本当の「花」が自然に咲く時期なのかな・・・と思う。

 きっと、玉三郎さんの人生にはもっともっとふんわり美しく舞う日が来るだろう。でも、「汗水流して、試行錯誤しながら頑張っている玉三郎さん」という美しい姿は、今の今しか見られないものだ。
 「今日」しか見られない美しさ楽しさ。「今」しか体験できない美しさ、楽しさ。
 視点を変えたら、もっともっとある気がする。
 
 そんな「今」「今日」をいっぱい探せたらいいな。
23 : 59 : 28 | ひとりごと | page top↑
| ホーム |