FC2ブログ
究極の幸せ
2008 / 03 / 29 ( Sat )
ターシャ・テューダ展に行ってきた。
展示してあるターシャ愛用の食器、家具、衣類などは、ごくごくありふれたもので、日常の手垢がたっぷり付いている感じ。なんだか、我が家の焦げ付いたフライパン、注ぎ口が欠けた急須、着古した普段着が展示してあるような感覚だ。
でも、その「日常の手垢」から、
「ああ、本当にこの人は、ごくごくありふれた日常を愛し、大切にし、満喫しているんだな」
 と痛感させられた。

 とはいえ、私はターシャのように、草花の手入れをして、料理をして、保存食を作って、手芸をして…というまめな性格ではない。気が向いた時に、似たようなことを猛烈な勢いでやるけれど、習慣化してくると途端に興味が失せる。基本的に、だらだらのんびりしているのが好きなのだ。
 「こんな性格の私が「日常を究極に満喫する」にはどうしたらいいのだろう。ターシャが花や料理を愛しているのと同じくらい、私が愛している日常って何?」
と考えていて、ハタと思い当たった。
 そうだ! 私が好きなのは、「だらだらのんびり」だ!
もっと突き詰めて言えば、「ふとんにくるまって、ゴロゴロしながら、空想している」のが究極に大好きなのだ!
 心理テストなんかでも、「あなたはとてもリラックスして、幸せな気分です。どこにいますか?」と聞かれたら、いつでも迷わず「ふとんの中!」と答える。子供の頃からそう。
 たぶん、子供のころに繰り返し見ていた大好きな夢、「十二単のような着物(?!)を着て、ボーっと庭を眺めている」と、「ふとんにくるまって、ボーっとしている」は感覚が似ているのかもしれない。

 ふわふわの羽根ふとんを体に巻きつけて、ゴロゴロしながら、
「ああ、あの時味わった何ともいえない感覚が楽しくて、気持ちよかったのよねー。愛が溢れてるって、ああいう感覚よねー」
 と過去のささいな幸せ体験をボーっと反芻していると、最高に至福を感じる。放っておいたら、日長一日でも、ボーっとしていられる。
 だから、あまりにもボーっとしていると、「いかんいかん、仕事しなきゃ。食事の支度しなきゃ」と自分に鞭打って、日常に舞い戻っていた。

 でも、ターシャ・テューダ展に行ってからは、
 「ターシャの幸せは、花を育て、絵を描き、物を作ることだけれど、私の究極の幸せは、ふとんの中でゴロゴロなんだ。
 バックも服もおしゃれな家具も欲しいとは思わないし、趣味や仕事もとことんやって、十分満足した。こうしたものは、私の生活の中で一切いらない!
 安心して布団でゴロゴロして、おいしい粗食を食べて、ごくたまにちょっとリッチな(といっても何千円くらいの)外食ができれば、十分幸せ♪
 だったら、それくらいの生活資金(月5万もあれば十分!)を稼いで、日々の生活空間を調えていれば、最高に幸せじゃない!
そのためには、自分自身に、「ふとんにくるまってゴロゴロすることは、自分自身を最高に幸せにする、とっても生産性のあることだよ」って言えればいいだけなんだ!
幸せって、なんて安上がりで、安易なものだったのかしらー。
たったそれだけのことに気づくまでに、これだけの複雑怪奇な人生があったのねえ…」
 なんて思うようになった。

 そればかりか、こんなにゴロゴロ好きならば、将来ボケるのも悪くないかなとも思う。
 日長一日、ひなたぼっこをしながら、最高の思い出ばかりを何度も何度も繰り返し反芻していられるなんて、最高に幸せだ。
もし、
「寝てばかりいたらダメ。リハビリに、食事に、散歩に、手芸に…あれもこれもやりなさい。動かないと大変なことになっちゃうわよ」
なんて言って、私の最高の幸せを無理矢理奪う介護者がいたら、
「イヤーー!! どうして放っておいてくれないのよっ! 私の幸せを取り上げるなんて、鬼!」
って言って、思いっきり暴れて困らせてやろーっと♪
 …なんて考えていると、とっても楽しい。と、同時に、痴呆老人がうとうとしている時、誰よりも幸せそうだったのに、介護者が自分の都合を押し付けた途端に暴れだす気持ちがとってもよくわかった。

 幸せの形は十人十色。本人が幸せなら、それがどんな形でもいいんだよねー♪

テーマ:幸せになる考え方 - ジャンル:心と身体

22 : 09 : 36 | ひとりごと | page top↑
| ホーム |