FC2ブログ
新刊「僕が僕に還る旅」、ようやく発売!
2006 / 08 / 31 ( Thu )
 ようやく、待ちに待った新刊「僕が僕に還る旅」が発売されました!
今回は出版社さんが小さいところで、印刷部数も少ないので、大手の本屋さんでしか見かけないかもしれません。(実は、私自身もまだ、売られている現場を目撃してない!)

なので、大手の書店がお近くにない場合は、近くの本屋でお取り寄せか、もしくは、アマゾンなどのネット通販をご利用いただくのが便利かと思います。
アマゾンでもようやく取り扱いが始まりました!
(ひまわりクリニックのTOPページからも、リンクしています)


 今回の本は、「童話」というか…「小説」形式です。
ちょっとストーリーをご紹介。
 
「ある朝、主人公の「僕」は目覚めると、あたり一面がスカイブルーに包まれた不思議な国にいた。現れた仙人は、『ここは未来の国というところで、再び地上に生まれ変わりたいと願う魂が集うところだ』という。
 記憶をなくした「僕」は何がなんだかわからないまま、未来の国を旅し始める。そして、そこで出会った人々と話をする中で、「地上の人生」の仕組みを知る。
 果たして、僕は「本当の僕」を取り戻せるのか? そして、僕の人生の結末はいかに??」

 まあ、ようは、「僕」という「正体不明の人物」を通して、物語を読む中で、読者の皆様方にも、「自分探しゲーム」をしていただき、本を読み終わる頃には、
「そうかあ。もしかすると、自分はこんな目的を持って、この世に生まれてくることを決意したのかも…。人生に起こった、あんなこともこんなことも、もしかすると全部意味があって、素敵な未来を創る一つのピースになっているのかも。
自分の人生も、まんざらでもないなあ。自分が好きになった」
 なんて思ってもらえたらいいなあ…という趣向です。

 実は、内容は思いっきりスピリチュアル系。(ずっと、スピリチュアル系の本を書きたくて仕方なかった!)
でも、スピリチュアル系の本って、どうしても怪しい感じの本が多いですよね。なので、そうしたことに全く馴染みのない人にも抵抗なく読んでいただけるようにと、童話の形にしてみました。
編集のお手伝いをしてくださった方々は、スピリチュアル関係の本にはほとんど無縁の方々でしたが、抵抗なく面白く読めたそうです。

だからといって、スピリチュアル系入門書の役割だけかというと、そうでもなく…。
仏教に精通されたある人に読んでいただいたところ、
「童話という、一見優しくてとても読みやすい形をとってるけど、実はここに書かれている理論を本当の意味で理解できる人って、何百万人に一人もいないと思う…」
とびっくりされておられました。
 おっしゃる通り! よくよく読むと、内容は超深いんです。
実は、人生の節目節目で読んだ時に、違ったことが読めるように「隠しアイテム」をいっぱい仕込んであるのでありました!
 それを見破った人は超すごい!!…って感じ?(あなたはどんな「アイテム」を見つけられるか??)

まあ、スピリチュアル系には関心のない人は、単なるファンタジーとして楽しく読めるし、ちょっとスピリチュアル系をかじってみたい人には入門書にできるし、それなりに道を極めた人には、「この単純な表現の中に、こんなすごい意味が隠されている!」という隠しアイテムを探せる…という趣向になっているわけです。

 ついでに、私をよく知っている人たちに言わせると、
「どこを切っても、森津純子が出てくる…っていう感じ。今までの本の中で、一番、森っちゃんらしい!!」
 と大笑いしてました。(そう言われても、どこがそうなのか、私にはわからない???)

 また、この本の編集にずっと付き合ってくださっていたHさんは、
「本を何度も読んでいるうちに、森津先生の思考パターンがわかってきたので、人生に問題が湧いてきた時に、答えがすぐに浮かんでくるようになった」
のだとか。

 まあ、どんな形であれ、楽しんで読んでいただければ幸いです。
 …ということで、新刊「僕が僕に還る旅」に興味を持った人は、売り切れる前に、本屋へGO!!
23 : 58 : 50 | お知らせ | page top↑
| ホーム |