FC2ブログ
視点を変える
2008 / 02 / 27 ( Wed )
 「引き寄せの法則」とか「欲しいものを引き寄せるコツ」とかいう題名の本が売れているようだ。「引き寄せ」という題名の本を見る度に、
 「引き寄せる…って言葉を使うと、「私はそれを持ってません。欲しいものは私から離れた所にあります」と、無意識で公言したようなものだ。
パワーの少ない人なら「引き寄せよう」でも実現できるけれど、パワーが大きい人は「引き寄せたい」と思えば思うほど、むしろどんどん離れていくよなあ…。
本によっては、「引き寄せたいという思いを手放し、手に入れた時の実感や感動を想像しましょう」と教えているのだろう。でも、家でも、車でも、地位でも、配偶者でも「しっかり手に入れたもの」は感動を通り越して、色褪せた日常になってしまうのが通常。
それに、欲しいものは、手に入れられる運命にあるなら、努力しなくったって手に入るんだけど…」
 なんて矛盾をいつも感じていた。

 でも、最近では、
「持ってないものを「引き寄せて、手に入れる」というのは、とても楽しいゲームなんだな」
 と思う。
あの手この手を使って、苦労して苦労して、やっとの思いで手に入れたものほど、貴重でありがたくて大切なものに感じる。
 たとえば、イチゴは、春になれば苦労しなくてもたくさん実る。でも、冬にイチゴを食べたかったら、ハウス栽培で手塩にかけて、とてつもない労力をかけなければいけない。でも、苦労した分、「クリスマスにイチゴが食べられるなんて、いい時代に生まれたわ」と思えたりする。
それと同じで、もしかすると人は、
 「こんなに苦労して手に入れた! 手にした時の実感はそりゃあ感動ものだったわ!」
 という感動を味わいたくて、時期を待てば簡単に手に入るものを、大変な思いをして手に入れようとするのかもしれないなあ…と思う。
 つまり、案外、「苦労」とか、「持ってない」とか、「大変」っていうのは、楽しいものなのかもしれない。
…と、ほんのちょっと視点を変えると、世界はかなり違って見えてくる。

 視点を変える…といえば、先日、こんなことを感じた。
 よく、
「よりよい人間関係は、相手のことをよく理解することから。相手を理解するためには、相手についてよく知ること」
というけれど…。

もしかすると、「相手そのもの」を見つめるよりも、「相手は何を見ているのか」と一緒に同じものを見つめて、同じ感覚、同じ感動、同じ喜びを共有する方がずっとずっと「お互いを理解し合った」ことになるのかもしれない。
案外、私たちは「相手のことを理解したい」「自分のことを理解してもらいたい」と思うあまり、お互いを見つめ過ぎ、求め過ぎて、息苦しくなってしまうのかも…。
そんな時には、ちょっと視線を外して、咲きほこる花々や沈む夕日を一緒に眺めてみると気持ちがいいかもね。

ほんのちょっと視点を変える…。でも、案外それが難しいんだよねー。
 
 話は変わって…。

 谷村新司のソロモン流を見た。
 彼も「天から落ちてくるもの」とか「自分の中に湧いてくる感覚」などに動かされて生きている人なんだなあと思った。

 谷村さんは「昴」という曲を書いた当時、「なぜ『さらば昴よ』なんだろう?」と思っていたそうだ。そして、何年もたった今になって、その理由がわかったとか。
 「昴」というのは「極まった物、極まった時代」の象徴なのだそう。
頂点を極めたものにずっとすがっていると、それに捉われて身動きができなくなり発展性がなくなる。だから、「物事が極まった時」はそれを潔くすべて捨てて、「ゼロ」「からっぽ」になって歩きだす勇気が必要…と歌った曲が「昴」なのだとか。
 
その言葉通り、谷村さんはアリスが頂点を極めた時に解散し、自身のソロ活動が極まった時には事務所をすべてたたんで完全にゼロに戻ったのだそうだ。
 そして、空っぽになった時初めて、「ゼロになっていなければ受けることはできなかった仕事」が舞い込んできた。以来(?!)、
 「これから何をやればいいのかは、自分が考えなくても「縁」が運んできてくれる。それが自分の「天命」だ」
 と流れに完全に身を任して過ごしておられるようだ。

 とても共感する所が大きかった。
 私も「僕が僕に還る旅」の本を書いておきながら、
「この物語は、なぜここで終わっているのだろう。でも、こういう流れの話で、こう終わるしかないんだよね…」
 とずっと思っていた。最近になって初めて、
「あの物語は「十牛図」(中国の人生哲学の絵)になっているんだ! だから、あれはあれで完成したものなんだ」
 とはっと気がついた。

 考えてみれば、今まで書いてきたどの本も、それぞれのテーマとして私の中では完全に「極まった形」になっている。だから、「似たようなテーマでもう一冊書きませんか」と言われても、ガンとして断ってきた。
それは私なりの「極まったものは潔く捨てて終わりにしていく」という形だったような気がする。

仕事も人間関係も文明も、「極まる時」というのがある。
それは必ずしも、その道の頂点に達する時ばかりではなく、「このアイテムがゲットできれば、私の人生にこの道はいらない」とか、「この道では先行きが寸づまりになる」と道半ばで極まる時もある。
いずれにしても「極まった」という感覚を無視して、「道」にしがみついていると、身動きできなくなるばかりでなく、そのうち崩壊が起こって強制的に「ゼロ」にさせられてしまう。強制的にゼロになると、心と体の痛手はかなり大きい。歩きだすのに相当の労力がいるし、場合によっては立ち直るのが難しいことすらある。

だから、そうなる前に「道は極まったな」と思ったら、さっと、今まで得たもののすべてを潔く捨てられる勇気が必要だ。そうすれば、空っぽになったところに、すっと新しいものが降りてきて、うまく切り替えられる。
ゼロとか空は、実は「無」ではなく「すべて」である、一番力強いパワーを秘めた状態だ。

…とはわかっていても、実際に、得てきたものが大きければ大きいほど、一切合財全部捨てるには相当の勇気がいる。
谷村さんはさらっと「事務所もたたんで、1年間仕事をすべてゼロにした」と語っておられたが、相当の勇気と自分の中の感覚を信じる強さがなければできなかったことだろう。
すごい生き方をしている人だと、あらためて思った。

テーマ:モノの見方、考え方。 - ジャンル:心と身体

22 : 36 : 04 | 心とからだ | page top↑
| ホーム |