FC2ブログ
変化の波に乗って
2019 / 03 / 04 ( Mon )
ここ数か月、変革の流れが強くなっているのか、
「大きな波」を体験している人が周りに増えている。

この分だと、平成の終わりと共に、
価値観や生活の形態は大きく変わりそうな気がする。

たとえば、今の時代、勉強、買い物、仕事…など、
多くのことが、ネットで簡単に出来るようになってきた。

昔の親たちの小言は、
「テレビばっかり見て!」
「ゲームばかりやって!」
「ネットばかり見て!」
だったけれど、
今や、テレビ、ゲーム、ネット関係の仕事は立派な高収入。

そればかりか、対戦型ネットゲームが
オリンピックの種目になる日も近いとか…。

さらには、接客の仕事もロボットやアバターを使って、
在宅で出来る時代もすぐそこまで来ているとも聞く。
そうなると「引きこもり」などは問題視されなくなるだろう。

また、子供の頃から、好きなことだけをとことんやり、
「早いうちからその道のプロになる」
という若い子もどんどん増えている。

たぶん、これからの若い世代は、何の迷いも疑いもなく、
「やりたいことをやりたいスタンスでやる。
 それが自分にとっても周りにとっても幸せにつながる」
と思い、実行していくだろう。

そうなると、
「生きるとはどういうことか」
「私は何のために生きているのか」
などと悩む人は少なくなっていくに違いない。

それでももし、「生きるとはどういうことか」と悩む人がいたとしても、
アバターやロボットを使う中で、「生と死」は疑似体験しやすくなるので、
その結果、自分なりの答えも簡単に見つけ出しやすくなるだろう。

…となると、もう何十年かすれば、
カウンセリング、心療内科、カルト宗教などは
お役御免、時代遅れの産物になるに違いない。

そして、歴史の授業などでは、
「昭和、平成の時代は、
 戦争、平和、高度成長、災害など大きな価値転換があったため
 精神模索の時代であった」
とか言われるのかもしれない。

なので、この先は私も時代の流れに合わせて、
働くスタンスを変えていこうと思う。

たとえば、「カウンセリング」というスタンスは、
教え導き支えるイメージが強いので終了。

これからはもっと、
「人々が自らの力で、
 自分の中にある「答え」や「道」や「可能性」に気づく場」
としての役割を強く意識していきたい。

そして、ゆくゆくは定年退職して、
趣味にまい進…っていうのがいいかな~。


17 : 19 : 52 | 未分類 | page top↑
平成最後の正月
2019 / 01 / 30 ( Wed )
平成最後のお正月は、いつものお節を少なめに作り、
市販のオードブル風のお節を買い足して華やかにしてみた。

今回選んだお節は「美虎&アル・ケッチャーノ」。
自分ではなかなか扱えない珍しい食材、
自分の発想の中にない味付け…などなど、
正月から新鮮な体験ができてとても楽しく、
しかも、とてもおいしかった!

普段、なかなか有名シェフの店には食べに行けないけれど、
お節として手軽に自宅で味わえるのはありがたい。
それに、目先が変わるのもとても楽しい。
来年はぜひまた、別のシェフのお節にチャレンジしてみたい。

それにしても、近頃のデパ地下総菜やコンビニの食品開発の力はすごい!
超高級料理店には行ったことがないからわからないけど、
それなりの有名高級店の味と比べて、
遜色ないくらい美味しいものがリーズナブルに楽しめる。

特にコンビニスイーツなどは、
「有名店の同じような高いデザートより、コンビニの方が断然おいしかった」
と思うことも多々。

きっと、その陰には、食品開発の人たちの並々ならぬ努力があるのだろう。
開発者、生産者の人たちに感謝しつつ、
今年もお手軽に楽しめるグルメをいろいろ探そうっと。

柴犬ゆめ菜日記
(テレビ撮影)

去年の年末、いつもの道を朝散歩していたら、
あまり会ったことのない黒柴ちゃんがいたの。
しかも、連れているのはお父さん(男性)

「わーい! こんにちは!」
って、あいさつしに行こうと思ったら、純子姉に、
「だめだめ! 今日は、そっちに行っちゃダメ!」
って、阻止されちゃった…。

えー! 行きたい行きたい! 交流したい!
…って随分粘ったけど、ダメだった…。

テレビ撮影で、カメラが回ってたから止めたんだって。

ちなみに、その時撮影していたドラマが最近始まったのよ。
3人のおじさんが、それぞれの飼っている柴犬を連れて
公園であれこれ話をしている「柴公園」ってドラマ。
ローカル局やBSで放送してるらしいわ。

犬飼いさんあるある話に、ひたすらワンコのかわいい表情、
まったり癒し系で、ちょっと「なるほど…」と
考えさせられるほっこりドラマみたいよ。


10 : 33 : 25 | 未分類 | page top↑
平成最後の年越
2018 / 12 / 30 ( Sun )
異常気象のオンパレードだった一年もいよいよ終わり。

そして来年はいよいよ平成に変わる新時代の到来。
どんな時代になるのか…?!

今の子供たちや若い世代に触れていると、
「昭和の時代は、戦争の爪痕が色濃かったんだなあ…。
 新しいスタンス、感覚で生きる時代が始まっているな」
と感じる。

新時代の幕開けの年は、
面白い体験ができるといいな~。

皆様、良いお年を!

16 : 13 : 29 | 未分類 | page top↑
つながり
2018 / 12 / 05 ( Wed )
12月だというのに、日本の各地で夏日になるなんて、
今年は異常気象に始まって、異常気象に終わった感じ…。

ところで先日、
著名人のルーツを探る番組「ファミリーヒストリー」を見ていて驚いた。

「えー! Aさんって、有名人の〇さんの従兄だったんだ!
それだけでなく、〇さんの家系をたどるとBさんにも行きつくんだ!!」

ファミリーヒストリーは、今までも時々見ていたが、
ルーツの中に身近な知り合いが出てきたのは初めて!
しかも、AさんとBさん、同時に2人も!

ちなみに、AさんとBさんは私の知っている人だけれど、
それぞれの人生の中では、交流が生まれるとは思えないくらい
離れた世界で生きている人たち。
それが血縁を通して繋がっているなんて、本当に驚き…!

以前、どこかで、
「知り合いを7人たどれば、世界中のどんな人とも繋がることができる」
と聞いたことがあるけれど…。
全く異なる業界の人同士でも、
こんな風に血縁関係で繋がっていることがあるのなら、
「知人関係をたどればどんな人にも辿り着く」
というのは真実かもしれない。
ましてや、今やネットを通して世界のどんな人とも繋がれる時代。

「私は社会との繋がりはほとんどない」
と思っている人でも、
自分自身ですら全く知らないところ、知らない形で
人々と繋がり合っているに違いない…と、強く思わされた。

16 : 58 : 04 | 未分類 | page top↑
楽しみの達人
2018 / 11 / 06 ( Tue )
台風24号は「ひまわり」にも被害をもたらした。
庭木が大きくバッキリ折れ、塩害でいくつかの植物が萎れた。
その時の片付けが大変だったので、
植木屋さんに頼んで、庭木の手入れがしやすいように調えてもらった。

植木屋さんのお手入れ中、
お隣りの小っちゃい男の子が抱っこされて外に出てきた。
すると彼の目は、すっかり植木屋さんの仕事に釘付けに…!

大きな枝が切り落とされるたびに、喃語で感動を叫びまくり、
「おお~! (枝が落ちたよー)」
「うわあー! (切り株、真ん丸だねー!)」
「うおー!! (どんどんきれいになるねー!!)」
とかぶりつきでお仕事見学。

植木屋さんは、彼の目にはスーパーヒーローに映っているらしい!
そんな姿を見ているだけで、こっちまでワクワク楽しくなってきた。

思わず一緒に、
「スーパーマンの植木屋さん、かっこいいねー!
  こんな大きな幹もあっという間に切れたよ~♪
 機械をブオーって動かしたら、葉っぱがくるくる踊ってるねー」
とか言いながら、私もお仕事観戦。

見られている植木屋さんもすっかり上機嫌。

今までにも何度か植木の剪定をしてもらったことはあったけれど、
こんなに楽しい時間を過ごせたのは初めて。

「たった一人の存在だけで、こんなにも世界が変わるんだー!
 喜び上手、楽しみ上手の人は、
 そこにいるだけで周りを幸せにする奇特な存在だなあ!」
とあらためて実感。

ちなみに、うちのゆめ菜さんも、喜び上手、楽しみ上手。

先日、ゆめ菜さんの目の前で、
居間のテーブルをコタツ仕様にチェンジしたら…。

天板を外すために、
テーブルの上に載っていたペン&リモコン立てをよけただけで
「えー! 
 テーブルの上に、そんなもの載せてたの?!
 知らなかったよ!! マジ?!」
と食いついてきてきた。

その後、天板を動かしたり、布団を出したりする度に、
「嘘~。マジ~?! それって、そうなってたの?!」
と、真ん丸どんぐりお目目で、面白がっていた。

その反応を見ているだけで、メチャ面白い。
たかがコタツを出すだけのことが、
ハロウィーンのお祭りにも負けない面白いイベントになるなんて…!

そんなこんなで、日々ささやかで面白い出来事をじっくり味わっていると、
何もしなくても時間があっという間に過ぎていく。

でも、ささやかな幸せをじっくり味わえるのは、
大きな「大変」がなくて、心にゆとりを持てる余裕があるからかもしれない。
それって、本当にありがたくて幸せなことだ。

09 : 26 : 29 | 未分類 | page top↑
前ページ | ホーム | 次ページ