FC2ブログ
未知の世界
2008 / 06 / 23 ( Mon )
 一時期、某舞踊団の研究所に出入りしていたことがある。
 同期の友人たちは今、準舞踊団員として活躍しているから、私もあのまま残っていたら、医者兼舞踊家になっていたかもしれない。たまに、ちょっと寂しい気持ちや惜しい気持ちが心をよぎることもある。

 でも、残らなかったのは、
「舞踊の世界も、大学病院も、会社も似たものなのね。
 トップが「黒」と言ったら、「ははーっ! その通り、黒でございます」と言える適応性がないと、生き残っておいしいポストには就けない。
大きな組織社会って、みんな似たものなのかも…」
と思ったからだ。

 ところで、大きな組織社会には、必ず負け組、いじめられ組の人々がいた。
 「無理してこの世界にいなくても…。もっと自分に合う世界に出て、自分らしく伸び伸び生きればいいのに…」
 と私は思っていたのだが、ほとんどの人は、
「うちのドンはこの業界の有力者だから、ここから出て外で芽が出ても、妨害に合って潰されるわよ。逆に才能もないのに、ここ以外で食べていくには、今以上の苦労をする。辛酸を舐めて、後悔するくらいなら、ここで我慢した方がましよ」
 という「親切な?忠告」に屈して、身動きが取れないまま、スケープゴートの役で一生を終わってしまうようだった。

確かに、なにかのチャンスで外に出た人も、さんざん刷り込まれた「いじめられ役体質」が抜けきらないためか、あるいは「外に出たら不幸になる」という暗示にかかってか、新しい場所でも知らず知らずのうちに「いじめられ役」を演じてしまうことが多いようだった。
 そして、どこに行っても、繰り返し「いじめられ役」を演じることで、
「社会というものはどこも冷たく、厳しいものだ」
 と世の中すべてに「最悪のレッテル」を貼ってしまう…。そして、
「どこに行っても同じなら、なんで最初の所で踏ん張らなかったのだろう」
と後悔し、元の仲間に、
「世の中、どこも同じ。今の集団を出ると後悔するよ」
とグチを漏らすようになる。その結果、元の仲間は、
「やはり、外に出たら不幸になるんだ」
と納得する…。
 これって、とっても不幸な連鎖だ…と思う。

 ちなみに、私は折々にいろいろな集団から、何度も何度も飛び出したアウトローだ。
 集団から出ようと決意するたびに、いろいろな人から、
「ここから出たら、絶対後悔する! 絶対不幸になる。もう少し踏ん張ったら? あなたには我慢や忍耐というものが足りない」
とありがたい忠告をいつもいつも飽きるほどたくさん頂いた。

 でも、集団から出る度に、自由で気楽で伸び伸びして、一歩一歩本当の自分らしい生き方に近づけた。そして、新しい世界に入る度に、
 「そうか、こんなステキな社会もあるのか。こんな素晴らしい世の中の見方もあるのか。こんな生き方もあったのか!」
 と目から鱗の楽しい体験もできた。

 今思うと「親切な忠告」に耳を貸さず、自分の気持ちや直感を信じて、道なき道を進んできてよかったなあと思う。

 未知の世界に一歩踏み出すのは勇気がいる。
でも、今いる場所に違和感や限界を感じるなら、「親切な忠告」には耳を貸さず、勇気を出して新しい世界に飛び込んでみるのも一つだ。
「親切な忠告」をしてくれる人たちのほとんどは、未知の世界を見たことがない。ならば、未知の世界が本当に「不幸で、怖くて、大変なところ」かどうか、その人たちにはわからないはず。

 また、せっかく新しい世界に飛び出すなら、
「ここもまた同じようにひどい所かもしれない…」
という色眼鏡を横に置いて、
「もしかしたら、今までとは違う、新しい世界を発見できるかもしれない。ううん、絶対見つけて見せる!」
と思って、外に出たいものだ。

そうすると、きっと新しい世界が目の前に開けてくる。
18 : 16 : 35 | ひとりごと | page top↑
| ホーム |