近未来
2014 / 08 / 30 ( Sat )
少し前に、「ロボット開発の現状」についての番組を見た。
知らない間に、この分野は随分発展しているらしい。

とても人間に近いロボットを、実際にパソコンなどの機器を使って遠隔操作し、
まるで本当に生きている存在のように感じさせることもできるようになったとか…。

面白かったのは、遠隔操作していているロボットが、誰かに触られたり、
動かされたりすると、操作している人は、「まるで、直接自分が触られたかのように感じる」
という話。

ここまでくると、もう何十年かしたら、
「職場では、自分の代わりのロボットが働いてくれる。
自宅でそのロボットを遠隔操作すれば、お仕事完了。出勤する必要なし!」
なーんて時代が来たり、銀河鉄道999の世界じゃないけれど、
「一人一台、ロボットの身体を購入。壊れたら取り換え可能」
なんて時代が来るのかもしれない。

そうなると、今、
「パソコンの中の仮想空間で、アバターを動かしている」
ような感覚で、現実世界の中でも、アバターのロボットが動き始めたりするわけだ。
普通の人に交じって、ゆるキャラやウルトラマンが生活している感じ??

でも、もし、そんな世界になったら…。
犬型ロボットを動かしてみたいかも…。
犬の視点で、世の中を見たら、ずいぶん違って見えるかもしれない。
思いっきりいたずらしたり、日常生活の中の平凡で些細なことに「わー、面白い!」
と反応してみたり、しっぽ振ってニコニコしてみたりして、
周りの人がどんな反応をするか見てみたい♪

…と考えていたら、私が動かす「犬ロボット」の性格は、
まさにうちの「ゆめちゃん」そのものになりそうで、思わず苦笑してしまった!

とにもかくにも、近未来、どんな面白おかしいことになっているのか、
ちょっとのぞいてみたいな…♪

 ゆめ  「純子姉ったら、いつも、「困ったいたずらゆめちゃん」っていうけど、
 実は、アタチになりたかったんじゃない!
 この間、アタチが、パソコンを面白がっていたずらしたり、
 洗濯が面白くて引っ張り回したり、
 水にドライアイスを入れて、シュワシュワしているのをわくわくしながら見てたのが、
 うらやましかったんでしょう?
 まーったく、正直じゃないわねー!」
11 : 05 : 58 | 未分類 | page top↑
時代の変遷
2013 / 07 / 25 ( Thu )
先日、手塚・石ノ森の作品「初回・最終回」特集を見た。

昭和の放送当時、
「よくこんな特撮映像を撮ることを思いついたなー。人間ってすごい!」
と感動しながら見た番組も、今見ると、子供だましの紙芝居の様で
笑ってしまうシーンも多々。
でも、こうした時代を経て、日本の映像作成の技術向上があったのだと思うと、
感慨深くもあった。

中でも、「リボンの騎士」には、あらためて感動!
「アニメーション技術がまだまだ十分でない時に、
よくぞこんな躍動感あふれるストーリー展開を考え、すごい映像を創り、
ポップな音楽を考えたなあ」という感じ。

当時のスタッフの
「いい作品を作るぞ!」
という意気込み、エネルギーが作品の端々に表れていて、
今の時代の「ともかくどんどん作品を創れ」といったぬるま湯的な雰囲気とは、
一線を隔している気がする。

こうしたテレビ番組の変遷を見るだけでも、
戦後の昭和から平成へ移り変わってくる時代は
すごく面白い時代だったんだなあと、あらためて痛感する。

同じ様に、電化製品の変遷も面白い。中でも「洗濯機」は注目株。
昔は、大仕事だった「洗濯」は、技術の進歩でとても楽になった。
洗濯板で洗っていた時代から、当時は「画期的発明!」ともてはやされた
ローラー式の脱水装置がついた洗濯機が出現した時代、二層式洗濯機が一般的になった時代、
さらに全自動洗濯機が登場した時代、乾燥機能まで付いた時代…と、
洗濯機は大きく変遷。
それに伴って、女性たちの生活が大きく変化するのを肌で体感できた。

本当に、昭和から平成にかけての時代の変化は面白い。
こんなに変化に富んだ時代は、歴史の中でも類を見ないだろう。
なにしろ、世の中の多くの人が、戦争の爪痕が残る貧困から、
世界旅行が普通にできる豊かな生活まで、
大きなギャップのある生活を体験しているのだから…。

そう考えると、これだけ大きな変動、変化を生で体感できたことは、
それだけで貴重な体験であり、人生だったのだと思う。

例えば、原始時代や戦国時代など、過去の様々な時代に生きていた人が、
雲の上からこの時代を見たら、
「実際に生きたら、めまぐるしい変化で、心と体のアップダウンは激しいだろうけど、
うらやましい時代だなあ。こんな時代に生きてみたかったなあ。
この時代で何か活躍できたら、どんなに楽しいだろう!
でも、実際に、何か具体的な活動していると、
それ以外の事は目に入らなくなっちゃう。

だったら、好きな時代のドラマのエキストラに参加するように、
普通の1市民として、社会が変化するのにあわせて、一緒にあたふたしながら、
ただ変化を実体感するだけでも面白そう…♪」
とか思うんじゃないだろうか。

あるいは、そう思ってこの時代を選んで生まれてきた人も
少なくないような気がする。

そう考えると、「時代の移り変わりを満喫して、ただ生きる」だけでも、
「人生は十分意義がある」に違いない。

なるほど…。
だから、突き詰めていくと、
「何かを成さずとも、生まれて生きただけで、その人の人生には意味や意義がある」
のかもねー。
09 : 03 : 25 | 未分類 | page top↑
地震
2011 / 03 / 15 ( Tue )
ご心配をいただいた皆さん、ありがとうございます。
当方、被害はありません。
ただ、輪番停電の実施予定によっては電話が通じなくなることがございます。
なにとぞご了承、ご協力くださいませ。

********************
今回の地震では、本当にいろいろなことを考えさせられた。

揺れている最中、
「ああ、とうとう大震災がきた。まあ、死ぬ時は死ぬんだから、仕方ないとして…。
幸運にも落ち着いたらどう動くか」
と考えて、「自分にとって何が一番大切か」を再確認したことから始まり…。

「食事をして、布団で眠れるって、どんなに幸せなことか」
「誰かに看取られて、葬儀をあげて、お墓にお骨が納められるって恵まれているんだ」とか、
普段「普通」と思っていることを、さらに実感を持って「幸せなことだ」と再確認できたり…。

ぎちぎちに詰まっている本棚より、整然と余裕を持って並べられている本棚や、
軽いものの方が落ちやすく壊れやすいんだなあ…と知ったり…。
一戸建てに比べて、高層建築は相当揺れるんだなあ…と納得したり。

津波が来ているのに携帯で映像を撮っていて巻き込まれたり、
物資が不足しているのに普段と同じように生活しようとしたり…と、
かなり危機に陥っても、日常のパターンをキープしようとする人や、
状況や立場を理解できない人って多いんだなあ…と、
あらためて認識させられたり…。

「大切なものは、人より財産」って考えの人も多いし、
「こんな状況下でも自分の利益だけを考えたり、
不幸を面白い映画のように見ている人もいる」と、
あらためて実感する事実を目の当たりにしたり、
「家族なのに、丸2日連絡がつかなくても、あまり心配しない人もいる」
という実例を見聞きしたりすると、
「大切な人を心に描いて、心配をしたりされたりできる人生…というだけでも、
すごく幸せなんだなあ…」
と思ったり…。

政治家や会社のお偉いさんたちは、こんな非常事態でもおバカで無駄な会議をやって、
どうでもいい資料を揃えたり、体裁を整えることなどにこだわって、
本質を見失ってるんだなあ…とか。

テレビの野次馬根性の報道はやめて、情報を一か所にまとめ、放送も1-2局に絞り、
あまった野次馬根性エネルギーで被災地に物資を運搬したり、
救助活動したりすればいいのに…とか。

思うことは切りがないけれど…。
ともかく、「もののけ姫」の映画じゃないが、起こってしまったことは取り返しがつかない。
でも、せめてせめて、失った命を胸に刻んで、
これから新たに立て直す世界がいい形になるように考えたい。

崩壊した日本を救うことで、世界が平和に向かって一つになる…とか。
大変な立場が身を持ってわかるようになり、相互扶助の心がいきわたる…とか。
原子力エネルギーを手放して、太陽光発電が中心になる…とか。
不眠不休不夜城のような商業施設が、田舎や昔のように日中中心の営業になる…とか。
食品の無駄な廃棄がなくなる…とか。

この地震は、社会全体が人にも地球にも優しいエコな生き方に変わっていく
チャンスになるだろうし、新しい時代への変化を加速させる気がする。
…というか、そうすることが、生き延びている人の役割かな…とも思う。


…余談…

友人曰く、
「今度の地震は、「愛の真価」が問われたような気がする!
 誰が本当の愛を持っていて、誰がうわべだけの関係で、
誰が何を大切にしてるのかがよーくわかった!
 ○ちゃんは、この地震でとうとうダンナに見切りをつけて、
離婚することにしたって!」

愛の真価…ね。
地震を機会に変わっていく人間関係って、いっぱいあるんだろうなあ…。
21 : 05 : 28 | 未分類 | page top↑
天使
2009 / 10 / 15 ( Thu )
 那須のステンドグラス美術館に行ってきた。
 ここはとても「気」がいいのでお気に入り。
 
 美術館内の教会では日に数回パイプオルガンの演奏が数曲あるのだが、
最後の曲が飛び抜けて素晴らしかった。
 聴いているうちに、金色の光に包まれ、たくさんの天使が次々に降りてきて祝福さ
れているような気分になり、気づいたら涙が止まらなくなっていた。
 とても不思議な体験だった。
 「見える人」がいたら、「本当に天使がいた」というかもしれない。

 「本当はどうなんだろうか?」
 と自問自答してみて、ふと気がついた。

 「本当はどうか?」と問う時、何をもって「本当」と判断するのか?
 人はつい、周りの人…特に自分より「能力のある人」「経験のある人」
「知識のある人」に意見を伺い、その「偉い人」のお墨付きを得ることで、
 「自分の感じたことは正しかった」
 と確認したがる。

 でも本当は、誰かに確認を求める必要など何もない。
 「私はとても感動した」「私はこう感じた」ということが「自分にとっての真実」だ。
…ただ、キッパリとそう言い切り、周りの意見に揺るがされず、「感じたこと」を大
切にして、日々を積み重ねていくことは案外難しい。

 同じように、日常生活の中で、「自分にいつも○をつける」
「いつも心地よいものを選ぶ」「いつも好きなものを選ぶ」「いつも○を選ぶ」
「できたことで「よし」とする」と、シンプルかつスマートにできたら、
人生はとーーーってもシンプルになるのかもしれない。
11 : 42 : 32 | 未分類 | page top↑
気分転換
2009 / 09 / 09 ( Wed )
 気分転換に映画「アマルフィー」を見に行った。なかなかよかった!
 海外に全く興味がない私でも、「イタリアの街並ってステキ…」と思わせられたのだから、
イタリア好きにはたまらない映画だろう。
 役者も芸達者ばかり揃えていたから、セリフのない演技がとてもよかったし…。
 出不精、乗り物嫌いの人間でも、映像を通して旅行気分になれるなんて、
いい時代に生まれたもんだ!

また先日は、妹が「ひこにゃん(彦根のゆるキャラ)が赤レンガ倉庫にくるらしい!」
との情報をゲットしてきたので、一緒に見に行ってきた。
ひこにゃんは、ディズニーのキャラと違って歌やダンスはできない。
ぽよぽよ歩いて、手を振るだけ。
観客からもらった土産を袋から出したはいいけど、袋に戻せなくなって四苦八苦。最
後はスタッフのお兄さんに、
「袋に戻せなくなっちゃったのー! 手伝ってー!」
と泣きついてしまう。

でも、そんな風に、「できなかったり、失敗したり、困ってフリーズしている姿」が
なんとも愛らしい…。
「ひこにゃんの仕事」=「かわいくて、ドジで、ボーっとしていること」って感じ?

 人間だったら、許されないけど、ゆるキャラとか動物なら「それもあり」になることって、
結構いっぱいあるかもしれない。
 「ご主人様を10年間待ち続けたハチ公」も、犬なら感動物語になるけど、人間だっ
たら「そんなに待ち続けていたら体に悪い」と注意されるか、「執着」「依存」「ス
トーカー」といわれるのが関の山…。
 そう考えると、「人間」って職業は大変だわね。
 
 変わった人に出会ったとき、「それってどうなのよ?」と思っても、「この人がゆ
るキャラだったら? ワンコだったら?」と考えると、「ま、いっか。それもありか
な」と気楽に考えられることがある。
 せっかく平和で何でもありの時代に生まれたんだから、ゆるく生きたいもんだ。
21 : 26 : 12 | 未分類 | page top↑
前ページ | ホーム | 次ページ