FC2ブログ
視点が変わる
2008 / 04 / 21 ( Mon )
 わかっているようで、実は一番わかっていないのが、自分自身だなあと、最近つくづく思う。

 たとえば、私はずっと
「人生に起こるいろいろな問題をどう乗り越え、どんな風に生きるのが自分らしいか」
と考えてきた。お陰で、たくさんの人と関わることができ、ありとあらゆる人生の選択肢をみることができた。でも、そういう生活をしているうちに、いつしか、
「どんな問題をも乗り越えられて、なおかつ、自分らしく生きられるようになるのが、私の人生の目標」
だと思い込んでしまい、いつも人生に「問題」「多様性」を創っていたような気がする。

最近になって、ようやく、
「今までは、「いろいろな人生を見て、いろいろな問題解決方法を知ること」が楽しくて、幸せだったから、そういう生活を選んでいただけ。でも、実は私にとって大切だったのは「楽しくて幸せな人生」の方だったんだ」
と気がついた。
ほんのわずかな視点の違いなのだけれど、それだけで、日々の生活は随分変わったように思う。

 また、最近、つくづくしみじみ、こんな風にも思う。
「思いっきり感謝できる、祈れる、愛せる…ってことは、なんて心地よくて、幸せなことなんだろう!! 実は、感謝し、祈り、愛するのは、そうすること自体で、最高の幸福感を味わえるからだったんだー!
きっと今までは、「素晴らしい自分になりたい」という目標のために、課題として「感謝、祈り、愛」に取り組んできたから、時々辛くなることがあったんだなあ」

 もうちょっと早く気づけば、もっと気楽に楽しく生きられたのに・・・と思ったりもするけれど、でもまあ、そういう生き方しかできなかったんだよなーとも思う。
 
 思いっきり、がんばったり、突っ張ったり、反抗したりすることでしか、前に進めない時ってある。そんな時は、やりたいだけやってみればいい。
 ある日突然視界が開けて、楽になることもあるから…。
 
「ああ、本当に何も心配しなくてよかったんだあ…。いいことも、大変なことも必要があって起こるだけ。起こった理由がわかれば、安心できる。
今まで、心配することに使っていたエネルギーと時間はもったいなかったなー。
 これからは不安や心配が心に湧いてきても、あまり注目しないようにしよう。それよりは、もっともっと、目の前にあるささやかな幸せを大切に味わっていこう。そうすれば、自然に危険も避けられるしねー」
 と、ふんわり思える時がくる。
 人生なんて、そんなもんかもしれないなあ…と思う。
22 : 03 : 44 | ひとりごと | page top↑
| ホーム |