ドラマ?な年末
2017 / 12 / 31 ( Sun )
今年は最後の最後まで、なんだかんだと大忙しで慌ただしい一年だった。
なので、大掃除も最小限に絞って、
無理せず小掃除で済ませようと思っていたのだけれど…。

ソースを作ろうと、焼けたフライパンに赤ワインを投入したら、突沸!!
台所の真っ白な壁、天井、調理台、調理器具、家具、床…
ありとあらゆるところに、赤ワインの雨を飛び散らせてしまった…。
あまりにも劇的で凄まじい惨状に、逆に、
「うわぁ…! まるでミステリーの犯行現場みたい…!! すごーーい!」
と、しばし感動!

すっかりノリノリになってしまい、ミステリーの登場人物になりきって、
「ここにも、あそこにも、血痕が…(赤ワインだけどね…)!
拭いても拭いても消えないっ…!
どうしようっっ…!! 
ルミノール反応が出てしまうっ! (…出ないって!)」
などと、セリフをつぶやきながら掃除をすることに…。

お蔭で、とても楽しく手際よく、徹底的に台所の大掃除ができた!
何事も、「やらざるを得ない状況」が生じてから行動すると、
最小限のエネルギーで、最高の効率が得られていいもんだ。

でも、その後、捜査にやってきたゆめ菜刑事(警察犬?!)から、
厳しい追及を受けることになった。

「くんくんくん。
ここにも、あそこにも、そっちにも、肉汁入りの赤ワインをこぼしましたねっ!
ごまかそうったって、だまされませんよ!
証拠は、まだ現場に残ってるんだっ!!
めちゃうま♪ ペロペロペロ♪」

…で、ついに自白…。
「…犯人は私です。私がやりました…」

しみじみ痛感…。
「現場の痕跡をすべて消して、きれいにするのは不可能だわね…」
やはり、ミステリーはドラマや小説の中だけ…が一番! (^^)

ところで、今年は大きな転機だった人も多かったようですが…。
来年は、今年得たものを大きな礎にして、
さらによりよい一年となられますように…。

よいお年を…!
10 : 42 : 07 | ひとりごと | page top↑
嗜好
2017 / 12 / 05 ( Tue )
「自分探し」に取り組む人の中には、一生懸命すぎるあまり、
逆に「本当に望んでいる自分らしい生き方」に
今一歩届くことができずにいる人が少なくないかも…と、時々思う。

たとえば、
「いつになったら、自分らしさを活かして、日々を楽しく過ごせるようになるんだろう」
と思っているならば、「今一歩…」の該当者かもしれない。

実は、「自分探し」には「落とし穴」がある。
「自分探し」を続け過ぎると、「探し続けるまま」で終わってしまうことがある…と
いうところだ。

もちろん、「自分探し」はそれ自体が「人生の楽しみ」であることも多い。
ライザップの肉体改造よろしく、どんどん変わっていく自分を見ることはとても楽しい。
変わりゆく自分を見ることそのものが最高に楽しく幸せならば、
迷いなく「自分探し」を楽しく続ければいい。

でも、「よき自分になれたら、あとは日々楽しく生活したい」と思っているなら、
ちょっと勇気がいるかもしれないが、
どこかで「自分探し」はキッパリやめる必要がある。

ここでちょっと、「自分」を「乗り物」に例えて考えてみよう。

「自分探し」「よき自分を創る」というのは、
「自分はどういう「乗り物」を持っていて、どうカスタマイズしたいのか」を知ることだ。

自転車なのか、車なのか、はたまた船なのか…。
船でも、ヨット、豪華客船、モーターボート、筏、カヌー…など、
種類や機能によって出来ることや使い方は違ってくる。

乗り物(自分)をじっくり観察したり、取扱説明書を読んだり、
運転の仕方を人から教わったりするうちに、
「ほうほう…。客観的にみると、私にはこういう性質が備わっているらしい。
 こんな好みがあるらしい。こういう傾向があるらしい。
 自分の性質を活かすには、こんな方法があるのか」
と知ることが、「自分探し」の基本。

基本を習得した後は、行く道が分かれる。

乗り物は、乗るだけが楽しみではない。
エンジンを変えたり、デコってみたり、便利なアイテムを搭載してみたり…。
自分好みにカスタマイズした乗り物を日長ただ眺めているのも、一つの楽しみ方だ。
だから、「自分をカスタマイズし、変化を見るのが楽しい」ならば、
「いつになったら理想の私になるのか…」などと悩まず、
「その時々に合った自分に、どんどん変わり続けていくぞ!」と、
心行くまで「自分探し」を続けて変化を楽しめばいい。

でも、
「上手に乗り物を動かせるようになったら、いろいろなところに行って、
いろいろな体験をしたい」
と思うならば、乗り物の性質がある程度わかったところで、
取扱説明書は手放した方がいい。
そして、どんどん動かすことに専念することだ。

なぜなら、取扱説明書を見続けていると、
「私はまだ、初心者だ」と思い込んだままになってしまい、
かえって自由に動くチャンスを失ってしまいやすいからだ。

これって、自転車でいえば、自転車を乗りこなせるのに補助輪を外せずにいるようなもの。
補助輪を付けたままでいるから、「初心者」のような気がしているだけ。
勇気を出して、「えいや!」と補助輪を外せば、最初は不安で心もとなくても、
しばらくすればもっと自由に自転車を走らせることができる。

もちろん、走っている途中で、不具合が生じたときには、
また取扱説明書を読み直せばいいし、気に入ったパワーアップアイテムを見つけたら、
どんどん搭載してもいい。

だから、もし、「自分探し」をしていて迷ったときには、
自分の嗜好を今一度振り返ってみるといいかも…。
自分の好みの方向がはっきりすると、さらに迷いなく気持ちよく毎日を過ごせるだろう。

ちなみに、今までこの「ひとりごと」では、「こんな視点からみると役立つかも…」
という、「カスタマイズ」に一役買う話を書いてきた。

でも、ここらでモデルチェンジ。
「カスタマイズ」や「自分探し」は他の人に任せて、
これからは「ただ日々を楽しむ人」向けの話を書こうと思う。
…ということで、来年からは「役立つ話」の代わりに、
シンプルに「身の周りで見つけた楽しいこと」を書くことにする。

「ひとりごと」の心機一転、乞うご期待?!



≪柴犬ゆめ菜日記≫

【デリケート】
つい最近、私は「超デリケートなワンコ」だと発覚!

実は、先月1週間ほど、マミー(由紀子姉)が留守がちだったの…。
「展示会」っていうお仕事だったらしいわ。

マミーったら、朝早い時間から、見慣れないすごい大荷物を持って出かけるし、
なかなか帰ってこないし、すごく忙しそうで…。
ちっとも遊んでくれないばかりか、ゆっくり目も合わせてくれなかったの…。
散歩のお相手は、もっぱら朝も夕も純子姉ばっかり…。

そして、夜遅くまでマミーが帰ってこないから、
「いつ帰って来るのかちらん??」
と、ずーっとずーっと外を気にしていたら、外のいろいろな音が気になっちゃって…。

今まで気が付かなかったけど、外ではいろいろな音がしてるのよね!

「猫よ!猫! 猫が庭を通ったわ!」
「誰か来て、ポストに何か入れたわ!」
「隣の家の犬が鳴いてるっ!」
…って、気になる音を発見する度に大興奮!!
ワンワン吠えて走り回っちゃった!

そしたら、純子姉に、
「ゆめちゃん。うるさいです…。
いい加減落ち着いてください。
イライラしたって、ゆめちゃんのマミーはまだ帰ってきません!」
って、怒られちゃった…。

しゅん…。
なんだか、とってもストレス…。

…で、とうとう、抜け毛がヒドくなっちゃったの…。
シャンプーしたら、春の換毛期以上の抜け毛だったらしく、
純子姉は真っ青になってたわ。

「ひえ~~~!! ゆ、ゆめちゃん! ゴソゴソ毛が抜けてるよ~!!
きゃ~! 長い毛が全部抜けちゃった。
夏みたいに、短い毛だけのツンツルテンの体になっちゃったやん!
尻尾も毛が少なくなって、めっちゃ細くなっちゃった!
むっちり穴の見えないベーグルの尻尾じゃなくて、
スタイリッシュな細いドーナツになっちゃったやん!
こんなに毛が抜けるなんて、どこかにハゲがあったりしない?!」

さすがに、ハゲはなかったけど…。
ホントに不安でストレスだったのよー…!

純子姉はしょせんママハハだから、いなくても支障ないけど…。
マミーは、いつもゆめちゃんの傍にいてくれなきゃだめなの!
だって、ゆめちゃんのママはマミーで、ゆめちゃんはマミーラブ♪なんだからあ…!

なのになのにマミーまで、
「スタイリッシュというよりは、出来損ないのドーナツみたいな尻尾ね…」
とか言うのよ…くすん…。

はあ…まだまだ、心配だわ…。
いつまたマミーがいなくなるかわからないもん。
気を張って、変化を敏感に察知して、置いていかれないようにしなくっちゃ!!

ワンワンワン!
置いてかないで~~~!


純「すっかり、落ち着かないワンコになっちゃったねー。やれやれ…。
 それだけ、心配だったんだねえ。
 マミーの展示会のお仕事は終わって、普段通りに戻ったから、もう大丈夫だよー。
 …って言っても、ワンコには人間の事情は分からないかあー。
 しばらく落ち着かないのは仕方ないねー」 
13 : 00 : 15 | ひとりごと | page top↑
新鮮さがウリ?!
2017 / 11 / 05 ( Sun )
ペットショップに並んでいる可愛い子犬たちには、「売り時」があるらしい。
かわいい盛りを過ぎて、大きくなってしまうと殺処分されてしまうのが現状。

殺処分されるくらいなら、飼いたい人のところに譲渡されれば、命が助かるのに…と
思うけれど、ショップとしては、それでは成り立たないのだろう。

コンビニやデパ地下のお惣菜やパンなども、消費期限が来たら処分対象になる。
昔は、「特価セールで前日のものをまとめ売り」など、
当たり前のように行われていたけれど、食品衛生法などの関係で今は難しいらしい。

廃棄直前の食品を寄付してもらえれば、生活がラクになり、潤う人は少なくないだろうに…
と思うのだけど…。
ただ実際、そういう食品を有効活用する活動を始めている人たちもいるらしい。
でも、まだまだ廃棄は多いのが現状。

実は、書籍なども同じ。
書店に書籍が並んでいる期間はかなり短い。
書籍もまた、新鮮さが命の生鮮商品なのだ。
新刊として売り出された1~2か月の間、棚に並び続ければ上等。
そこでそれなりの売り上げがなければ、書店の棚からは消え去る。
そして、出版社が保管スペースを有効活用するために、
多くの書籍は1年もたたないうちに、ペット同様、殺処分になるらしい。

さらに昨今、出版業界には電子化の波が押し寄せているため、
印刷書籍は生き残りがますます難しい時代になっているとか…。

そんな時代の中、一冊一冊丁寧に時間をかけて本を作り、
長い時間大切に愛して育てて売っていく…という地道な努力を続け、
がんばっている中小出版社がある。
以前、私が「僕が僕に還る旅」の出版でお世話になったアートヴィレッジさんも、
そんな真摯な出版社の一つだ。

人の心と人生に寄り添うような温かい本を丁寧に作り、
大切に時間をかけて守りながら販売しておられる。
しかし、このご時世の荒波の中、遂に保管倉庫を移転せざるを得なくなり、
それに伴って、この度、本の一部を手放すことになるらしい。

こんな時、大手出版社ならば、問答無用で即処分! 
手に入らなくなるのが現状。

でも、アートヴィレッジさんは、
「手放しますが、その前に入用な分はありませんか」
と、わざわざお知らせを下さった。
絶版になる前に、お知らせを出版社からいただいたことは、今まで一度もない。
しかも、印刷後に年数を経た書籍を保管しておられることだけでも、こ
の時代では貴重な対応だ。
それだけでも、どれだけ丁寧に本を扱っているのかが感じられる。

そんなアートヴィレッジさんが刊行されている本の多くは、
この先、何十年、何百年と時代を越えて、人に寄り添い、
力を与えてくれるような豊かで温かなテーマが多い。
児童館や図書館や病院や喫茶店などに置かれていたら、
さぞ人々の心の潤いになるだろうと思うだけに、本当に今回のことはもったいなく、残念だ。

倉庫移転前に、一冊でも、二冊でも心ある人のところにお嫁入りできることを
蔭ながら心より祈り、応援したい。

アートヴィレッジ
http://art-v.jp

11 : 33 : 14 | お知らせ | page top↑
自分を世話する
2017 / 10 / 06 ( Fri )
今年は、どういうわけだか「ひまわり」が大大大盛況!
次々と来られる皆さんの話を伺っていると、
「今年は切り替えにいい流れがきているから、
「チェンジ」を余儀なくされている人が多いのかも…」
なんて思う。

ところで、切り替え時には、いろいろと「大変」なことが起こりやすい。
「大変なこと」があると、ついつい「あーでもない、こーでもない」とグルグル延々考えたり、
「大変な出来事」を心の中で何度も繰り返し反芻し続けたりしがち…。

まあ…、「あれこれ考えること」が楽しかったり、
「大変な出来事」というドラマのDVDを繰り返し見るのが
コワ楽しかったりするならいいけれど…。

辛くて嫌で仕方ないのに、知らず知らず、
頭と心の中を「グルグルごちゃごちゃ真っ黒ドロドロ」のものでいっぱいにしてしまい、
「心や頭の中にあるものこそが、目の前の現実」と勘違いするクセがあるなら、
こういう機会に修正するとラクかも…?

そんな時はまず、本当に今、目の前にある「課題」をとっとと片づけていこう!
でも、もしその「課題」が今すぐには解決できず、行動も起こせないようなものなら、
一旦、心の押し入れにしまおう!

どんなにあがいても何も変わらないなら、
「何も考えず、悩まないまま、変わらずに置いておく」でも、現実は同じ。
むしろ、悩まない分、エネルギーロスが少なく、ラク。
そして、何か具体的な変化が起こった時に、あらためて押し入れから出して、
また考えればいい。

大変な時ほど、「心と頭の中を見続けないこと」は重要。
心の中が「真っ黒なもの」でいっぱいになると、
ついつい、「現実も真っ黒」と勘違いしがち…。

でも、ちゃんと目を見開いて、しっかり目の前に広がっている現実を見れば、
そこはステキなもので溢れている。
金木犀が咲いていい香りを放っていたり、
紅葉が始まって木々がきれいに色づいていたり、
虫や小鳥たちがステキな歌を奏でていたり…。

リアルな現実を、見る、嗅ぐ、聞く、触る、食べる…などの
五感をフル活用して体感したり、
運動したり、パズルやゲームなどの頭を使う遊びをしたり…と、
しっかり「身体」を使おう!
すると、心や頭のグルグルから脱出しやすくなる。

そんな風にして、日々、
「自分の心と頭と体が心地よくいられるように、自分自身の世話をすること」
は、実は人生の中で一番大切な仕事かもしれないなあ…と改めて思う今日この頃。



≪柴犬ゆめ菜日記≫
【こだわり】

この間、夜中に、家の前で道路工事があったの。
アスファルトを砕いて、穴を掘って、舗装しなおして…。
バリバリバリ…!!!
ダ・ダ・ダ・ダ・ダ・ダ…!!
真夜中まで、かなり大きな音と振動が続いたわ…(><)

姉が、
「これじゃ、いつものハウスだと、ゆめちゃん、夜寝られないかもしれないね。
 廊下の方が、まだ音が静かだから、今日は特別に廊下で寝る?」
といって、廊下にハウスを置いてくれたんだけど…。

でもでも、ゆめちゃんのハウスはここじゃないの!
いつもの場所じゃなきゃヤダ!

場所が変わったら、落ち着かなくて眠れないよ~!
ヤダヤダヤダ~~~!!
ぜーーーーったいヤダ~~~!!

…と大騒ぎして、断固、いつもの居場所から動かなかったら…。
姉は根負けして、ハウスを元に戻してくれたわ。

どんなにうるさくてたって、いつもの慣れた場所がいいの!
日本犬は型にハマりたがる生き物なのよ!

そりゃ、工事中はうるさくて、辛くて、
「辛いよ~! 大変だよ~! 寝られないよ~! 勘弁してよ~~~!!」
って、大騒ぎしちゃうけどさ…。

でも、騒いでるうちに、終わるもの♪
そして、静かになったら、工事のことなんて忘れて、さっさと寝ればいいだけよ♪

大変なこと、嫌なことは、断固拒否する!
それがだめなら、嫌なことはしぶしぶ受け入れて、終わったら、すぐに忘れる!

それが、私のハッピーのコツかな~♪

…と言ったら、姉が、
「確かに、ゆめちゃん、切り替え早いよね…。
 でも、違う場所で寝るのが嫌だと、避難所生活とかになったら大変だよ…」
って言うの。

でも、ゆめちゃん、災害なんて、経験してないから「大変さ」なんて知らないモーン。
第一、起こるかどうか、わからないことを今から心配したって意味ないし~。

それに、ゆめちゃんの犬生の中で、災害には一度も遭わないかもしれないし…。
災害に遭っても、うまくポックリ死んじゃったら、「大変」は体験しなくて済むでしょ?

もし、災害で天国に行っちゃったら、
「悲しませてごめんねー。でも、こっちは、ラクだから、安心してねー。
 絶対、生き残った方が大変だよ~。無理せず、ラクに乗り越えてね~」
って、空から応援してあげるから、悲しまなくていいよー。

もし、生き残って大変な目に遭っても、なるようになるよ~。
そうなったときに、適応すればいいだけでしょ?

大丈夫!
私、生まれてから、「ママ犬のいるお家(ブリーダーさんの家)」や、
「おばあちゃんいるお店(ペットショップ)」や、「姉たちの家」…と、
何度も住む場所変わったけど、ちゃんと慣れたもん!

だから、昨日までのことや明日からのことなんて、考えないで、
今を楽しく過ごすんだも~ん!

純 「た、確かに、おっしゃる通り…」
18 : 54 : 18 | 心とからだ | page top↑
心は10代?!?
2017 / 09 / 06 ( Wed )
この夏、都内では雨続きで日照不足。
そのため、例年になく酔芙蓉が育たず、花も咲かず、ようやく咲いても色が冴えない。
虫たちも季節を勘違いしたのか、8月に蝉の声があまり聞こえず、ツクツクボウシも
鳴かないうちに、秋の虫が鳴き始めてしまった。
これだけ不順な天候だと、農家さんはさぞや大変だろう…。

ところで、先日まで銀座では、少女マンガの金字塔「ガラスの仮面展」が
開かれていたらしい。
「ガラスの仮面」の主人公北島マヤは、連載当初、リアルに私と同級生だった。
しかも、私も演劇部。
そんなこともあって、途中までは北島マヤと共に成長している気分だったが…。
あれよあれよという間に自分だけが年を重ねてしまった。

しかし、連載もあまりにも長くなると、時代に合わないという問題が発生するらしい。
連載当初は黒電話とレコードの時代で、ストーリー展開も昭和ならでは…の内容だったのに…。
数年前に発刊された最新刊あたりでは…
なんと!、登場人物たちが携帯を使っているではないか!!
「物語の前半では、昭和の時代でなければ成立しないストーリーが多々あるのに、
いきなり平成スタイルになったらつじつまが合わんだろう!!
 ここまできたなら、朝の連続テレビ小説よろしく、なぜ昭和のまま話を進めないっ!」
と思わず、ツッコミを入れまくった(笑)

ちなみに物語は途中でストップしたまま、再開のめどはあまりたってないらしい。
なので、作家の美内先生へ届くファンレターには、
「私ももう70歳になります。生きているうちに最終回を読ませてください」
という声も少なくないらしい。

この話を聞いた直後は、
「えー! 70歳でそんなに熱心な少女マンガファンがいるんだー。
年配の人って、あまりマンガには関心がないと思ってたのに…」
とびっくりした。
でも、よくよく考えたら、彼女らは連載開始当時20代後半くらいだった人。
つまり、まさに、「キャンディキャンディ」「スケバン刑事」「ベルばら」といった
少女マンガ全盛期をリードしてきた読者層に違いない!
時代は大きく移り変わっているんだなあ…と、あらためて痛感。

ならば石原裕次郎記念館も閉館を余儀なくされるわけだ。
「裕次郎ファン」の世代は今や、「遠くの記念館まで足を運ぼう」
という暮らし方ではなくなってきているに違いない。

そんな風に、頭では十分に時代の変遷を理解しながらも、
それでもやはり心と感覚のズレはなかなか修正できない。
サザエさんはずっと以前に私より年下になり、今やフネさんと同世代になりつつあるのに、
いつまでもサザエさんは自分より年上で、フネさんは親世代に思える。
そして、ガラスの仮面の北島マヤは、今でもやっぱり同い年だと感じてしまう。

年を取ると、若い頃の記憶が前面に出やすい…というのは、
もしかすると、理性より心や感覚の認識の方が強く残りやすいからかも…?!

でもまあ、いつまでも若々しく生活するためには、心と感覚の勘違いも悪くないかも…(^^)
ただ、若いつもりで、体力や運転能力を過信して無茶をするのはいただけない。
身体のビンテージ化は意識しつつも、心は若く楽しく…。
その塩梅が人生後半戦の生活のコツなのね。



≪柴犬ゆめ菜日記≫

私には超能力がある。
…と、由紀子姉は思っているらしい。

なぜなら、由紀子姉が同じよそ行きの服を着ていても、
「普通の出勤(ひまわり&アルペンローゼにいく)」なのか、
はたまた「お出かけ」なのか、ちゃんと区別ができるから!

「普通の出勤」の時は、私も一緒に出勤する準備をするの。
でも、「お出かけ」の時は、ケージに入ってお留守番の準備!
何も言われなくても、ちゃんと察知して、自主的に的確な別々の行動ができるのよ。

「すごいねー! 同じ服を着て、同じ様に化粧もしているのに…。
 どうして、「出勤」と「留守番」の区別ができるの?
 ゆめちゃんって、超能力があるの??」
と、よく言われます。
すごいでしょ? えっへん!

そうです!
ゆめちゃん、実は、超能力者だったのでーーーす!!

…なんてことはないのよ!
姉が気づいてないだけで、違いを分析してい・る・の♪

…実は、先日、種明かしがバレちゃったのよね~。
休日に、珍しく姉が香水をつけたので、私は、
「え?! この時間からお出かけ?! ????」
と思いつつも、慌ててケージの中に入ったら…。
なんてことはない、気分をリフレッシュするために、たまたま香水をつけただけらしい!

紛らわしいことをしないでほしいわ!
ゆめちゃん的には、
「香水をつける=お出かけ=留守番」
って、判断してたのに!

由紀子姉ったら、
「そっかー…。香水のあるなしで、出勤と留守番の区別をしてたのね。
確かに、普通に出勤するときは、香水をつけないけど、
外出のときには必ず香水をつけてるわ…。
ゆめちゃん、よく観察してるねー。すごいわ…」
ですって…。

超能力の種明かしがバレちゃったのは残念だけど、褒めてもらったから、まあいいか。

ちなみに、純子姉は、香水をつけないから、この法則が使えないのよ。

それから、「一緒に出勤」だと思っていると、時々姉が、
「ゆめちゃん、今日はさあ…」
と切り出してくる時があるの。そんな時は…。

はいはい、全部言わなくてもわかってますとも!
「ひまわり」に来客がある時は、自宅でお留守番ですよね?
最後まで言われなくても、ケージに入りまーす!

純「空気を読んで、先回りして行動できるワンコだと思ってたけど…。
 ちっちゃな頭で、すごくいろいろなことを洞察してたんだねー。すごいねー!」
11 : 07 : 32 | ひとりごと | page top↑
前ページ | ホーム | 次ページ