FC2ブログ
楽しい不安?!
2008 / 07 / 29 ( Tue )
世間ではバター不足が叫ばれている昨今、我が家にはバター買い占めに情熱を傾けている輩が若干1名いた。
先日、5個目のバターを買ってきたときには…。ついに…切れた!

「そうやってマスコミに踊らされて、必要もないのに買い占める人がいるから、バター不足に拍車がかかるんでしょう?!
バター1個消費するのに我が家は3カ月かかるの! 5個もあったら、全部賞味期限切れちゃうじゃない! 期限切れで捨てたら、本当に必要としている人に申し訳ないでしょう!
戦争体験者が、物を大切にしなくてどうすんのよっ!」
と、ひとしきり怒鳴りまくってから、自己嫌悪に陥る…。
「どんなに怒って、諭したって「本人の意識が変わらない限り、行動は変わらない」のに…。まだ、私は「人は変わらない」って納得できてなかったのね…」

年配の人と話をしてみると、案外、貧乏を経験した人、戦争で不足を経験した人の方が、「物資不足」への不安が強かったりする。
人間、「不足」や「危機」を実体験すると、「平和で何不自由ない日常ってありがたいわね」と感謝の念を強く持つよりも、「不安」「恐怖」の方が強く染みついて、「危機管理」に走る人の方が多いのかもしれない。

NHKの「篤姫」のセリフ、
「開国を促す使者が来るってことは、今、「開国」という流れが来ているということなのかもしれない。変わりゆく面白い時代に生まれてよかった」
じゃないけど(ちなみに、私は家定様が気に入ってたの。死んじゃって残念!)、
「バター不足なら、ちょっとバターを減らすか止めてみるって「流れ」かもしれない。それもまた一興」
と不足を逆手に取れれば、新しい道が開けるかもしれない…と私は思う。でも、現実的には、どんなに諭されようが、怒られようが、自分の中の「不安」「恐怖」と折り合いがつかない人は、「危機管理」に突っ走るだろう。

 ただ、かくいう私も日常の些細なことなら、「なんとかなるさ、それもまた楽し」と簡単に言えるけれど、人生の障害物になってくると、「不安の虫」がうずくこともある。だから、同じかもしれない。
 
ときどき、
「昔遊んだTVゲーム、「プリンセス・メーカー」くらい気楽な気分で、人生を歩けたら面白いかもしれないなあ」
 とか思う。

「プリンセス・メーカー」というのは、主人公の女の子にいろいろな体験をさせ、教育すると、その経験値に合せて、女王さまになったり、魔女になったり、キャリアガールになったりするゲームだ。
 最初のキャラクターの性格に加えて、偶然のハプニングなども絡んで、なかなか思うような「プリンセス」に育たないのが面白い。
 「あちゃー! 今度こそ、女王さまに育てるつもりが、酒場の女主人になっちゃったよ…。ま、次こそ、女王さまに向けて、チャレンジだ!」
 と、ぶつくさ文句を言ったり、
「バンザーイ! 思い通りに育った!」
と嬉々としたりしながら、プリンセスの人生を見守るのはオツなものがあった。
 自分の人生も、ゲーム感覚くらい気楽に、
 「あ、ここ失敗しちゃった! でもま、こっちの道でもいっか!」
 と飄々と歩けたら楽しそう!

 ちなみに、いろいろな人の人生を見ていると、「プリンセス・メーカー」よろしく、いくつかの可能性の中から、行き当たりばったりで、「人生がどこに辿り着くか、終わってみてのお楽しみ♪」という人生を選んでいる人は少なくないように思う。
 反面、「人生に落とし穴、崖、障害物をたくさん用意していて、すごい曲がり道、茨道、道なき道を歩いているけれど、基本的には、この人の人生は緻密に計算された一本道だわね。ゴールがハッキリしている」と感じる人もいる。

 どっちかというと(…どっちといわなくても)、私の人生は「一本道」タイプだ。だからこそ、「絶対に、道を間違えたくない!」と思うんだろう。でも、私が道を間違える…なんて、まずありえないし(根は、かなり臆病で慎重派だから)、間違えても絶対、修正が入って、正しい道に戻るはず。
…と頭でわかっていても、実際にドでかい障害物を目の前にすると、「はて、本当にこの道でいいの? どこかで道を間違えたかしらん? 」と不安になることがある。

 こんな時、結構似たようなタイミングで歩いている友達はとても頼りになる。
 先日も友人から電話がかかってきて、
 「断崖絶壁、曲がり道、落とし穴、川、草茫々…いろいろあっても、地は必ず続いているんだから、絶対何とかなる! …と、頭のどこかではちゃんとわかってるのに、不安になるんだよねー」
 とのたまう。
「わかるわかる!
私も、頭では「自分の人生は一本道タイプだから、ただ歩いているだけで、目的地に辿り着く」ってわかってるんだけど、ちょっと障害物があると、「道を間違えたんじゃないか」と自分の人生が信じ切れなくなるんだよねー。
 そんな時に、人から「運を上げるには、こうすべき」と言われたり、もう一人の「自分」から、「努力しなくちゃ、いい未来は掴めないよ」とお尻を叩かれたりすると、ついつい無駄な横道に入って、かえってひどい目に合っちゃう…(笑)
 だから、今回こそはジタバタせず、無駄な努力はせず、流れのままに…って思うんだけど…。
 よっぽど自分の人生と魂を信用できてないと、「何にも努力しないで、心のままに時を過ごす」って、できないよねー」
 と私。
 「決めた! どうにもこうにもならない時には、「どーにか、こーにかすり抜けられる道はすでに用意されている」って、自分に言うことにしたわっ!」
 「えらいっ! そうだそうだ。うんっ、絶対その通りっ! いけいけ!」
 
 …と、ひとしきり長話してから、
「でも、彼女の人生だったら、悩む必要ないのに…。絶対の絶対に最後では、つじつま合うんだから…」
と思う。

なんたって、この友人、思いっきり行き当たりばったりの生き方をしているのだけど、これが不思議と、すべて絶妙にタイミングがあっているのだ。しかも絶――対、タダではコケん! コケたときには、必ず、目の前に百円玉か、当たりの宝くじの一つも落ちている。そういうラッキーな人生であることは、本人以上に私の方がわかっている。
だから、彼女の人生に、落とし穴があろうが、崖があろうが、障害物があろうが、
「ぜーったい、後でそれが役に立つんだよ」
と安心して、へらへら笑いながら見ていられる。
 でも、彼女に言わせると、
「えー、笑ってるけど、ホントに大変なんだよー! それを言うなら、純ちゃんの方が、よっぽど天に守られた人生を歩いてるよーー」
 なんだそうだ。

 …結局、お互いさまってやつなんだろう。
なんだかんだいって、二人とも、遊園地のお化け屋敷で、「きゃー、わー、こわーい!」って、叫ぶのが好きなタイプなんだな…と思ったりする。
23 : 11 : 37 | ひとりごと | page top↑
| ホーム |