FC2ブログ
充実の時間
2019 / 05 / 06 ( Mon )
連休を有効活用して「片付け」をした。

ちまたで流行中の
「ときめくものだけ残す。ここ1~2年使わなかったものは捨てる」
というやり方は私には合わないので、
ゆっくりじっくり吟味しながら…。

でも、無理ない範囲で、
一日に1~2か所ずつやっているので、大変さはない。
むしろ、片付く度に気持ちよく楽しくなる。

並行して、古くなったものをリメイクしたり、
サマーセーターを編んだり…。

家の中で一人、のんびり自由な時間を満喫していると、
「ああ、そうだった。私は子供の頃から、
 一人で静かに本を読んだり、手芸をしたりしている時間が
 一番好きだったんだなあ…」
ということに思い至った。

今、
「本来の自分が一番心地いいと感じる時間を満喫できる日々」
を過ごせていることにあらためて感謝。

と同時に、人生のいろいろな分岐点があった時、
自分の中の深い部分に問いかけ、
その時、最善と感じる選択をしてきてくれた
過去の自分の勇気にも感謝したくなった。

古くなったものは感謝してどんどん手放し、
すっきりとした今をどんどん作っていこうっと…!



11 : 23 : 51 | 未分類 | page top↑
変遷
2019 / 04 / 06 ( Sat )
今年の春は寒さの影響で、桜がぼちぼち咲いて、
ボチボチ散っていったので長く楽しめた。

その代わりに、
「散り急ぎもなく、咲き残りもない値千金の桜」
という見事な姿が見られなかったのはちょっぴり残念…。

ところでここ最近は、新元号の発表や、
懐かしのロボットアニメを振り返る番組などがあったので、
あらためて、昭和の時代を思い出していた。

あの時代のアニメは、今ならそれほど流行らないであろう
「戦闘もの、魔法少女もの、外国の世界もの」が主流。

たぶん、あの時代、戦争は終わったものの、
まだまだ戦争の名残が残っていた。
だから、アニメは戦闘もの、ドラマはチャンバラが流行ったのだろう。

「戦争を知らない子供たち」なんて歌が流行ったのも、
あの時代の若者には「戦争を知らないことへの負い目」があったから。
今なら、
「戦争? 知らないの当然じゃん!」
で終わり。
戦争を知らないことに何の疑問も、
罪の意識も持たなくて当たり前。

戦争が終わった後も、見えない何かと戦い続けていて、
現実がとても苦しく感じられた人々は、
魔法にかけられたような「見たこともないすごい世界」を
物語の中に求めたのかもしれない。

そんなこんなで「三丁目の夕日」の時代には、
「シンデレラは魔法使いの力で美しく変身して
 王子様に見初められ結婚。めでたし、めでたし」
という話がもてはやされた。

でも、その後の時代だったら、シンデレラは、
「継母に家事を押し付けられたお蔭で、
 家事のスペシャリストになり、
 家事代行サービス会社を全国展開。
 高い美容サロンに通って大金持ちの美魔女社長に!」
の方がウケそう…。

そして、今の時代なら、さしずめ、
「シンデレラはどこの家庭にもある日用品を使って、
 家事のライフハック、リメイク衣装の製作、奇跡の変身メイクなど、
 次々と話題の動画を発信するユーチューバーに!」
の方が、リアリティがあるかも…。

今や、魔法に頼らなくたって、
誰でもいろいろな形で夢を現実化できる時代。

そして、もはやドラマで描かれる「太平洋戦争」には、
「リアルな空気感」は完全に無くなり、
大河ドラマで描かれる戦国時代や江戸時代などの
延長のようになってきた。

けれど、それこそが「時代が移り変わった証」
なんだろうなあ…とも思う。

でも、こうした時代の変遷をリアルに体感できたお蔭で、
「戦国時代から江戸時代、江戸時代から明治時代など、
 大きな変遷があった時を生きた人々は、
 その時代に特有の変遷体験ができたのでは…?」
と歴史を違った目で見て、
リアル感を想像する視点(楽しみ)ができた。

いい時代をリアル体感できてよかったなあ…。


09 : 32 : 34 | 未分類 | page top↑
変化の波に乗って
2019 / 03 / 04 ( Mon )
ここ数か月、変革の流れが強くなっているのか、
「大きな波」を体験している人が周りに増えている。

この分だと、平成の終わりと共に、
価値観や生活の形態は大きく変わりそうな気がする。

たとえば、今の時代、勉強、買い物、仕事…など、
多くのことが、ネットで簡単に出来るようになってきた。

昔の親たちの小言は、
「テレビばっかり見て!」
「ゲームばかりやって!」
「ネットばかり見て!」
だったけれど、
今や、テレビ、ゲーム、ネット関係の仕事は立派な高収入。

そればかりか、対戦型ネットゲームが
オリンピックの種目になる日も近いとか…。

さらには、接客の仕事もロボットやアバターを使って、
在宅で出来る時代もすぐそこまで来ているとも聞く。
そうなると「引きこもり」などは問題視されなくなるだろう。

また、子供の頃から、好きなことだけをとことんやり、
「早いうちからその道のプロになる」
という若い子もどんどん増えている。

たぶん、これからの若い世代は、何の迷いも疑いもなく、
「やりたいことをやりたいスタンスでやる。
 それが自分にとっても周りにとっても幸せにつながる」
と思い、実行していくだろう。

そうなると、
「生きるとはどういうことか」
「私は何のために生きているのか」
などと悩む人は少なくなっていくに違いない。

それでももし、「生きるとはどういうことか」と悩む人がいたとしても、
アバターやロボットを使う中で、「生と死」は疑似体験しやすくなるので、
その結果、自分なりの答えも簡単に見つけ出しやすくなるだろう。

…となると、もう何十年かすれば、
カウンセリング、心療内科、カルト宗教などは
お役御免、時代遅れの産物になるに違いない。

そして、歴史の授業などでは、
「昭和、平成の時代は、
 戦争、平和、高度成長、災害など大きな価値転換があったため
 精神模索の時代であった」
とか言われるのかもしれない。

なので、この先は私も時代の流れに合わせて、
働くスタンスを変えていこうと思う。

たとえば、「カウンセリング」というスタンスは、
教え導き支えるイメージが強いので終了。

これからはもっと、
「人々が自らの力で、
 自分の中にある「答え」や「道」や「可能性」に気づく場」
としての役割を強く意識していきたい。

そして、ゆくゆくは定年退職して、
趣味にまい進…っていうのがいいかな~。


17 : 19 : 52 | 未分類 | page top↑
平成最後の正月
2019 / 01 / 30 ( Wed )
平成最後のお正月は、いつものお節を少なめに作り、
市販のオードブル風のお節を買い足して華やかにしてみた。

今回選んだお節は「美虎&アル・ケッチャーノ」。
自分ではなかなか扱えない珍しい食材、
自分の発想の中にない味付け…などなど、
正月から新鮮な体験ができてとても楽しく、
しかも、とてもおいしかった!

普段、なかなか有名シェフの店には食べに行けないけれど、
お節として手軽に自宅で味わえるのはありがたい。
それに、目先が変わるのもとても楽しい。
来年はぜひまた、別のシェフのお節にチャレンジしてみたい。

それにしても、近頃のデパ地下総菜やコンビニの食品開発の力はすごい!
超高級料理店には行ったことがないからわからないけど、
それなりの有名高級店の味と比べて、
遜色ないくらい美味しいものがリーズナブルに楽しめる。

特にコンビニスイーツなどは、
「有名店の同じような高いデザートより、コンビニの方が断然おいしかった」
と思うことも多々。

きっと、その陰には、食品開発の人たちの並々ならぬ努力があるのだろう。
開発者、生産者の人たちに感謝しつつ、
今年もお手軽に楽しめるグルメをいろいろ探そうっと。

柴犬ゆめ菜日記
(テレビ撮影)

去年の年末、いつもの道を朝散歩していたら、
あまり会ったことのない黒柴ちゃんがいたの。
しかも、連れているのはお父さん(男性)

「わーい! こんにちは!」
って、あいさつしに行こうと思ったら、純子姉に、
「だめだめ! 今日は、そっちに行っちゃダメ!」
って、阻止されちゃった…。

えー! 行きたい行きたい! 交流したい!
…って随分粘ったけど、ダメだった…。

テレビ撮影で、カメラが回ってたから止めたんだって。

ちなみに、その時撮影していたドラマが最近始まったのよ。
3人のおじさんが、それぞれの飼っている柴犬を連れて
公園であれこれ話をしている「柴公園」ってドラマ。
ローカル局やBSで放送してるらしいわ。

犬飼いさんあるある話に、ひたすらワンコのかわいい表情、
まったり癒し系で、ちょっと「なるほど…」と
考えさせられるほっこりドラマみたいよ。


10 : 33 : 25 | 未分類 | page top↑
平成最後の年越
2018 / 12 / 30 ( Sun )
異常気象のオンパレードだった一年もいよいよ終わり。

そして来年はいよいよ平成に変わる新時代の到来。
どんな時代になるのか…?!

今の子供たちや若い世代に触れていると、
「昭和の時代は、戦争の爪痕が色濃かったんだなあ…。
 新しいスタンス、感覚で生きる時代が始まっているな」
と感じる。

新時代の幕開けの年は、
面白い体験ができるといいな~。

皆様、良いお年を!

16 : 13 : 29 | 未分類 | page top↑
前ページ | ホーム | 次ページ